のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【白馬八方尾根】へ行く その1

<<   作成日時 : 2017/08/22 12:17   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

8月20日(日)〜21日(月)  曇り&晴れ 【白馬八方⇔唐松岳頂上山荘】 同行者1名

八方唐松尾根は五竜岳への通過地点で昨年行きました。
山仲間である友人が八方尾根の花を愛で、頂上山荘に是非一度行ってみたいとのことで
ゆっくりと白馬八方尾根 花トレッキングに行って来ました。

20日(日) 曇り
新潟西IC(5:00)=糸魚川IC=白馬八方P(8:40)≒ゴンドラ・リフト 八方池山荘(9:20)
…八方池ケルン…第3ケルン・昼食(10:55-11:50)…扇雪渓(12:40-13:00)…唐松岳頂上山荘(14:40)
21日(月) 曇り後晴れ
唐松岳頂上山荘(7:05)…ゴンドラ乗り場(10:45)≒白馬八方P=みみずくの湯=新潟
画像

八方尾根は北アルプス(飛騨山脈)の北に位置し、白馬連峰の唐松尾根から四方八方に
尾根が延びていることから八方尾根と名づけられたそうです。
ゴンドラ・リフトを乗り継げば標高1830mの八方池山荘に着く。
蛇紋岩の尾根を登って行くと八方池まではトレッキング感覚で気軽に展望・花など楽しめる。
その日の内に五竜山荘まで行かねばならない昨年はそんな余裕はありませんでした。
ポイント、ポイントのケルンで、後続の友人を待ち、花があればカメラを向けて行きます。
ただ、周辺はガスっていて展望は得られません。が時折ガスが切れ、白馬三山など見えるのですが・・・
画像

画像

画像画像
数少ないダケカンバの木々
早めにお昼を食べて、扇雪渓ではりんごを食べ休憩します。
画像
画像
雪渓を上から見る。
唐松岳頂上山荘に着きました。
画像

同行者はまだまだ着かないので、受付をして着替えをして一足先に
唐松岳と生ビールで乾杯\(^o^)/ジョッキではなく、紙コップですが、泡が細かくて美味しかったでした。
画像

画像
夕食は18時からで第二陣。ご飯も味噌汁もプラスティックのお椀です。
カレーの方が良かったなぁ〜
山荘前からは唐松岳を始め、剱岳、立山三山、五竜岳等は雲が掛かったり、時折姿を見せたりです。
雲間から剱岳
画像

画像
剱岳の左に立山三山。精一杯のズームで。
画像
雲間からのシャッターチャンスを山荘前で待ち構える人々。
私も外でカメラを持ってますが・・・
外は寒いので、食事が終わった食堂で、ワインを飲みながら\(^o^)/まどから眺めます。
画像

画像
剱岳と立山三山
画像
実は食堂から撮ったのです。
部屋は女性専用で細長い二段の蚕棚で、階下の枕9個並んだ処に5人で余裕でした。
その2へ

にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
雲間の白馬岳、霧にけぶる下の樺、夕景の剣岳みんなステキですね。
しゃくなげいろ
2017/08/23 00:14
しゃくなげいろ様
山の展望は早朝か夕刻がベストですよね。
急いで下山しなくても良い小屋泊まりならではですね。
のりこ
2017/08/23 08:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
【白馬八方尾根】へ行く その1 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる