【クライマーズ・ハイ 追伸】

自分の備忘録の為に追記をする。
横山秀夫の著書を読んだのは2008年7月11日だった。
私は記憶力が弱くて、最近はゲンナリすることばかりだ。
よく「本を読んだことを忘れることは危険」「本の内容を忘れるのは老化現象」と言われるが、
旧い自分のブログの記事を読むと、こんな映画観たっけ?こんな本読んだっけ?
と他人ごとのような感じだ。
忘れるから本や映画(DVD)を再読したり、再鑑賞する。
再読や再鑑賞などは、初めて読んだ時、初めて鑑賞した時から年月を経てみると、
当初は見逃していたこととか発見して、次々に新しいことに手を出すことも、勿論推奨されるだろうけど。
2008年の時にはNHKのドラマも映画も両方観ていたようだが、1回観たら終わりだったので、細かい
シーンなど記憶に留まっていない。
今も両方観てみると映画よりNHKのドラマの方が好きだ。
画像
NHKのドラマはDVDを購入したので、何度でも観られる。
上越線下りの土合駅を下りると462段の階段を上る。
画像ドラマの中でニュースを読んでいるのは
本当のNHKのアナウンサーが本当の
ニュースを読んでいるのだとか。
事故のニュースを伝えているのは
今はNHKを離れ、他局で活躍している
池上さん、松平さん(他局?)





画像画像

画像
衝立岩を見上げる
画像
20年後の慰霊祭の様子。これもNHKの実際のニュースなのかな?
二つ折り携帯を使うようになったのは何時頃だったのかな?
日航機事故の2年後には昭和が終わり、平成も既に30年も経て、それも終わろうとしている。
何年前だったか、多分「諏訪山」だったか?それさえ不確かな記憶だけど、登山口へ向かう道が
すっかり整備され、広くなり「昇魂之碑」の脇を通ったような?
不確かな記憶だ!昭文社の「山と高原地図」では御巣鷹の尾根登山口→昇魂之碑まで40分
→高天原山往復のコースが書かれている。
飛行機事故による新聞社記者の内幕だけど、この小説に「クライマーズ・ハイ」というタイトルを付けたことで
この小説の膨らみが増し、心棒が固まったようだ。
雪の季節が終わったら、上越線の上りに乗って、土合で下りて、谷川岳の衝立岩を眺めに行きたい!

この記事へのコメント

2019年01月04日 18:46
ノリコさん 場末のブログ(ぼろや)におたちよりいただきありがとうございます 私は定年後の読書はすべて図書館の借り本 乱読 前夜の献立を忘れるように 読む端から内容を忘れる始末 飽きずに懲りずに また借りてきます
2019年01月05日 01:40
土ノ子様
コメントありがとうございます。
試しに読んでみたい本は取り合えず図書館から借ります。
その後で再読したくなる本は買いますが、本代も高いので
文庫が多く、どうしても手元に置きたい本は思い切って買います。
私も読む後から忘れのは同じです。
何度でも再読、そしてスローリーディングです!