のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【旅猫リポート】を読む&観る

<<   作成日時 : 2018/10/28 04:58   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
10月26日 イオンシネマ南 「旅猫リポート」を観る。
26日に午前中にはどうしても眼科へ行かねばならずに仕事を休む。
眼科は午前中に終わったので、本日公開の映画を午後から観た。
【猫】が出てくる映画は殆ど見逃さずに観ている。
これも当初は映画だけ観ればいいかな〜
などと思っていたが、やはり文庫で気楽に読めそうなので
2〜3日で丁度読み終えたところだった。
有川浩はずっと以前には男性作家だと思い込んでいた。
作品は私の好きな傾向ではなかったので読んだことはない。
映画は2011年「阪急電車」を観た。
中谷美紀、宮本信子、戸田恵梨香の
3人の女優が良い感じで、筋立ても面白かった。
有川浩の作品を読むのは初めて。
小学生時代のサトルは子猫を拾いハチと名づける。
小学6年生の修学旅行に行っている時にサトルの両親が交通事故で亡くなる。
サトルは独身で検事をしている母の妹の叔母さんに引き取られる。
猫が飼えないので、遠縁に引き取ってもらう。
サトルは成人して一人で暮らしている時にハチに良く似た子猫を事故から助ける。
野良の子猫をナナと名づける。
登場人物は宮脇悟、猫のナナ、小学生時代の友人、コウスケ、中学生時代の友人ヨシミネ、
高校時代の友人、スギとチカコ、叔母さんなどなど。
Pre-Report 僕たちが旅に出る前のこと
Report-01 コースケ
Report-02 ヨシミネ
Report-03 スギとチカコ
Report-3.5 最後の旅
Report-04 ノリコ
Last-Report

各章ごとに「僕」というナナが一人称で語る。
両親が亡くなった時に叔母さんから明かされる出生の秘密。
ナナとサトルのロードムービーは何故?サトルの友人を訪ねたのか?
何故、サトルはナナを手放す旅に出たのか?
後半の「ノリコ」「Last-Report」で判明するサトルの現状には読んでいて
鼻水が出てしまうほど涙が滲む。
サトルとナナとの繋がり、サトルと友人たちとの繋がり、サトルと両親、叔母との繋がり。
何故、サトルはこんなにも不幸なの?でも、何故こんなにも幸せなの!
サトルは余りにも「良い人」過ぎる!と思う。
本を先に読んで、後半涙でバスの中では読めなかった。
映画では同じ場面になっても、涙はもう出なかった。
ナナの声が高畑充希で、テンションの高い声で男の子であるナナの風貌と表情には
そぐわない印象を受ける。ナナ役の猫は面構えが野良出身の逞しさを持っていて名猫だ。
人間には人格があり、猫には猫格がある映画だった!

Twitterやってます
https://twitter.com/pasonori

にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

旅猫リポート (講談社文庫)
講談社
2017-02-15
有川 浩

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【旅猫リポート】を読む&観る のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる