【令和in長野】

改元に、踊り、歓声を上げる人たちの神経は、私には理解出来ない。
ですが、5月1日にはどこかの神社、お寺に行きたいと思った。
1日の長野行きの高速バスは午前中の便も、帰路の午後の便も満員と言われ、
取り合えず2日を予約しておいた。前日になってキャンセルが出たかどうか
聞くと、朝7時40分発と帰りの16時に空きが出たとのこと。
長野の善光寺は父や母、娘と何回も行った。
が、今回のような高速バスで行くのは初めてだ。
そして一人で行くのも初めてだ。
画像新潟は薄雲に
覆われてはいたが、雨は上がっていた。
米山SAで休憩した時には
細かい雨が降っていた。
車中越しに千曲川堤防桜堤が見え、
まだ桜は咲いていた。
相席になりますと言われていたのだが、
隣席は誰もいなくて、持参した文庫本を読んだり
眠気に誘われれば、zzzz
須坂で高速を降りて、長野駅前で下車する。
駅を背に右側の一本道が善光寺へと続く道だ。
途中からは緩い坂道となっている。
画像画像
車道の端をスローガンを声張り上げて通っていた。
そっか!今日は令和元年のメーデーなのか!
画像25条マンとは憲法25条の事かな?
「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」とある。
また、2項で「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」とある。
令和元年のハッピー!ハッピー!ばかりが殊更に
クローズアップされているが、日本の抱える外交、
内政問題と山積みなので、そうしたことを静かに、
深く憂うる人はいないのか!?
車を捨てた生活というのが、歩いていると
ヒシヒシと身に染みてくる。
かつてなら狭い脇道にあるパーキングを探しながら
路地を入ったり、出たりしていた。
善光寺境内に入ると、さすがに人が多い。
取り分け「ご朱印はこちらで」という
案内が多く、私も案内に導かれて入ると
そこには列、列・・・
ご朱印帳に直接書いてもらう列は2時間、3時間待ちとも。
その脇で係の人が紙札はこちらへ並んで下さい、
の案内の列はせいぜい30分待ち程度。
帰りのバス時間が気になるので、紙札の列へ並ぶ。
画像御朱印を頂き、列を離れ、
参拝の場所へ出ると途端に人が少ない。
平成の最後に財布に残った硬貨と千円札1枚を
お賽銭として入れる。お線香の香を身に浴びる。
善光寺は仏教の宗派が確立する前の建立なので
宗派がないそうだ。
牛に引かれて善光寺参りとは、思いがけず他人に
連れられて、ある場所へ出掛けること。
また、他人の誘いや思いがけない偶然で、
よい方面に導かれることのたとえ。
私が神社、仏閣に惹かれるのも
きっと眼には見えない「牛」に
引かれてのことなのだろう。
画像又、来ますね。と挨拶を告げ、本日の第二の目的
「蕎麦を食べる」べく門前の蕎麦屋を見ながら歩くと、
何処も、行列、行列・・・大勢の人たちの目的は
やはり「ご朱印」そして「蕎麦」と誰でも同じなのだろう。
次第に駅に近くなるとふと「山と溪谷」という
看板が眼に入る。カフェのようでもあるが
しっかりと「手打蕎麦」の文字が眼に入る。
2階へ上がり、「お蕎麦は頂けるのですね?」
と言うと「皆さん、怪訝な顔で入って来るのですが
お蕎麦もやっていますとのこと。
画像
令和になったというのに、店内は昭和の旧き、懐かしい雰囲気に満ちている。
昭和21年創業とある。先代が蕎麦を打っていたのだが、
カフェに様代わりした今も、蕎麦が打ちたくてやっているのだとか。
カフェ+蕎麦屋という感じ。歩いてきて喉が渇いたので、ハイボールを注文する。
画像

画像

画像

天ぷらを食べながら、ハイボールを二杯も飲んだので、蕎麦は少々渇いてしまったが(^_-)-☆
細く切ってある蕎麦で、私の好きな太さだった。
男女のカップルが一組いたが、飲んでいるのは、ソーダ水だった。
流れている曲はジャズで、なんと、私の為にあるような昭和の香満載だ。
ご主人と少しお話をして、新潟から来たというと、新潟の方で、やはり当店のファンがいますよ。
とのこと。これも車で来ない街の発見と言える。「山と溪谷」社からのれん分けしたとのことだが、
蕎麦屋にせよ、カフェにせよ「山と溪谷」とはやはり、山の長野市ならではだと感心する。
長野を訪れる楽しみが善光寺の他に増えた。
蕎麦屋の行列に並ばなかったお陰で心配した帰路のバス時間まで余裕があり過ぎた。
画像

長野駅は何時改築されたのかは??だが、素敵なセンスで門前町らしく表には提灯など並んでいるけど
新潟駅に比べると(現在工事中)駅構内が広くて素敵だ。
「こしあぶら」や「わさびの花」「生しいたけ」などなど買う。
「こしあぶら」は新潟県産」と書かれていた。津南とか、妙高産だろう。
3階には東急ハンズがあり、前から欲しかった水切り用の平なザルを買う。
居酒屋が開いていたら軽く、飲みたいと思ったが開いていなくて、仕方なくスタバで珈琲を飲み時間を潰す。
16時丁度に新潟行きのバスの人となった。
これからも、こうして高速バスとか、JRなど利用して旅をするのだろう。
まず、令和元年5月1日は、私にとっての「令和㏌長野」となった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント