【作場平から笠取山・古礼山 2】

【31日】
笠取小屋(5:30)…雁峠(5:50)…古礼山(7:35-7:55)…笠取小屋(9:25-9:45)…ヤブ沢峠(9:55)
作場平P(11:05-11:20)=「のめこい湯」入浴・昼食(12:00-13:40)=圏央道日の出(15:05)=新潟(19:20)

昨日の分岐から雁峠へ進みます。
画像画像

雁峠から雁坂峠までは「燕山(つばくらやま)~古礼山~水晶山」と三つのピークがありますが、
古礼山は丁度中間点に当り、展望も良いので往復します。
画像画像
ミツバツツジ(三葉躑躅) 昨日もありましたが、石楠花が終わると躑躅が盛りになるようです。
稜線の左には富士山も姿を見せています。
画像画像
石楠花は広々した処ではなく、足元の悪い箇所、
石や岩がある箇所に咲いているようです。
画像
古礼山への登り
画像

画像
画像

真南に大菩薩嶺とその少し西に富士山の構図は笠取山とほぼ同じ。
富士山の右側に連なって見えるのは朝霧方面のようですが・・・

石楠花も富士山も見えたし、あとはひたすら下山です。
名残惜しいですがお風呂が待ってます!
画像
雁峠の上から見た笠取山
画像画像
ベンチのある処が雁峠
小屋に戻り、仕度をして下山開始です。
朝食後には挽き立ての豆でモーニング珈琲を入れて下ったご主人は下界では現役で仕事を
持っていて、この二日間は休暇をとって小屋を開けてくれました。
ヤブ沢峠の分岐から沢に沿って登山道となるのですが、真っ直ぐ進むと作場平へ繋がる林道と交わるのです。
ご主人は車で下りて、作業の為に又歩いて山に入って行きました。

今度「水干祭りに来なさいヨ!」と。水干祭りとは5月第3日曜日に集結して地元の人が振舞う
山菜の天ぷらや煮物など無料で頂けます。

奥秩父主脈縦走路は、切れ切れ、細切れで歩き、いつか歩いた軌跡が繋がるかな?!

PS:小屋からの下山時に突然左膝に違和感、痛みが走り、ようやく歩きました。
1日に整形外科へ行き、所謂「水を抜き」ヒアルロン酸の注射をしてもらいました。
月曜日からリハビリの指導を受けます。体重を落とすこと!腿の筋肉をつけること!
そして先生曰く、膝を労わって歩きなさいと!


にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2017年06月04日 21:41
まあ良くこんな遠くまで・・・。お元気だと思ったら、膝に水がですか、私も一度経験しましたが、すっかり治ってしまいました。
この山は東京の水源の山ですから、良く整備されていますね。
2017年06月05日 08:13
インレッド様
遂に!と言う感じです。
膝の故障はいつかは来るだろうとは思っていましたが・・・
少しずつ直して、又、少しずつ山には行きます!
確かに、天下の東京都の水を守る源流ですからね。
整備されています!
でも良い処です!
2017年06月05日 20:21
のりこさん、こんばんは

シャクナゲが綺麗ですね!
のりこさんも行っていた大町の鍬の峰、ここのシャクナゲの
季節を狙っていますが最盛期は難しいですね。
私も何故か判りませんが、最近膝に来ています。
二年前に白馬で転倒、打撲して筋肉内に出血しましたが
今も痺れと足の甲に痛みが残っています。

2017年06月06日 00:22
岳様
私が鍬ノ峰に行った記事の事、覚えていましたか!!
何時だったのかすっかり忘れてしまいました。
ブログ記事は残っていません(ーー;)
写真がUSBに残っていました。
2012年10月で紅葉が綺麗だったことを思い出しました。
下山時に鉄塔巡視路に迷って下りて、??と思い登り返したことも思い出しました。今頃がシャクナゲの身頃なのでしょうね!
行ってみたいですが膝を直さなくては。
岳様も膝に悩みを抱えていらっしゃるのですね。
膝は山を永年歩いてきた中高年は皆抱えているのですね。
nousagi
2017年06月08日 15:18
遠出ですが、泊まりはいいですね。
私は一度しか行ったことがありませんが
なんとなく奥まったところというイメージで
行きにくい山域ですが
ココを登るんか~というあの坂が
またいいんですよね。
膝、私も時々、ずきっとします。
お大事に。
2017年06月08日 19:08
nousagi様
自分が単独で行ってみて、小屋の方の人柄に惚れて、山に惚れて
それで、会の山行で行く。このパターンは昨年の西駒山荘でもそうでした。
東京方面からの人は日帰りが多いし、縦走の健脚者はテント泊が多い処ですね。
nousagi様も、膝がずきっとするとお聞きしると安心しますm(__)m