シネマin長野

ガーンジー島の読書会の秘密」の新潟市内上映を待っていたのに、
シネ・ウィンドに問い合わせると、上映予定はないとのこと。
唯一県内での上映館は上越市のみ。
終末に行こうと思っていたら、台風接近、上陸で週明けに
行こうと思いなおしたら、何と、上映時間が変更になり
18時30分からの上映となった。
高速バスで行くには行っても、帰りのバスはなく、新幹線、
タクシーを利用して行かねばならずに、諦めた。
それでも、諦めきれずに上映館をよくよく検索すると
長野市で、それも長野駅、善光寺に近い場所で、上映している。
10月19日:万代シティ7:40⇒長野駅前11:08
長野へは令和元年5月1日に同じ時間の高速バスで善光寺へ行っている。
善光寺へのまっすぐの参道道を歩くとすぐに
「山と溪谷」という名前の喫茶&手打ち蕎麦の店があり、
5月の時には歩いていて偶然見つけて、嬉しくなり立ち寄った。
今回もやはり立ち寄った。
長野1.JPG長野3.JPGこのお店は調べると、山岳雑誌、書籍で有名な「山と溪谷」の名前に惚れ込んで、ご主人が山と渓谷社の
社長までお願いに出向いたと「ワンダーフォーゲル編集部ブログ」に書かれている。
通りすがりとはいえ、普通のお蕎麦屋さんだったら、この先、善光寺参道には両側に蕎麦屋は
たくさんあるので、その内の一軒に立ち寄ったと思う。
映画は14:10から上映。高速バス終点「権堂駅」⇒長野駅までの地下鉄の駅でもある。
すぐ前に大きなイトウヨウカ堂があり、旧いアーケード付きの商店街の中ほどに「長野松竹相生座・ロキシー1・2
そのアーケードの通りだけ昭和が残されたままの佇まいだ。
洋画系はロクシー1・2で上映。
第二次大戦直後のイギリス、取材である島の読書会を訪れた作家のジュリエット。
しかし、創設者は姿を消し、メンバー達は何かを隠していた。(パンフレットより)
ミステリアスな雰囲気の人々。そこでは一体何が起こっていたのか?
原作を読みたいと思ったが、イースト・プレス社発行のペーパーバック上下なのだが、
日本語訳は絶版となっていて、Amazonnで上・下各1冊1万円を超えていて、それも数冊しかない。
ですが、幸いなことに市の図書館には在庫があり、借りてきている。
上下共に、書簡で形成されている。
1946年1月8日
ロンドンSWI
セントジュエームズプレース21番地
スティーヴンズ&スターク社
シドニー・スターク様
誰が、誰に宛てたのか?文章だけで経緯を読み解かねばならずに
バスの車内で気楽に読み進むというわけにはいかない。
ゆっくりと、メモをしながら、貸出延長をしながら読まねばならない。
映画を見なければ、原作を読むという気負いも生まれなかった。
善光寺は七五三参りの家族連れ、県外からの団体と賑わっていた。
千曲川流域では雨の被害で大変なところだが、被害の影響を受けない処は
観光、そして表門前に立っていた天台宗の若き青年達が義援金を受け付けていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント