自粛打破はシネマから【レ・ミゼラブル】

シネマ日和三日目
イオンモール南まで行く。
「レ・ミゼラブル」と言えば、勿論ヴィクトル・ユゴ―の
作品を思い起こしますが、実はこの映画はヴィクトル・ユゴ―原作
で、舞台となった地で、まだまだ繰り返されることが本作で描かれている
top_bg_0210-3.jpg
ビクトル・ユゴーの小説「レ・ミゼラブル」で知られ、現在は犯罪
多発地区の一部となっているパリ郊外のモンフェルメイユを
舞台に、現代社会が抱えている闇をリアルに描いたドラマ。
モンフェルメイユ出身で現在もその地に暮らすラジ・リの
初長編監督作品で、2019年・第72回カンヌ国際映画祭で
審査員賞を受賞。第92回アカデミー賞の国際長編映画賞に
ノミネートもされた。パリ郊外に位置するモンフェルメイユの
警察署。地方出身のステファンが犯罪防止班に新しく加わる
こととなった。知的で自制心のあるステファンは、未成年に
対して粗暴な言動をとる気性の荒いクリス、警官である
自分の力を信じて疑わないグワダとともにパトロールを
開始する。そんな中、ステファンたちは複数のグループが
緊張関係にあることを察知するが、イッサという名の少年が
引き起こした些細な出来事から、事態は取り返しのつかない
大きな騒動へと発展してしまう。【映画.com】引用
20200129-lesmiserables-910x633.jpg
花の都パリとはほど遠い、犯罪多発の疲弊しきった地で、権力と結託している
警察権力。そこに赴任した新人警官はそれに馴染めずにいる。
ワールドカップ優勝に湧く街・警官の余りの横暴にサーカスの子ライオンを
盗む少年。顔に火傷を負わせられ、捕まり、新人警官にも悟られて、納得した
かに見えた。が、ラストでは少年たちの仕返しが派手に繰り広げられる。
悪は誰か?移民政策の国か?貧しさか?簡単には答えの出ない渦に巻き込まれる。
ミゼラブル⇒悲惨 ジャンバルジャンは貧しさで一切れのパンを盗んだ。
この罪から逃れる術はなかった。
日本は人種問題がないだけ平和ボケして、些細なことで虐めをすることで自分の
立ち位置の安全を確認できる。している。
自粛解除で素晴らしい映画に3本も出合えて幸せでした。
ではでは。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント