【最果タヒを体感する】

夜空は最高密度の青空だAmazonprimeで観た。
劇場公開で観たのは、もう2年前の7月だった。
池松壮亮は好きな俳優だし、石橋静河は俳優夫婦の娘で
本作品がデビューだとか。だが、なかなか芯のある演技で
看護師をしながら、ガールズバーで働きながら懸命に
生きている様子が上手かった。
石井裕也監督が詩だけの原作で、これだけの世界を
描けたのは、凄いな!と思った。
その時には、図書館で原作を借りて読んだのだが、
再度、最果タヒの謎の世界を知るにつれ、図書館から何冊か
借りた。が、詩とは「読んで終わり」ではない。
それは、言葉を身体で体感することだ。
詩集や日記文学は手元に置いて、時々、その言葉の
海に埋まることなのだ。
saihate-1.jpg
最果タヒは誕生非公表。
顔出しはしない。2年前に映画の原作詩として知った時には
余り、興味は湧かなかったのだが、先日NHK「ストーリーズ
確かに、書かれた文字だけではない様々なシチュエーションで
詩が散りばめられている。
1986年生まれだけは公表されていた。
もっと、若い(20代)かと思った。
京大を出ていて、隠された顔を想像するに、それなりに美しいと
思うのだが・・・
名前とか顔とかで書かれたものが判断されるのが嫌だとか。
IMG_0003.JPG


























41Y1B67huRL._SX338_BO1,204,203,200_.jpg
ダウンロード.jpg
「きみの言い訳は最高の芸術」は詩ではなく
エッセイだ。エッセイや詩には難解はない。
彼女の世界はとうに私が失った世界が広がっている。
購入した三冊は時に開いて、何でも良いので
言葉を眺めたい時に広げよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント