【谷川岳 天神平&一ノ倉沢出合】

IMG_0005.JPG
土合駅に降り立ち、振り返ってみる。
11月3日(日)
最寄駅(越後線)⇒新潟駅(信越線)⇒長岡駅(上越線)⇒土合駅
<えちごツーデーパス>+越後中里往復土合=¥3,400
往きは一度も乗換なしで土合まで行けた。
帰りは長岡駅で向かいのホームへ一回だけ乗換した。
谷川岳は過去に何回か訪れているが、列車利用で行くのは初めてで、
時間的にはベストとは言えないが、新潟からこんなにも行きやすい山で
あると再認識する。
直近過去には
2006年7月23日 山仲間と弟の3人で「谷川岳馬蹄型縦走」途中敗退
2007年8月1日2日 単独で「谷川岳馬蹄型縦走」完遂
今からみれば、10年以上も昔の話だ。
白毛門からの下りの長さが辛かったのがありありと蘇る。
IMG_0008.JPG通過してきた昭和の遺物の清水トンネル
新潟からの上りの土合駅ホームは地上にあるが、
水上方面からの下りホームは「日本一のもぐら駅」の呼称の通り486段の階段を登らねばならない。
「クライマーズ・ハイ」NHK版ドラマで冒頭に出てくる。
土合駅からは緩い登りの道を歩く。
ロープウェイ、リフトは10~15分程度の待ち時間。
まずは天神平散策をする。谷川岳だと言えば、それは
山頂も求めて来る処であった。
が、楽をして展望と紅葉を楽しむ年齢になってきた。
IMG_0022.JPGIMG_0021.JPG笠ヶ岳・朝日岳・白毛門と三雄姿がデンと立ちはだかっている。
あの頂きから一気に下ったのだ!
IMG_0025.JPG
天神平周辺散策は初めてで、展望の場所にはイラストの案内版が立っているので、山座同定がしやすい。
吾妻耶山の奥には富士山が、かすかに認められるのだが、カメラには映らない。
IMG_0043.JPG
IMG_0044.JPG
IMG_0052.JPGIMG_0053.JPG
展望台には望遠鏡があり、覗くと蟻の行列のように人・人・人が見える。
山頂を眺めながら。カップ焼きそばを食べるが、サーモスのお湯が温度が
低くなっていて硬い焼きそばとなる。
IMG_0056.JPG案内版ばかり撮っているが、あくまで自分の備忘録なので悪しからず。
IMG_0063.JPG
さて、リフト、ロープウェイと下りてくると、谷川岳ロープウェイ山頂の
標識があったので、小さい男の子が撮り終えるのを待ってカメラを
向けると、男の子のママが「撮りますよ」とカメラを取り、
ぐんまちゃんを渡したので、そのまま、抱っこして撮ってもらう。
IMG_0060.JPG
男の子はぐんまちゃんの帽子も、私に被って欲しかったようだが・・・
ロープウェイ駅で珈琲をゆっくり飲んで、谷川岳登山指導センターの脇から歩く。
IMG_0072.JPG

IMG_0086.JPG

時折谷底から吹き上げる風が心地良い。
山形から来たという同世代男女4人と少しお話ながら歩く。
IMG_0087.JPG
黄色い小型の電気自動車が通り過ぎていく。
500円と書いてあったが、片道なのか?往復なのか?
ロープウェイでも、お年寄りが車椅子で来ていて、家族のサポートもあり、
この道も車で走れば、雰囲気は満喫することが出来るので、良いなぁ~
母を連れて来られる状態なら良かったのに・・・
IMG_0090.JPG
ポイント、ポイントにベンチがあったりするので、休憩が出来る。
IMG_0091.JPG
西黒尾根、厳剛新道などの取り付きは、畏敬の念を込めて通り過ぎる。
IMG_0097.JPG
IMG_0103.JPG
IMG_0111.JPG
IMG_0116.JPG
谷川岳の地図を今まで見ていた領域よりもより、広く、立体的に眺められた。
一ノ倉沢岳出会で、ゲートがあり、本日は此処でUターンする。
幽ノ沢出合から続く道は国道291号ということで、過日に清水峠から途中撤退で
通った謙信尾根は清水街道で国道291号になる。
いつか、蓬ヒュッテから、蓬新道を通り、土樽駅からの周回で歩くコースも
列車利用ならではのコース設定が出来る。
谷川岳がグンと身近になった。
太陽パネルが18枚あり、トイレの換気扇や照明に利用され、曇りの日でも
バッテリーに蓄電され、環境にやさしい発電システムだと書かれてある。
クライマーも、この日は多かったと思うが、ハイカーは多くの人が入り、
随所に休憩所、トイレなどあるので、こうした取組みは自然を保護すると
共に、大切なことなのだと思う。
土合駅発の時間は17時58分なので、まだまだ、時間がある。
レストランでは飲み物のサービスしかなく、生ビールを一杯飲む。
水上駅行のバス乗り場は長蛇の列が出来ている。
レストラン&休憩所も17時で閉鎖になり、土合駅までゆっくり歩いて、
階段を暗い中、一人でボチボチ歩くのも、怖いような・・・
座る椅子や待合室などない。
なので、水上駅行のバスに並び、バスに乗る。
ところが、ここで又、想定外のことが・・・
湯檜曽駅の手前から東京方面への渋滞でバスが動かない。
いつも、いつも東京へ帰るのは渋滞とセットなのだ!
こんな鈍さだと水上駅発に間に合わない!
運転手さんが、今、湯檜曽駅前だからと言われ、バス停でもないのに
下してくれた。湯檜曽駅は無人駅で、誰もいないホームだが、安心。
IMG_0160.JPG
IMG_0159.JPG
往路 最寄駅6:43=新潟駅7:06=長岡駅8:23⇒8:37=土合駅10:19
帰路 湯檜曽駅17:54=長岡20:02⇒20:10=新潟駅21:27
山の会で行って来て、良かったよ~と連絡を頂き、思い切って行って良かった。
仕事への不安、母の容態の心配などなど、不安を払拭してくれる一日だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント