のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【月山】へ行く

<<   作成日時 : 2017/08/19 00:51   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

8月17日(木) 【月山 羽黒山口コース】 くもり後一時霧雨  単独
毎日、日本気象協会の予報とスマホの「登山天気」を見つめては溜息をつく日々です。
群馬県境が雨なら東北は?と・・・
そうだ!月山があるじゃないか!
直近で2007年10月7日に紅葉目掛けて、姥沢からリフトに乗って行きました。
初めて行ったのは1996年9月に羽黒山口コースからでした。
自宅を5時少し前に出て、下道R7をひたすら北上して鶴岡市に入り、月山ビジターセンターで右折して
1合目からジグザグに登り、月山弥陀ヶ原8合目には9時前に着きました。
お盆休みは終り、平日とあって駐車場は登山口に近い処から埋まっていますが、結構空いています。
本日の登山日和はBですが、雲間からは陽も射して良い感じです。
画像
白い線は往きに電池残量が少なくなり直線になった為、消したものです。
画像
歩き始めると、次第に眼下、周辺はガスに包まれました。少し涼風もあり、快適です。
画像
画像
ハクサンフウロ
画像
画像
ミヤマウツボグサ
画像
ミヤマホタルイ   赤いのは?
画像
ナンブタカネアザミ
画像
キオン
画像
アキノキリンソウ
画像
ヤマハハコ
画像
ミヤマシシウド
画像
コバギボウシ(小葉擬宝珠)
画像
ハクサンシャジン
画像
ゼンテイカ
画像
イワカガミ
画像
画像
ハクサンイチゲ
画像
チングルマ
画像
ミヤマダイモンジソウ
画像
ミヤマリンドウ
画像
アカバナトウチソウ(赤花唐打草)
画像
振り返ると仏生池小屋と雪が残っている行者ヶ原
画像
眼前には山頂方面
画像
画像
                        
500円を払ってお払いをしてもらい登拝認定証とお守りを頂きました。
人形では特に左膝を念を入れてこすりました!
月山頂上小屋ではオレンジジュースを買い、外は寒くて雨具を着込み、ガスってきたので
下りに備えて雨具のズボンも履きました。
花をベタベタ貼りましたが、まだまだ撮った写真もありました。
下山は仏生池小屋までは霧雨状の雨で、それから下は降らないで、駐車場に着くと又少し降っていました。
急に思い立ったようにして出かけた月山ですが、確かに良い山でした。
帰路は朝日まほろばから高速に乗って帰りました。


にほんブログ村


にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
流石に月山は花の山ですね。膝の仕上がり順調の様で良かった良かった。人形によくすり込んだからきっとよくなりますよ。「痛いの痛いの飛んでKー」
しゃくなげいろ
2017/08/19 06:01
しゃくなげいろ様
仰せの通り、神頼みがしたくて登ったのかもしれませんね(笑)
膝は宥め、騙し、言うことを効かせています(~_~;)
のりこ
2017/08/19 08:37
ここは芥川賞作家の森 敦さんの小説月山を読んでから登ったので、印象の強い山登りになりました。姥沢で車中泊して登ったのですが、風が強く吹いていて隣の木が倒れそうなくらいの夜でした。やっぱりここは「吹きの山」だなーと思いました。夕方にいぶし銀に輝く、残雪の月山を遠くから見て、まさしく月山だとも思いました
インレッド
2017/08/20 13:56
森敦「月山」は懐かしいですね。昔確かに読みましたがすっかり忘却のかなたです。久し振りに手にしたくなりました。
山が舞台の小説を一時期良く読みました。
山がもたらす自然の脅威が人の心にも深く染み入るのですね。
のりこ
2017/08/21 21:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
【月山】へ行く のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる