【22年目の告白ー私が殺人犯ですー】を観る

放映最終日の前夜に「22年目の告白ー私が殺人犯ですー」を観て来ました。
ドンデン返しがあるのだろうけど、その辺の知識は皆無のままに観ました。
画像

画像

画像

出演者に、好きな俳優がいました。藤原竜也でも、伊藤英明でもありません。仲村トオルです!
原作は浜口倫太郎で、韓国映画のリメイクとも言われていますが。
浜口倫太郎の原作は主役が出版社の担当女性ということで映画とは視点が丸で違うようです。
韓国版はよく判りませんが・・・
映画のサイトだけ観ても、ドンデン返しはまったく想像はつきませんが、面白かったでした。
犯人の時効が、実は成立しなかった。それを見極めた刑事の執念。
犯人が人を殺す動機、親しい人に殺害現場を直視させる意図。トラウマ。
単なる犯人・刑事・被害者の三つ巴だけでは終わらない筋立てに満足です。

今なら「ネタバレ」がネットで出ていますが、もし、DVDを観る予定の人は決して、心して「ネタバレ」を
知らずに観た方が面白いです。


にほんブログ村

この記事へのコメント