日暮日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【マイ・ブックショップ】

<<   作成日時 : 2019/05/04 21:27   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

28日にフレンチレストランの食事券が当たり、それで、ランチを食べた後で映画に行った。
済んだ味わいの赤ワインが美味しくて二杯飲んだ後に行った映画は、面白くなかった訳では
なかったが程よい眠りに誘われてしまった。
で、翌日に再び観に行く。
画像画像

今度は良く観たのだが、より深く再確認がしたくて2日に三度目を観に行く。
そして帰りには原作も購入してきた。
1959年海辺の小さな村で、書店が一軒もない村での、夫との二人の夢であった書店を開店する。
本の理解者は村で偏屈とされている老人で、彼は彼女にお任せで本を購入する。
可愛いお嬢さんを助手に雇い、彼女は書店経営に活き活きとして前向きに取り組んでいた。
ところが、その村ではお金も、政治力もある夫人が彼女の家を自分が芸術センターなどという
訳の分からない施設にする為と称して、彼女を村から追い出してしまう。
映画の中では実在の作家、それの作品名など出てくる。
レイ・ブラッドべり「たんぽぽのお酒」
ウラジーミル・ナボコフ「ロリータ」など。知ってはいても未読なので、「いつか読みたい本」の
仲間に入れておきたくなる。ラストが圧巻で、驚きだが、彼女は新しい生活への船出に心を寄せる。


ブックショップ (ハーパーコリンズ・フィクション)
ハーパーコリンズ・ ジャパン
2019-03-01
ペネロピ フィッツジェラルド

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【マイ・ブックショップ】 日暮日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる