【マチネの終わりに】を観る

11月1日から、契約社員として勤務している。
何処で?どういう業務を?は、固く口止めされている。
年末短期集中業務なので、面接時には多少の残業もあり、
土曜日出勤もあります。と言われていて、15日金曜日は
2時間の残業で18時30分までとなった。
その後に「マチネの終わりに」を観る。
原作を読み終えた時には映画化への期待もあったのだが・・・
薪野聡史役は福山雅治というのは、納得出来るが、小峰洋子役が、全く個人的な趣味から
大きくかけ離れているので。それは、好みというのがあるので、致し方ない。
なので、映画は観なくてもよいとは思ったのだが・・・
こういう時には、人間は弱いもので、ネットでの評判はどうだろう?
と調べたりするものだ。キャストに関しては当てが外れることは仕方ない。
外国でジャーナリストをしているという存在感が伝わってこない。
パートで働いている主婦っていう雰囲気がするのだ。
もし、彼女のファンがいたら、ごめんなさい。
それと、いつでもそう思うのだが、長い原作を短い時間で映画は表現しきれていない。
自身の過去記事で、原作の感想を書いている。
2018年12月14日 を参考にして下さい。
この頃、前後して「ある男」「決壊」など平野氏の作品を読み、
今までは読まず嫌いだった平野氏の再認識をしたところだった。
【平野啓一郎の文章が届く、月に一度のメールレター】への登録がある。
現在、私は登録しているので、再新の情報が届く。作品に関しての感想を送ることもできる。

【伊藤 学カルテットWITH渡辺直子】

2019-10-26ジャズ.JPG
10月26日(土)ジャス喫茶スワンのライブに行く。
渡辺直子さんは数年前のジャズストリートの時に、浅川 マキの歌を日本語で
歌っていて、とても印象深く、ファンになったのだが・・・
第4土曜日は午後から公民館で文章の会があり、夕方終わるのでライブ開始まで
時間があり、なかなか行くことが出来ないでいたが、久しぶりに行く。
伊藤 学⇒ギター
岩井 美子⇒ピアノ
田中 学⇒ベース
鍋谷 聡⇒ドラム
渡辺 直子⇒ヴォーカル
スタンゲッツのピアノトリオ
ギターの音色がとても心地よい。
直子さんは、歌の意味、歌詞の説明をしてくれるので、
私でも分かりやすい。
アニタ・オデイ・・・なんか懐かしい名前だ!
ボサノバ風や黒いオルフェなど
ジャズギターも良いもんです!!
1944年 ディーク・エリントン
「希望の光がみえてきた」
アンコール曲だったかな?!
suwan8.JPGsuwan7.JPGsuwan4.JPG

suwan3.JPG

酒をやめると、人間はどうなるか 或る作家の場合【しらふで生きる】

平成29年1月号から「小説玄冬」に町田 康「酒をやめると人間はどうなるか」の連載が始まった。
最初にこの連載に出会えたのは、もっと進んでからで、他の作品が読みたくて借りたのだが、この連載に興味を抱き、
令和1年7月連載終了まで図書館から借りて読んだ。そう言っては失礼だが、酒大好き人間が、ドクターストップでも
ないのに、自らのふとした思い付きで断酒を決意するのに、こうもダラダラと言えたものだ。
IMG_0001.JPG

各号のタイトルをパソコンで記録した。IMG_0001.JPG
そして、ご本人が仰っていた通り、単行本になって刊行された。
そして、見事!と感心したのは、連載開始から挫けることなく、挫ける心は書くことで、問題解決として、それは正に「作家」魂そのものだと思った。町田 康 という作家は名前と顔は知ってはいるが、作品は一冊も読んでいない。これからも多分、読みたい本がたくさんあり、生き得ている内に読み終えるかどうか確信が持てないので、多分読まないだろうけど、このエッセイは、自分の生き方の主軸を酒と自身の哲学に置いたということで、面白かったし、参考になった。
かつて、山の会に属していた頃、何十年と同じ会社に勤務していた頃は、気に染まない「飲み会」というものがあった。
参加者は圧倒的に男性が多くて、それは殆どが、所謂「飲み放題」という形だった。
私は残り少ない人生の数年を別に「断酒宣言」はしない。土日の夕食に少々。ジャズのライブで、ハイボールを。
お気に入りの和食の店で、一合か、二合の日本酒を。疲れ果てて辿り着いた山小屋で「自分に乾杯!」のお酒。などなど・・・
作家は良いよね~~~「おいらは飲むべきか?飲まざるべきか?」で原稿料が幻冬舎から入り、単行本になるのだから。
なんてのは、老女の僻み根性というものだ。
そろそろ、俺も断酒するかな~とお迷いの諸氏はどうぞ、新刊をお読み下さい。
しらふで生きる 大酒飲みの決断
                       しらふで生きる 大酒飲みの決断

【楽園】を観る&【犯罪小説集】を読む

7f3c9c74322c56de1ef1af451ce4818f.jpg映画「楽園」を観た。吉田修一原作の映画は「悪人」を観た時に、ただ、ただ犯罪を描くのではなく、犯罪に染まらなければならなかった「人間」を見つめる姿勢に惹かれた。
「楽園」は「犯罪小説集」という角川から出版され、既に文庫化もされている。
私がネット書店で購入した文庫には、一番外側に「犯罪小説集」 「映画化原作」と上部に書かれていて、杉咲 花・綾野 剛・佐藤浩市の顔写真が中心にあり、下部に「映画 楽園」と書かれている。
そのカバーを捲ると、真っ黒な地に「犯罪小説集」 吉田修一 と縦書きで書かれている。
「青田Y字路」「曼殊姫午睡」「百家(ばから)餓鬼」「万屋善次郎」「白球白蛇伝」
内容は実際に過去に起きた事件を参考にして書かれているという。
まず、映画を観てから、原作になった「青田Y字路」「万屋善次郎」だけを読んだ。
いつも思うことだが、映画というのは監督がオリジナルの原案+脚本の場合は比べるべく原作がないので、監督の訴えたかったことは映画から吸い上げるしかない。が、原作がある場合は、監督は、まず原作に、俗にいう「惚れて」映画化にした。と、素人は思う。が同じ材料でも、本は、手段として「文字」しかない。だが、映画は、何処を集中して描くのか?誰が演じるのか?等々、原作を忠実になぞるとは限らない。まず、この作品は「犯罪小説集」から映画タイトルは「楽園」とガラリと変わってしまった。
つまり、私の全くの独断と偏見に依る意見だが、原作の吉田修一は「犯人」を描きたかったのではなく、未解決事件もある。「事件」「犯人」「犯罪」それらの言葉で表される「犯罪」という言葉に集中して上梓したと思う。が、映画は、何故、こうも対比的な「楽園」に設定されたのか?
Y字路から起こった二つの事件、そして容疑者の青年、傷ついた少女、追い込まれる男……三人の運命が繋がるとき、物語は衝撃のラストへと導かれる。彼らが下した決断とは─。
楽園”を求める私たちに、突き付けられる驚愕の真実とは─
「犯罪」の対比に「楽園」がある訳ではなくて、と思うが。当初、犯罪など犯していない豪士と善次郎は、或る意味、閉ざされた「村」によって、異色を排除するかのごとくに村人によって、自滅しか選ぶ方法がなかった~~
観終えて、読み終えて、空しくて、自分の心が弱い時は切ない。でも、フィクションで表現される以前に、こうした犯罪が実際に世の中に起きていることが怖い。
楽園.JPG

【谷川岳 天神平&一ノ倉沢出合】

IMG_0005.JPG
土合駅に降り立ち、振り返ってみる。
11月3日(日)
最寄駅(越後線)⇒新潟駅(信越線)⇒長岡駅(上越線)⇒土合駅
<えちごツーデーパス>+越後中里往復土合=¥3,400
往きは一度も乗換なしで土合まで行けた。
帰りは長岡駅で向かいのホームへ一回だけ乗換した。
谷川岳は過去に何回か訪れているが、列車利用で行くのは初めてで、
時間的にはベストとは言えないが、新潟からこんなにも行きやすい山で
あると再認識する。
直近過去には
2006年7月23日 山仲間と弟の3人で「谷川岳馬蹄型縦走」途中敗退
2007年8月1日2日 単独で「谷川岳馬蹄型縦走」完遂
今からみれば、10年以上も昔の話だ。
白毛門からの下りの長さが辛かったのがありありと蘇る。
IMG_0008.JPG通過してきた昭和の遺物の清水トンネル
新潟からの上りの土合駅ホームは地上にあるが、
水上方面からの下りホームは「日本一のもぐら駅」の呼称の通り486段の階段を登らねばならない。
「クライマーズ・ハイ」NHK版ドラマで冒頭に出てくる。
土合駅からは緩い登りの道を歩く。
ロープウェイ、リフトは10~15分程度の待ち時間。
まずは天神平散策をする。谷川岳だと言えば、それは
山頂も求めて来る処であった。
が、楽をして展望と紅葉を楽しむ年齢になってきた。
IMG_0022.JPGIMG_0021.JPG笠ヶ岳・朝日岳・白毛門と三雄姿がデンと立ちはだかっている。
あの頂きから一気に下ったのだ!
IMG_0025.JPG
天神平周辺散策は初めてで、展望の場所にはイラストの案内版が立っているので、山座同定がしやすい。
吾妻耶山の奥には富士山が、かすかに認められるのだが、カメラには映らない。
IMG_0043.JPG
IMG_0044.JPG
IMG_0052.JPGIMG_0053.JPG
展望台には望遠鏡があり、覗くと蟻の行列のように人・人・人が見える。
山頂を眺めながら。カップ焼きそばを食べるが、サーモスのお湯が温度が
低くなっていて硬い焼きそばとなる。
IMG_0056.JPG案内版ばかり撮っているが、あくまで自分の備忘録なので悪しからず。
IMG_0063.JPG
さて、リフト、ロープウェイと下りてくると、谷川岳ロープウェイ山頂の
標識があったので、小さい男の子が撮り終えるのを待ってカメラを
向けると、男の子のママが「撮りますよ」とカメラを取り、
ぐんまちゃんを渡したので、そのまま、抱っこして撮ってもらう。
IMG_0060.JPG
男の子はぐんまちゃんの帽子も、私に被って欲しかったようだが・・・
ロープウェイ駅で珈琲をゆっくり飲んで、谷川岳登山指導センターの脇から歩く。
IMG_0072.JPG

IMG_0086.JPG

時折谷底から吹き上げる風が心地良い。
山形から来たという同世代男女4人と少しお話ながら歩く。
IMG_0087.JPG
黄色い小型の電気自動車が通り過ぎていく。
500円と書いてあったが、片道なのか?往復なのか?
ロープウェイでも、お年寄りが車椅子で来ていて、家族のサポートもあり、
この道も車で走れば、雰囲気は満喫することが出来るので、良いなぁ~
母を連れて来られる状態なら良かったのに・・・
IMG_0090.JPG
ポイント、ポイントにベンチがあったりするので、休憩が出来る。
IMG_0091.JPG
西黒尾根、厳剛新道などの取り付きは、畏敬の念を込めて通り過ぎる。
IMG_0097.JPG
IMG_0103.JPG
IMG_0111.JPG
IMG_0116.JPG
谷川岳の地図を今まで見ていた領域よりもより、広く、立体的に眺められた。
一ノ倉沢岳出会で、ゲートがあり、本日は此処でUターンする。
幽ノ沢出合から続く道は国道291号ということで、過日に清水峠から途中撤退で
通った謙信尾根は清水街道で国道291号になる。
いつか、蓬ヒュッテから、蓬新道を通り、土樽駅からの周回で歩くコースも
列車利用ならではのコース設定が出来る。
谷川岳がグンと身近になった。
太陽パネルが18枚あり、トイレの換気扇や照明に利用され、曇りの日でも
バッテリーに蓄電され、環境にやさしい発電システムだと書かれてある。
クライマーも、この日は多かったと思うが、ハイカーは多くの人が入り、
随所に休憩所、トイレなどあるので、こうした取組みは自然を保護すると
共に、大切なことなのだと思う。
土合駅発の時間は17時58分なので、まだまだ、時間がある。
レストランでは飲み物のサービスしかなく、生ビールを一杯飲む。
水上駅行のバス乗り場は長蛇の列が出来ている。
レストラン&休憩所も17時で閉鎖になり、土合駅までゆっくり歩いて、
階段を暗い中、一人でボチボチ歩くのも、怖いような・・・
座る椅子や待合室などない。
なので、水上駅行のバスに並び、バスに乗る。
ところが、ここで又、想定外のことが・・・
湯檜曽駅の手前から東京方面への渋滞でバスが動かない。
いつも、いつも東京へ帰るのは渋滞とセットなのだ!
こんな鈍さだと水上駅発に間に合わない!
運転手さんが、今、湯檜曽駅前だからと言われ、バス停でもないのに
下してくれた。湯檜曽駅は無人駅で、誰もいないホームだが、安心。
IMG_0160.JPG
IMG_0159.JPG
往路 最寄駅6:43=新潟駅7:06=長岡駅8:23⇒8:37=土合駅10:19
帰路 湯檜曽駅17:54=長岡20:02⇒20:10=新潟駅21:27
山の会で行って来て、良かったよ~と連絡を頂き、思い切って行って良かった。
仕事への不安、母の容態の心配などなど、不安を払拭してくれる一日だった。

10月が終われば11月に

自分のブログは備忘録としての役割大の筈が驚いたことに
9月は一日も記事が書かれていなかった。
6月に派遣で入った仕事場での、様々なストレスで
日々、疲弊していたのだと思う。
そして、それも契約満了で9月13日に終了した。
ストレスなどと、言い訳を考えているが、実際は
給料が入り、終了して6か月以上の勤務があったので、
ハローワークへ行き、30日分の雇用保険が支給される。
ストレスや引き籠りの沼に嵌ってしまうけど、自分の
こころの持ち様を変えることも一考ありだ。
9月14日から10月末日までは、仕事のストレスから
解放された筈で、溜まっていた2階の部屋(使用していない)
の処分、整理等々、すべきことはたくさんあった。
とことん、怠惰な状態からの脱却は意外なところにあった。
植木鋏.JPG4色ボールペン.JPG庭に居る時間が増えた。
今まで、除草、庭木の剪定はシルバー人材センターにお願いしていたが、
作業に来る日に、私が在宅できない場合もあり、暇は出来たのだからと、
探し物はネットで、Amazon等で得ることができる。
千吉 超軽量・太枝剪定」 これは本当に、優れもので、
今更って感じで感動を貰えた。
灯油のポンプが劣化した⇒自動停止型灯油オートポンプ
銀行のキャッシュカードの磁気が効かなくなった⇒カードケースプロテクター
手帳や日記等で4色ボールペンが欲しい⇒何と、名入りサービス
小川洋子さんの新刊本
突っ張り棒も・・・
車を無くした分、大きな買い物が不便になった分、Amazonは高齢者には
強い味方だ。紀伊国屋書店やジュンク堂には近隣へ行った際には
立ち寄ることはあっても、直ぐには買わない。
Amazonなら送料無料で、ポイントも付く。
Amazonを利用していると、時々spamメールまがいが届く。
すぐさま削除して、決してリンクは開かない。
webサイトを開くと、すぐさま、自分の開いたサイトが反映される。
先日、NHKの番組で、snsや、ブログ等で発している言葉を拾い
集めて、その人をヘッドハンティングしたという。
AIを駆使すれば、ネットで呟く言葉、購入履歴などから、
その人と志向を探ることは容易である。
もう、仕事は得られないだろうなぁ~と
思っていたら、11月1日から一ヶ月半の仕事があった。
何処で?どういう仕事?と、内容を言ってしまうと、
情報漏洩に抵触するので、言えないが、かつて勤務して
いた会社でも、年末が近づくと忙しくなる業務だ。
本日、初日、行ってきた。まぁ、何とかなるでしょう(^_-)-☆