【風化する女】を読む

先日「雪子さんの足音」を読んだが、木村紅美さんのデビュー作であり、
文学界新人賞受賞作品である「風化する女」を読んだ。
「風化する女」 木村紅美 文藝春秋 図書館本
『れい子さんは一人ぼっちで死んでいった。
会社を三日も無断欠勤していたのを不審に思った上司が、
管理人さんに頼んでアパートの鍵をあけてもらったところ、
ふとんの中で、すでに硬くなっていたそうである。
れい子さんは四十三歳で結婚はしていなかった。』
という書き出しで始まる、結婚歴なし、中年女性の孤独死から
「私」がれい子さんの生前の生活に入り込んでいく様子が書かれている。
「私」はれい子さんとは課が違う。
時々ランチで訪れる店で、珍しく満席の時に、れい子さんと相席をした。
それを機会に話をするようになり、見た目の地味さ以外にもれい子さんの
隠された生活、性格に話が合うようになる。
れい子さんの実家は鳥取県で、喪主はお父さん。それも義理の父とか。
複雑な家庭環境のせいで、ほとんど実家に帰ることはなかった。
「私」は既にフリーライターの夫がいて、今年のハワイへの社員旅行を終えたら
退職する予定だった。社内旅行はハワイと決まっているのだが、れい子さんは
一度も参加したことがなかった。が、今年は「私」と同室にしたということで、
れい子さんも行くことになって、楽しみにしていたところだった。
れい子さんの課員の女性がアパートの遺品整理を頼まれたのだが、「私」が
れい子さんと親しかったという理由で頼まれて、「私」はれい子さんの
アパートの遺品整理をする。毎年、北海道へ旅行をしていたれい子さんは
旅行鞄の中には、勝負下着というスケスケの赤と黒の下着が詰め込まれていた。
部屋には、バンダナを蒔いた男と一緒の写真があったり、送受信を調べると
「れい子です」「れい子です」というタイトルの送信履歴だけが並んでいる。
好きな男がいたのだろうか?会社の引き出しには北海道への切符があり、
「私」はその切符を使って北海道へ向かう。シンガーソングライターの
里中英世のアルバム発売の記念ライヴへ行く。当日券はないということで店には
入ることが出来ずにすごすごと引き返す。
お腹の大きな若い妻がいた。片思いだったのだろうか?
れい子さんと里中さんとの写真の裏に口紅でさよならと書いて店の
レターボックスに入れて立ち去る。
里中夫婦は誰が放り込んでいったのかと、びっくりすることだろう。
もしかしたら、けんかすることになるかもしれない。
いや、さよならされたのがわかって、ほっとするのかもしれない。
目をこすると、鈍色の鉛のシルエットが浮かび上がる。
寒さにマフラーをかきあわせながら、「私」はまた、彼女もきっと
この景色を眺めていたことがあるはずだと思って、れい子さんの
存在を感じていた。
恋は成就せず、結婚歴もなく、友人らしい友人は「私」くらい。
その果てに孤独死をしたれい子さん。でも、決して不幸せに塗れていた訳では
なかったかもしれないれい子さん。
もう少し違うタイトルが良かったのでは?

もう一作品「海行き」が納められている。
大学生活の男・女・女の仲良し三人組は、恋人未満、友人以上の関係であった。
大学生活⇒卒業後の生活⇒更に十年が過ぎという群像劇の様相を呈している。
DSC_0068.JPG
8月24日 三越前に”おめかしライオン”




この記事へのコメント