【丹沢山塊主稜縦走 その1】

丹沢尊仏山荘のみゃ~君に初めて逢ったのは、2013年2月が最初で、2013年5月には西丹沢自然教室から入り、蛾ヶ岳山荘に泊まり、大倉尾根を下りました。
その途中に休憩で寄り、ちらとみゃ~君に逢うことができました。

ついこの前にような気がしていましたが、もう3年が経過していました。

10月、11月は山へ行く気が失せる程の諸事に気持ちが荒んでいると書きましたが。
その内の一つに結論を出して29年5ヶ月勤務した会社を退職しました。
停年を過ぎ、継続雇用になっていたので、自身の都合による退職となります。

ふと、みゃ~君はまだ元気かな?もう高齢のお爺さんだから・・・

電話をすると「生きてますよ!」との返答で、行くことに。

前置きが長くなりましたが、自分単独で行くつもりが、たまたま会山行があり、誘われ、参加しました。

12月2日(金)~3日(土)
今回のコースはヤビツ峠⇒尊仏山荘泊⇒丹沢山⇒西丹沢自然教室 「丹沢山塊主稜縦走」です。 

ヤビツ峠(10:07)…三ノ塔(11:42)…烏尾山(12:42)…行者ヶ岳(13:12)…新大日(14:15)…塔ノ岳(15:12)宿泊

ヤビツ峠から歩くのは初めてでした。
画像画像
標識は旧いのですが「表尾根」の番号が表示されているので、
道迷い、怪我等々の時にはこれを言えば位置が判るのでしょう。
画像画像
  富士がど~~んと!                      遠くに見えるピークの上に微かに見えるのは尊仏山荘

画像画像
   三ノ塔避難小屋                         烏尾山荘
画像
 お地蔵様はクリスマスヴァージョンの編みこみで暖かそうです。
画像画像
    行者ヶ岳を過ぎて出てきた岩場の鎖      


懐かしい尊物山荘に着きました。
画像
      

毎度お馴染みのカレー夕食
画像


夕食前には恒例のミーティング(実は酒盛り?)
缶ビールで乾杯をして、健脚者は担ぎ上げたワインなど、持ち寄りの漬物や酢物等など頂きながら。

画像画像

画像画像
   2013年2月のみゃ~君 まだ元気でした。

今のみゃ~君は痴呆が進み、別棟に居るとのことで、少ししてから若林さんから連れてきてもらいました。
画像画像

画像画像

足元も覚束ないし、視線も定まらない・・・
若林さんが抱っこして、次に抱っこして撮ってもらいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント