【スマホが起こす「自分病」って何?】を読む

 
和田秀樹 新講社 図書館本 を読む。

ガラ系の携帯からスマホへと機種変更した人が山仲間に1,2人いた頃には
声を大にして、私はパソコンがあれば、携帯は電話とメール機能で充分だと
豪語していた。
ところが、山に同行した仲間からスマホの様々な機能を現場(山で)で
見せてもらうと3日後にはスマホへと機種変更した。地図アプリや、
GPS機能等々、それらは単独で山歩きをしていた身としては、
大変便利な機能として甘受した。
が、一向に馴染まなかったのは「LINE」だったのだが、一部の友人には
便利に活用している。
現在の仕事の前に就いた仕事では同期の数人でLINEのグループ登録を
余儀なくされた。
仕事中でもトイレからでも発信するのか、呟きや、お知らせが入った。
少々、面倒くさいな~~と思っていたが、仕事を離れると同時に離れた。

プロローグ:「自分病」って何?
第1章:友情か、儀式化した人間関係か
第2章:なぜスマホは依存症になりやすいのか
第3章:「合わせなくちゃ」にしばられる人間関係
第4章:ネットの人間関係が失うもの
第5章:家族を「自分病」から守ろう
第6章:困ったときだけ、スマホに頼ってみたら・・・
エピローグ:自分が見つけた世界がいちばん楽しい
現在40分程乗車のバス通勤をしている。
隙間時間の継続でサクサクと読書を楽しんでいるが、
ほとんで、若者も、20代、30代、更に中高年齢の男女問わず、
殆どがスマホに眼を落している。
単独以外でも、恋人、夫婦、親子で、それぞれ向き合いつつスマホを
操作している風景は日常茶飯事だ。
インターネット、ショッピングに限らず、eーTaxもスマホでできる
世の中なので、一概に害悪だけを並べて避けるのではなく、
使い方の制御をするべきなのだろう。
一旦走り出した便利な機能は、元に戻ることはないので、
使い方で自分を制御することが必須なのだ。

この記事へのコメント