アクセスカウンタ

<<  2018年8月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
【炎を越えて】
【炎を越えて】 【炎を越えて 新宿西口バス放火事件後三十四年の軌跡】 杉原美津子 文藝春秋 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/27 01:07
【雪男は向こうからやってきた】
【雪男は向こうからやってきた】 【雪男は向こうからやってきた】 角幡 唯介 集英社文庫 角幡 唯介は朝日新聞社に入社したが、探検家とノンフィクション作家として生きることに自分の中で結論を出した同時期に「イエティ・プロジェクト・ジャパン」が第3回の捜索隊を組織するので参加して欲しいとの要請を受ける。自分の目指す探検とは方向性の異なる「雪男探し」には興味は無かったが「2008年雪男捜索隊朝日新聞特別通信員」として役割を得て参加することになった。 《雪男らしき動物を目撃した人物》 芳野満彦:日本で最初にヨーロッパアルプス三大北... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/26 15:09
【定本 黒部の山賊 アルプスの怪】
【定本 黒部の山賊 アルプスの怪】 「定本 黒部の山賊 アルプスの怪」 伊藤正一 山と溪谷社 先日「情熱大陸」を見ていて、黒部の主とも言える伊藤正一氏の「黒部の山賊」が気になったので、早速図書館から借りて読んだ。以前にも読んだのだが、ブログ記事は無し。読書ノートにも記載無し。記憶力がドンドン落ちている私はかつて読んだ本を気になると何度でも読み返す。代理体験なのだから読んだ後から忘れても大丈夫!大丈夫!とおまじないのように呟きながら。 T山賊たちとの出会い U山賊との奇妙な生活 V埋蔵金に憑かれた男たちー別派の山賊ー W山... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/21 03:58
【砂浜のぐみで始まる〜】
【砂浜のぐみで始まる〜】 19日(日)朝日新聞「歌壇」欄 ●永田和宏選 【砂浜のぐみで始まる新潟市民歌めぐみさんまだ歌えるだろうか】 この31文字にゆっくり眼を通すと、私には懐かしい ♪砂浜で 小さな小さな ぐみの木が〜〜〜とメロディーと共に浮かんでくる。 何故がこみ上げるものがあり、目頭が熱くなってきた。 この作者は横浜市の方ですが、新潟市生まれなのでしょうか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/20 00:15
【新潟開港150年記念花火】
【新潟開港150年記念花火】 新潟まつりの花火をじっくりと見るのは何年振りだろう。 ときたま、車で現地まで行かない川の土手などで上に上がった花火だけを眺めたりした。 今年は「新潟開港150年記念」のまつりということで音楽花火や大型スターマインなどが上がるという。 メインのスターマインや大型花火は後半に集中するので、夕食を食べて19時半のバスで行く。 信濃川手前の礎町でバスを下り、向かいのオオクラホテルからやすらぎ堤に上がると堤防の木々の隙間から 進行方向の上に花火が見えてきた。川沿いの堤防には通路をロープで仕切り芝... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/13 07:15
【北アルプス 体験】
【北アルプス 体験】 昨日は「山の日」でした。 そんな日に合わせた「北アルプス」体験のTV番組があり、懐かしい思いと 天空からの眺望に酔いしれました。 「情熱大陸」 北アルプス最奥地。秘境の山小屋主人に密着!幼子と共に暮らす「絶景の守り人」の夏 小屋開き前日にヘリで到着した妻の敦子さん、6歳の華也ちゃん、9歳の弘也君。 これから4ヶ月家族揃って山小屋生活が始まる、小屋開きの様子が映された。 私が所謂この山域「黒部五郎岳・鷲羽岳・水晶岳」に行ったのは 黒部五郎岳・鷲羽岳が2003年 水晶岳は翌年に行った。... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/12 14:58
【角幡 唯介「空白の五マイル】
【角幡 唯介「空白の五マイル】 1マイル≒1.6km 5マイル≒8km ツアンポー峡谷探検史・ツアンポー峡谷に向かった探検家・地図が冒頭にある。 第1部 伝説と現実の間 探検家たちの足跡が丁寧に書かれているが、外国人の名前と、覚え難い地名とで半分は斜め読みする。 「読んだあとから忘れても良い」はなんと安心出来る読書法だろう。 第2章 脱出行 には角幡 唯介本人のチベット体験が書かれていて、この部分に到達するまで、前半を我慢して読み進んだ。 2002年から2003年にかけて行った旅で、私は伝統的な未探検地で... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/05 23:12
【角幡 唯介「探検家の憂鬱」】
【角幡 唯介「探検家の憂鬱」】 先回7月23日に書いた記事以来、いろいろと「文章を書くこと」に関して、 失望とショックとで自虐の暗い長いトンネルに入ったまま、抜け出すことが出来ないでいた。 文章教室指導者からの対応で、誰も気付かないまま、私ひとりが勝手に「傷ついた」との 思い込みの坩堝に嵌っていたのだ。 落ち込んでいても仕方ない。DELLのマシンは見事に内蔵電池が入り、サポートを受けて 復活したのだから、私も立ち直らなくては!! 金曜日出勤時、バスを降りると写真のような 最賃法の改正を訴えていた。以前に勤めていた... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/05 20:58

<<  2018年8月のブログ記事  >> 

トップへ

のりこの日暮し日記 2018年8月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる