日暮日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【グリーンブック】

<<   作成日時 : 2019/04/06 23:40   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

3月最後の土曜日は風と強い雨脚の中、イオン南まで「グリーンブック」を観てきた。
アカデミー賞「作品賞・助演男優賞・脚本賞」受賞と言うことでその期待に十二分に応えてくれた作品だった。
実話と言うから凄いと思う。とにかく面白い!!

トニーとシャーリーを演じるのは、二度アカデミー賞®ノミネートされたヴィゴ・モーテンセンと同賞を受賞したマハーシャラ・アリ。
二人の幸せな奇跡の物語を観る者の心にまっすぐ届けてくれる。
監督は『メリーに首ったけ』などコメディで知られるピーター・ファレリー。
キャリア初の感動作を傑作に仕上げた。
異なる世界に住む二人の壮大なズレに笑い、ツアーの本当の目的に胸を熱くし、
極上のラストにスタンディングオベーションを贈らずにいられない、痛快で爽快、驚きと感動の実話!


グリーンブック:
1936年から1966年までヴィクター・H・グリーンにより毎年出版された黒人が利用可能な施設を記した旅行ガイドブック。ジム・クロウ法の適用が郡や州によって異なる南部で特に重宝された。


ラストの夜には黒人専用の居酒屋へ二人で良き、演奏していた仲間に
ピアノも加わり、ジャズの演奏となった。
皆、ノリノリで、とても楽しそう!
私もこんな居酒屋でジャズライブ聴きながら飲みたいよ〜〜♪

3月が終わり、もうすぐ平成が終わるというので、さよなら平成ばかり。
私にとっての平成は昭和63年から勤めた会社に30年間居た。
会社の経理、そして山に明け暮れた「平成」だった。
「令和」はどんな年になるのだろう。山は、母の万一の事を考え、休止状態。
仕事は短期の仕事に就いているが、
それも直に終わる。自分の生きてきた思いを文章で残したいと思ってはいるが・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
グリーンブックは、映画館で観たいと思いました。
何故か、ドライビングMissデイジーを思い出しました。
ベニシジミ
2019/04/09 15:51
ベニシジミ様
たくさん、コメントありがとうございます(笑)
グリーンブックは本当に文句無しに面白かったでした。
「ドライビングMissデイジー」もありましたネ!
ジェシカ・タンディ、モーガン・フリーマンも良かったですね。
品の良い老婦人役は日本の映画ではちょっと見当たりませんね。
のりこ
2019/04/10 00:10
グリーンブックの条件として、演奏するピアノは、スタインウェイがありましたね。
レコード紹介、八城一夫、SIDE by SIDE オーディオ・ラボ ALJ-1012
SIDE A オーストリー、ウィーン  ベーゼンドルファー
SIDE B 西ドイツ、ハンブルク   スタインウェイ
2つのピアノの音が聴くことができます。
素敵なアルバムです。
ベニシジミ
2019/04/13 16:39
ベニシジミ様
お詳しいですね。
ピアノのメーカーはいろいろありますね。
さっぱり・・・無知ですが( 一一)


のりこ
2019/04/14 09:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
【グリーンブック】 日暮日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる