【マチネの終わりに】を観る

11月1日から、契約社員として勤務している。何処で?どういう業務を?は、固く口止めされている。年末短期集中業務なので、面接時には多少の残業もあり、土曜日出勤もあります。と言われていて、15日金曜日は2時間の残業で18時30分までとなった。その後に「マチネの終わりに」を観る。原作を読み終えた時には映画化への期待もあったのだが・・・薪野聡史…
コメント:0

続きを読むread more

【伊藤 学カルテットWITH渡辺直子】

10月26日(土)ジャス喫茶スワンのライブに行く。渡辺直子さんは数年前のジャズストリートの時に、浅川 マキの歌を日本語で歌っていて、とても印象深く、ファンになったのだが・・・第4土曜日は午後から公民館で文章の会があり、夕方終わるのでライブ開始まで時間があり、なかなか行くことが出来ないでいたが、久しぶりに行く。伊藤 学⇒ギター岩井 美子⇒…
コメント:0

続きを読むread more

酒をやめると、人間はどうなるか 或る作家の場合【しらふで生きる】

平成29年1月号から「小説玄冬」に町田 康「酒をやめると人間はどうなるか」の連載が始まった。最初にこの連載に出会えたのは、もっと進んでからで、他の作品が読みたくて借りたのだが、この連載に興味を抱き、令和1年7月連載終了まで図書館から借りて読んだ。そう言っては失礼だが、酒大好き人間が、ドクターストップでもないのに、自らのふとした思い付きで…
コメント:0

続きを読むread more

【楽園】を観る&【犯罪小説集】を読む

映画「楽園」を観た。吉田修一原作の映画は「悪人」を観た時に、ただ、ただ犯罪を描くのではなく、犯罪に染まらなければならなかった「人間」を見つめる姿勢に惹かれた。「楽園」は「犯罪小説集」という角川から出版され、既に文庫化もされている。私がネット書店で購入した文庫には、一番外側に「犯罪小説集」 「映画化原作」と上部に書かれていて、杉咲 花・綾…
コメント:0

続きを読むread more

【谷川岳 天神平&一ノ倉沢出合】

土合駅に降り立ち、振り返ってみる。11月3日(日)最寄駅(越後線)⇒新潟駅(信越線)⇒長岡駅(上越線)⇒土合駅<えちごツーデーパス>+越後中里往復土合=¥3,400往きは一度も乗換なしで土合まで行けた。帰りは長岡駅で向かいのホームへ一回だけ乗換した。谷川岳は過去に何回か訪れているが、列車利用で行くのは初めてで、時間的にはベストとは言えな…
コメント:0

続きを読むread more

10月が終われば11月に

自分のブログは備忘録としての役割大の筈が驚いたことに9月は一日も記事が書かれていなかった。6月に派遣で入った仕事場での、様々なストレスで日々、疲弊していたのだと思う。そして、それも契約満了で9月13日に終了した。ストレスなどと、言い訳を考えているが、実際は給料が入り、終了して6か月以上の勤務があったので、ハローワークへ行き、30日分の雇…
コメント:0

続きを読むread more