【パソコン不調につき】

6月から新しく派遣社員として官公署の仕事が 始まりました。 母が体調不調になり「そろそろ覚悟かな」 と思ったりしていました。 そんな日々に追い打ちをかけるように、 DELLのWindowsマシンも不調で、 今入院修復中です(>_<) このまま、パソコン無し生活に なるのでしょうか⤵ この記事は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【途方もなく 霧は流れる】

「途方もなく 霧は流れる」 唯川 恵著 新潮社 「バッグをザックに持ち替えて」を読んだ時に、軽井沢を舞台にした 小説を書かれたと言うので標題の本を読みました。 梶木岳夫は大手航空会社で外国から飛行機を輸入する部署に いたのだが或る日リストラ対象になる。 関連の会社への天下りを示唆されるのだが、同僚の宮元から 自分はまだ子…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

【息子と狩猟に】

「息子と狩猟に」 服部 文祥著 新潮社 服部文祥さんは登山家であり、作家であり、月刊の山岳雑誌『岳人』 の編集者として会社勤めもしています。1999年からは、捕って、 食べて、登る "サバイバル登山"という、自給自足の山旅スタイルを 確立。テントなし、時計なし、ライトなし、食料は米と調味料だけを 持って、シカを撃ち、イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【友だち幻想】

「友だち幻想」-人と人とのつながりを考えるー   菅野 仁 ちくまプリマー新書 下重暁子さんの「新書」でウンザリさせられたので (あくまでも個人の感想です!) もう新書版「how ツーもの」はいいや!と思っていました。 5月19日「朝日新聞」 【読書】に 武田砂鉄氏が書いていたので読みました。 武田砂鉄は 10年前の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【君たちはどう生きるか】

君たちはどう生きるか 吉野源三郎著 岩波文庫 昨年、紀伊国屋書店に行った時に軽い驚きを感じました。 文庫本、単行本、漫画本とそれぞれ平積みで出入り口で 山になっていたからです。 一体何故?今? まあブームの火付けの推察はともかく、かつては読んだのか? 読んだとしても忘れているし、読まなくても、吉野源三郎の 名前とタイト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more