【新潟市コロナ情報】

勤務から解き放たれてから9日が経った。
あれもしよう。これも取り掛かろう。
と、絵に描いた餅のようになってしまっている。
ニュース・報道番組(NHK他民放各社)を見届けておかないと
心がザワザワして「コロナ確認病」に罹ったようだ。
この時世にコロナに耳を塞いで、何に打ち込めるというのか?
闇からの声にザワザワする。

新潟県はどうなっているのだろうか?
新潟県のHP⇒「新型コロナウィルス感染症について
⇒【新潟県内の報告一覧表】がPDFで出てくる。
ローカルニュースでは毎日の感染情報を言っているが、夕方の為
じっくりと聴くことは少ない。
今更に新潟県内の感染の状況を見てみた。
DSC_0209.JPG
一覧表を見ると、意外に少ないと思ったのが長岡市だ。
我が西区は20歳代男性学生とあるので、新潟大学があるので其処の学生かな。
問題は北区で4月17日迄は0人だったのが、17日 70歳代1人から始まって
21日 80歳代2人、22日80歳代1人、23日70歳代1人、24日70歳代1人
26日90歳代1人、70歳代1人、5月1日50歳代1人、70歳代1人
8日60歳代1人、70歳代1人、30歳代1人と続いていることに関して
新潟総合テレビ(5月1日)では、複数の人がお茶飲み、カラオケに「近所の集まり自粛に」
とニュースで言っていた。知らない人が多数の場ではなく、見知った近所、親戚中であっても
三蜜状態を危惧しないでいて、結果14人も感染してしまっている。
開いているからと車に乗ってパチンコ店へ出かけてしまう人は感染リスク感は無く、
完璧なキャンブル依存症と思う。お金を注ぎ込んで、時間を使って感染リスクを背負っても
それが気晴らしになり、行かずにはいられない依存症そのものなのに。
ギャンブル依存症はもっと、積極的に、治療の手が伸びなければならないのでは?
日本は個人の自由という名の元に、「悪」「病」と知りつつ放置する。
法では規制出来ないという。自粛休業要請を無視する店があり、県境を跨いで行く人が
いる日本。平気で花見後にゴミを捨てて行く人。そんな人に対して甘いのではないのか?
すぐ、他に責任転嫁する政治家集団だから、甘いのか?
こんなことを考えていると、自分も卑下したくなってくる。無力な私は同罪だ!
土曜日TBSラジオで「久米宏 ラジオなんですけど」を聴く。
本日の放送で、昨年8月にインタビューした内容の再放送だった。
今は専門家会議副座長の尾身茂氏だった。
大学の選択、最初は慶応の法律へ外交官になりたくて進んだが
医師になりたくて、自治医科大学に、お金がないので進んで離島の医師から
出発したと現在に至る経緯を話した。細見にも係わらず剣道をしていたとか。
テレビで見ると、どうみても老けて見えたのだが、同年齢と聴き、驚く。
「感染症は忘れた頃に必ず来る」と語っていた。収束したといって安心はできない。
やはり「生き方」を変えなければならないのだろう。
kume20190817_spot_omi_2.jpg

ザワザワした心を慰めてくれるのは、久米宏のラジオ、心落ち着けて読む書物かな。
【コロナ禍に 苛まれても 夏きざす】  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント