【指を切る・「閉鎖病棟」を読む】

一人の食事だが、キャベツを丸ごと買う。
大きなキャベツを四等分くらいに切り、ジップロックに
入れて冷凍したり冷蔵したりする。
そのキャベツの芯を三角に力を入れて包丁を刺した途端に
左手人差し指の爪のすぐ上に包丁が刺さった。
Vの字に皮膚を切り、皮膚は深く抉れて、蛇口の下に
差し出した指からはドクドクと血が流れる。
11月最後の土曜日だった。
「新潟市急患診療センター」(旧市民病院)を
調べたのが日曜になってからで、土曜日は午後3時から
午後10時までで、日曜・祭日は診療していなかった。
薬局へ行き、消毒ガーゼや切り傷に効く「メモ」や
伸縮包帯を買う。さて、外科は何十年もお世話になっていない。
何処の医院が近いか?
会社近くの新潟駅近く、中央郵便局の裏手にあった。
2日に残業を断り行く。結構深く抉れているので、
これは縫わないといけないのではないかと思ったが・・・
でも、上の皮膚が薄すぎるので、3mmのテープで
テーピングをして傷パットを巻いてもらう。
3日置きに通う。
植木外科は、現医師は50代後半くらいの医師で、気さくで
感じが良い。お父さんが設立してご自分が育った場所でも
あるとネットで書かれていた。
左手はひたすら濡らさないように注意を払って、
次回の診察時には「綺麗に保っている!」と
子供みたいに褒められた!そして9日には経過診察終了。
「高齢者」を十二分に自覚して事故、怪我には本当に
留意しなくてはならない。僅かな段差で家の中でも
躓いたり、指を切るなども・・・
事故、怪我から起きられなくなったり、認知症も
発症しやすくなる。
閉鎖病棟.JPG
帚木蓬生「閉鎖病棟」を読む。
平成28年から30年頃には帚木蓬生の著書を次々に読んだ。
そして山本周五郎賞受賞の本作は何故か未読だった。
映画化されたと知り、大きな忘れ物をしてきたような気になった。
登場人物の中心は秀丸さん、島崎さん(中学生の女子)
チュウさんの3人で、秀丸さんを演じる俳優は「家族に乾杯」
と言ったテレビでお馴染みの俳優。チュウさんは先だって観た
「楽園」で犯人役で出演していた俳優だ。
忘れ物を拾うがごとくに本は読んだが、映画は観る気にはならない。
しばらく帚木蓬生から離れていた所為もあるかもしれないが、
所謂「劇場型」の小説は、私は馴染まない。
登場人物が、舞台の端からヒョンと出て、通り過ぎる役が
気になり、そして理解しずらい。
閉鎖型の精神病院と刑務所との違い。
精神を病んで、閉鎖病棟にいる人と犯罪を犯して刑務所に
服役している人との違いがどこにあるのか?
劇場型ではなく、中心の人々にもっと、光を当てて
描き出した形式の方が好きだ。                     
                      
10日 夕食
ツナと柚子胡椒のパスタ
アボカド(オリーブオイル+鶏がらスープ)
安納芋レンジ+はちみつ+レモン汁
春雨+ワカメ⇒鶏ガラスープ     
R1-12-10.JPG
閉鎖病棟 (新潮文庫)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年12月12日 16:49
御無沙汰です。
左手の指、大変でしたね。
思った通りに手指が動かない年齢、くれぐれも行動は慎重にしましょう。
のりこ
2019年12月13日 01:45
S.Tampo様
貴会の山行紀行文は時々、拝見させて頂いております。
皆さま、元気で山にトレッキングに楽しんでいる様子が羨ましい限りです。
本当に、日常の小さな怪我、事故には細心の注意が必要な年代に入りました。
お互いに、元気な「高齢者」で過ごしましょう!