産まれた後で 一ヶ月検診

2週間検診を終えて、忙しない日常を送っていました。
私は娘の後方支援と言っても、やはり娘にとっての当面の「母乳」と「ミルク授乳」とのバランス、量、時間等々の悩みは尽きなく、出産経験者とは言っても、自分の頃の状況(私は帝王切開であり、母乳はホンの初期だけで、術後2日はミルクで新生児室で授乳)とは全く異なっているので、その辺の具体的なアドバイスは出来ないのです。

当時は、良いミルクも出始めで、母乳礼賛思考に染まりきってはいなかったような・・・
私が出産した病院は特に(当時は)母子同室では無かったし、が、S病院は、出産直後から母子同室でひたすら母乳をあげて下さい。との助産師さんの指導なのです。

確かに、授乳後の赤ちゃんの体重増加(80gくらい)では母乳は十分足りていますよ、と言われても、大きく産まれているコースケにとっては、3時間など待たずに「欲しい、欲しいコール」で全身をバタつかせて泣きじゃくります。
頻回授乳になると、母体が疲れてしまいます。

そんな、こんなの納得でミルクとの混合授乳に切り替えてからは、ミルク作り、ミルク授乳は母親でなくても出来るようになり、授乳感覚もあき、母乳とミルクの二本立てで落ち着きました。

そうこうしている内には、早、一ヶ月検診の日がきました。

当初では27日の予定だったのですが、24日に埼玉へ帰ることにしたので、早めて20日に検診に行ってきました。

2週間検診は「母乳」の様子を助産師さんから診て頂くだけだったのですが、一ヶ月検診では母体の回復と赤ちゃんの色々な検査等もあり、結構時間もかかりました。
幸いに、この日もお天気で、良かった!!

出産時:3960g 52cm
5月20日:4620g 57cm 胸囲+1cm

太りすぎでもなく、身長、体重共、許容範囲の中に納まっているとのこと。
特に身長は伸びました。
時々、手を上に上げ、足を踏ん張り、ウ~~ンと唸っていたコーチャン、そんな時には身長がグイグイと伸びていたのでしょう!

まぁ、パパが身長が高いので、大きくはなるのでしょう!

コースケ君スナップ

9日 パパから爪を切ってもらっています。
今の処、コースケの爪を切れるのはパパだけです。
画像


10日 沐浴後に
画像


握手しているのは私の手
画像


11日 毎日でも撮りたいバババカ!
画像


12日 平日は沐浴後しか撮れない
画像


14日 ミルクとの混合の為、体重を計測するためにレンタルしてきたヘルスメーターに乗ってご機嫌のコースケ
画像


17日 ミルクを今日は、ヒイババから
画像


カメラ目線?
画像


こんな表情の時って一体、何を考えてるのかなあ~なんて思ってしまいます。
画像


20日 さて一ヶ月検診にこれからおでかけです。
画像


21日 沐浴後
画像


23日 いよいよ明日はコースケの帰る日です。
画像


24日
少し、顔に乳児湿疹が出てきました。
アイスクリームやチーズ系の食べ物を控えることにしました。
画像


ママに抱っこされて、もうすぐお別れ~~
画像


12:17 チャイルドシートに座ったコースケを撮った瞬間に涙が出てきました。
産まれてきて僅かひと月、でも随分と大きくなり、顔つきも成長しました。
オムツを替えながら、「ハイ、アンヨ 伸び伸び~~」と言うと脚を真っ直ぐ伸ばしてくれる、替えながら、ウンチをしたり、オシッコを手に掛けられたり・・・
これからの一日、一日の成長がもう見られないのかと思うと、寂しくなり、でも仕方ありません。

コーちゃん、さよなら!!
画像


これで、私のコースケ写真は最後です。

翌日に娘から携帯にコースケの写真が送られてきました。

埼玉で、元気にしてるかな!

この記事へのコメント

輝ジィ~ジ
2009年05月28日 06:23
お疲れさん
こりゃ大変だ!先が思いやられるババぶり…
これからはたまにしかあえないから尚更良いのだよ。

赤鬼
2009年05月28日 06:36
コースケ君が帰って寂しいだろう。でも孫はたまに会うほうが可愛いよ。さあ、トレーニング開始しなきゃ。
2009年05月28日 18:25
寂しくなりましたね。
まぁ、いつまでも一緒にいられわけじゃないから、仕方ないですね。早く忘れる為には山に行きましょう。
2009年05月29日 04:36
輝様
早速のコメントいつもありがとうございます。
ババネタも今日で最後です。
これからは「大人」の話題で(笑)
2009年05月29日 04:39
赤鬼様
大人のひと月は変わりないけど、産まれた赤ん坊のひと月は本当に一日、一日が変化、成長でした。
ネットでついオモチャや服を眺めているバババカの自分がいます((^_^;))
でも、気持ちを切り替えねば!!
飯豊も朝日も待ってるぞ!
今年も、小国町や飯豊町主催の山開きなどに行きたく、情報を得ています。
それよか、歩けるのか?心配です・・・
2009年05月29日 04:42
山様
もうすぐ、私の気持ちが分かりますね(^-^)
娘さんの子供は、息子の嫁さんの時とは違って、産まれたすぐから身近に見ていくので、可愛さも一入ですよ。
2009年06月02日 23:02
「ババ馬鹿ぶり」・、しっかり読ませて頂きました。

あっし・・只今、3人の孫に恵まれておりますが・・、「バアバの心境」・・、逐一、理解出来ます。  楽しかった、日々と、お別れの辛さ・・。

あっしも、ロンドンから、孫に別れを告げて、空港へ向かう、タクシーに、乗った途端、思いも掛けず、「涙、ボロボロ」・・状態になりました・・。

でも・・、同じ、「日本」・・にいるんでしょ??

今は・・ネットで、写真も、ドンドン、送られる時代ですからね。 又の再会を、楽しみに!!

元気出してね!!!   (o^-^o)
2009年06月03日 02:39
師匠様
訪問ありがとうございます。
そうですね、孫の可愛さって持ってみなければ実感できませんね。
女性の場合の可愛さって男の人とは一味違うと思うのです。それは自分が娘を産んだ頃を思い出させるからで。ロンドンまでお孫さんに会いに!
そうです。私の場合は、前は松山でしたが、転勤で今は埼玉なので、関越道、一走りです\(^o^)/
2009年06月03日 16:42
娘一家は、昨年、帰国して来て、今は世田谷に住んでいます。 息子一家は歩いて3分の所。

本当に、幸せです。

特に、息子一家は、嫁さんの意見で、「お父さん、お母さんの家のそばに住もう!」・と言う意見から、近所に住む事になったのです。 お涙ものです。
2009年06月04日 05:42
師匠様
子供から見たら「親」親からみたら「子供達」は同居ではなくて、近所に住むことが一番の理想ですよね!
何かあればすぐさま駆けつけられる、師匠様は幸せですね!