【断捨離? 終活?】

永年住み慣れた家を出た。
まぁ、私の家とはいえなくて、実家に居候になっていた状態だった。
9室ある家を単身で住み、維持するのは大変。
最近は加齢による衰えを如実に痛感しているし。
昨年12月に母は95歳の穏やかな老衰で天寿を全うした。
引っ越しは、断捨離であるし、終活の一端ともいえる。
取り合えず、狭い部屋における量、単身で必要な最低限のものを
選び、とりあえず移動して、その後に2階の5室に溜まりに
溜まったものを種別してゴミとして排出する。
家からゴミ捨て場までの台車も買った。
ゴミの分別、廃棄はかなりの肉体労働だ。
階段を搬出の為に何度も、何度も行ったり、来たり・・・
ひと月は優に掛かった。
今までは洋裁用の大きなテーブルをパソコン台として使っていたが、
小ぶりのパソコン台をニトリのネットで注文すると注文がいつに
なるか分からないと言われ、コメリへ出向くと、品薄とのこと。
やはりリモートでパソコンデスクは出ているのだろう。
ようやく手ごろな価格のパソコンデスクが届いた。耐荷重50kg
安定感があり、ミシンを乗せても大丈夫だ。
私の在宅勤務?もこれでOKだ。
この部屋を、私は一人「独房」と名付けた。パソコンとラジオ(CDも聴ける)
キッチンも狭く、冷蔵庫も小ぶり。お風呂と洗濯機だけは大きい。
テレビは無し。テレビに噛り付いていた日が嘘のように、乳離れが出来た児だ。
ラジオはパソコンで聴く。
改めて、ラジオに聴き入っていた10代、20代を懐かしむ。
読書も何かと気ぜわしく遠のいていた。
が、これからは子規のいう「書に倦む」ことなく、手に取ろう。
山の道具、洋服、本棚を次々増やしていった本たち・・・
正に「断捨離」だ。
コロナ禍になってからはスワンからも足が遠のいていた。
7月からはライブも客数を減少して再開したようだ。
私はやはり罹患が怖いので、しばらくは自粛する。
が、本日は古町に用があり、珈琲を頂きに立ち寄る。
美味しい珈琲を飲むのも久しぶりだ。
和子さんが、猫ちゃんを抱っこして2階から下りてきた。
スワンのサイトには何故か?
ねこ」だの「ふくろう」だのといった頁があるのだ。
御主人に抱っこしてもらってもう老嬢の猫ちゃんをパチリ
DSC_0016.JPG
この子も高齢者だそうだ。
カウンターのお隣の老紳士は「俺は明日入院だ~~」
と珈琲を啜りながら呟いた。
ではでは、独房日記は又。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント