【新潟の残念な事情】

17日夕方のローカルニュースで「本町よ!お前かもか!」という残念な事情が飛び込んできた。
UX新潟テレビ21(テレビ朝日系)で、昔からの市民の台所であった「本町市場」にある中心的な店
「本町食品センター」が来年8月で閉店するとのことだ。
画像画像

詳細はTwitterUX新潟テレビニュース
画像
先日も大和デパート、ラフォーレ原宿、
そして2020年には三越の撤退と他にも
老舗喫茶店や北光社の書店などなど。
本町市場は、昔から新潟市民の台所だった。
一つ大きな店が撤退すると、一つ一つ歯が
抜けるかのごとく、次々に抜けてしまい
旧市内中心地は本当に空洞化になる。
ニュースの中で市場の理事長は追い討ちを
かけたのは本町を通過してしまったBRT。

画像

青山、関屋、新潟駅前などでの乗換えを強いられて不便になったのだ。先回の市長選の争点の一つにもなったが。
古町で育った者にとっては老舗の専門店が消えていくのは寂しい。
唯一存続している古町の「萬松堂」パンの「富士屋」「山長ハム」山長ハムは本社は加茂市でハムなど作っている。
用途に応じた肉がグラム単位で買えて、ヒレカツやアジフライなどの惣菜もあり、衣だけ付いて売られているものもある。此処のアジフライは好きで良く買うのをおじさんは知っていて、肉を買っていると「アジフライは?」と聴いて、こっそり半額にするよ!と。スーパーで売っているアジフライは安いのだけど、ここのアジフライは大きくて、肉厚で美味しい。何故お肉家さんにアジフライがあるのか?今度聞いてみよう。
文房具店も二件頑張っている。「横場精良堂」「文武堂」お店の人と商品に関して話をしたりするのが好きだ。
小さな大福や草餅など売っている「笹川餅屋」「角田屋餅菓子店」など、笹団子や大福が好きだ!
私が生きている後数年(?)これらのお店も存続して欲しいな。
今日はハローワークへ「雇用保険高年齢受給資格」の申請に行ってきた。
左眼は、縫った跡が痒くなってきた。一日、一日腫れも引いている。
画像
鯖水煮缶の炊き込みご飯。大根の甘酢。
大根、小松菜、油揚げの煮物と味噌汁
鯖水煮缶はスーパーでは水煮缶に限り
売り切れで、amazonで買った。
重たい荷物を持たなくても便利だ。
抜糸まで、仕事探し、映画は休止。
先日の爆破など、災難は或る日突然に
やってくる。怖い!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック