【戸神山(会山行)】

4月19日(日) 晴れ
会山行(男7名、女34名 計41名)
戸神山 群馬県桐生市 標高772m

2月7日3月14日
と2回も行って、今日は3回目の本番です。

天気は上々、大勢ですが、元気に新潟を出発しました。

《コースタイム》
新潟駅南口(6:10)=沼田IC=発知ふれあい広場(8:50-9:00)=虚空蔵尊P(9:05-9:10)
・・・林道・鉱山跡コース・・・山頂(10:40-11:40)・・・観音寺(12:07)・・・
発知ふれあい広場(12:20-12:35)=望郷の湯(12:57-14:30)=沼田IC=新潟駅南口(17:10)

発知ふれあい広場で、トイレと身支度をして、又バスに乗り、虚空蔵尊Pへ。

駐車場への入り口にはバスは入れず、その手前、上手い具合にゴミステーションがあり、そこで車から降りて100mほどを歩きます。

新潟では終わってしまった桜が出迎えてくれました。
画像



撮った動物の写真集です。

画像


画像


画像


画像


画像


林道と鉱山跡コースの分岐から、林道コースへ進み、バンビや木の上のアカゲラなどなど見て、分岐に戻ります。
分岐へのショートカットの道には少々メタボのオコジョがいました。

観音寺へ下山した時に、下山側は「お帰りなさい」登る側は「行ってらっしゃい」
この二体のオコジョは背中でくっ付いていて一体のオコジョであり、なお、台座の木も一体なのです。

一人で来た時には発見できなかった動物が、今回はゆっくり、ゆっくり歩きなので、尚且つ大勢の眼がありましたので、発見することが出来ました。

皆さんが童心に返って、「可愛い!!」の歓声を聞くと、良かったなぁ~~と胸をなでおろします。

これだけ大勢の方が期待をもって参加してくれた「戸神山」、私は好きな山になっていても一番の気掛かりは参加者の満足具合です。

鉱山コースの辺りで、山田氏が、私達に追いつき、先に歩いて先導して下さいました。

山田氏は、一番最初に行った時に、動物の作者の山本氏からお友達のブログを2、3教えて頂き、その内のお一人だったのです。

山田氏のブログ山田の山歩きです。

岩場と急登
画像

画像


枝に鈴が・・・
画像


戸神山の標高は772mですが、この鈴の場所が634mだそうで、つまり「スカイツリー」と同じ高さと言う訳です。

この鈴も先回2度とも気づきませんでした。

山田氏から教えて頂きました。

戸神山を愛して、365日、登山者が耐えない、チョッとした遊び心ですね。

画像


岩場通過で、少々もたもたしている私達を上から見守っている山本氏と山田氏。

画像


山頂到着です。

集合記念写真には山本、山田両氏にも入って頂きました。

両氏と一緒に。
画像


20人くらいと聞いていたのですが、余分に持ってきたと言いまして、全員分の「戸神山」の焼印の木札を頂きました。

画像


バス車内で2号車リーダーYさんから持って頂きました。

ゆっくり歩いて来たのですが、私が十二分に時間の余裕を見たので、お昼もタップリ1時間取りました。

上州武尊山を眼前に食べるおにぎりは、過去に行った山への憧憬が膨らみます。
画像


画像

そのお隣は双耳峰の皇海山

画像

三つの名前を持つ表示がある処から下山開始です。

画像

下山してすぐに居る「鷲」
戸神山の守り神のように町並みと遠くの山並をバックに、一番好きな動物です。

画像


先回、一人で高王山まで足を伸ばしましたが、今日は観音寺へ。

画像

画像


こちらのコースは鉱山跡コースをは打って変わり、落葉松のゆるやかなジグザグの道です。
同じ山とは思えない程。

画像


観音寺も桜が迎えてくれました。
画像

画像


画像

童心観音
東日本大震災で福島県沖に流された観音様を救い、縁あってこちらに祀っているのだとか。

発知ふれあい広場まで歩き、白沢高原温泉「望郷の湯」へ
こちらの時間の余裕があったので、タップリと休憩をしました。

次回、4度目の戸神山は周辺の山々が白銀を抱く頃に行きたいなぁ~~

山本さん、山田さんお世話になりました。ありがとうございました。
記事が遅くなりました。

会のHP記事はこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

風花爺さん
2015年05月05日 06:20
参加者41名!
学校の遠足なみですね。
戸神山もこんなに大勢の来訪でビックリしたことでしょう。
しかも圧倒的に女性が多く、もし男神だったら目尻下げたりして・・・
望郷の湯は私も年に数回程度入ります。
露天風呂から赤城山や子持山を目の前にできるのですこぶるいい気分になれます。
そうそう、タイトルの「戸神山桐生市」は「沼田市」ですね。
2015年05月06日 20:35
風花爺さん様
コメントご指摘感謝です。
ここのところ、沼田市、桐生市と交代で立て続けに行っていました。
混同しました(笑)
5日は桐生市へ行って来ました。
大勢で登ることはどうかと言う思いもあるますが、まぁ、他の登山者の方も、高齢者の団体と言うことでお許し頂けました。
この山は里山にも係らず、以外に(?)若者が多く登っているのですね。
2015年05月08日 09:46
さくら満開!、天気も上々!、とてもいい山行日和でなによりでした。
いつも高速を通りながら見ている山が、こうなっているんですね。
戸神山って名は仙台にも山形にもあるけど、いずれも尖った山容です。「尖った=戸神」が由来なんでしょうね。
お疲れさまでした。
2015年05月08日 12:41
山いろいろ様
コメントありがとうございます。
そうですね。
私も関越を走る時には、「尖がり山」を見て「コンンチハ」って言ってます(笑)
山田の山歩き
2015年05月17日 20:24
ようこそ沼田の山にお越しくださいました。
今回戸神山を選んでいただいたとは、さすがにお目が高いですね。
沼田市は尾瀬や谷川岳の入り口ですし、近くに沢山の名山があります。
これからも是非お越しください。
2015年05月18日 08:56
山田の山歩き様
本当に手厚い歓迎をして頂きまして、全員感謝!感謝!です。
私個人としては季節を替えて、晩秋とか節分とか・・・
何度でも訪れたい山です。
新潟県は東西に長いので、群馬県の沼田は非常に近く感じます。
昨日は中之条町へ行って来ました。