のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【夜空はいつでも最高密度の青色だ】を観る

<<   作成日時 : 2017/07/23 04:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、最果タヒさんの「夜空はいつでも最高密度の青色だ」詩集を読んで是非映画も観たいと思っていたので観ました。
石井裕也監督は「舟を編む」を観ました。これは監督に惹かれて観た訳ではなく、原作を読んでいて
興味を抱いたので観たのですが、今後は石井監督を意識しましょう。
画像

原作があり、それを忠実に映像化するのも監督の技量でしょうが、映画を創るという原点からオリジナルの
脚本を起こし映画を創る監督と言えば是枝 裕和氏を思い起こしますが、石井監督の詩集から映画を
起こすことにも興味が沸きました。
画像

看護師として病院に勤務する美香(石橋静河)は女子寮で一人暮らし。
日々患者の死に囲まれる仕事 と折り合いをつけながら、夜、街を自転車で駆け抜け向かうのは
ガールズバーのアルバイト。作り笑いとため息。美香の孤独と虚しさは簡単に埋まるものではない。
建設現場で日雇いとして働く慎二(池松壮亮)は古いアパートで一人暮らし。
左目がほとんど見えない。年上の同僚・智之(松田龍平)や中年の岩下(田中哲司)、
出稼ぎフィリピン人のアンドレス(ポー ル・マグサリン)と、何となくいつも一緒にいるが、
漠然とした不安が慎二の胸から消えることはない。
画像

ある日、慎二は智之たちと入ったガールズバーで、美香と出会った。
美香から電話番号を聞き出そう とする智之。無意味な言葉を喋り続ける慎二。
作り笑いの美香。 店を出た美香は、深夜の渋谷の雑踏の中で、歩いて帰る慎二を見つける。
建設現場。突然智之が倒れ、そのまま帰らぬ人となった。葬儀場で二人は再会する。
言葉にできない感情に黙る慎二と、沈黙に耐えられず喋り続ける美香。
「俺にできることがあれば何でも言ってくれ」と慎二が言うと、美香は「死ねばいいのに」と悲しそうな顔をした。
過酷な労働を続ける慎二は、ある日建設現場で怪我をする。治療で病院に行くと、看護師として働く美香がいた。「また会えないか」と慎二が言うと、美香は「まぁ、メールアドレスだけなら教えてもいいけど」と答える。
画像


夜、慎二は空を見上げる。
「携帯、9,700円。ガス代、3,261円。電気、2,386円。家賃 65,000円、シリア、テロリズム、
食費 25,000円、ガールズバー 18,000円、震災、トモユキが死んだ、イラクで56人死んだ、
薬害エイズ訴訟、制汗スプレー 750円、安保法案、少子高齢化......、会いたい」
新宿。二人は歩く。
画像

慎二の働く仲間たち一人々も不安定な中での生活。
美香は母が私(と妹)を捨てて自殺したことに、拘る。
若いからと言って、スマートでもリッチでも無い。
慎二の見えない左目は何が原因なのか?
世の中半分見えないくらいが丁度良い!
常套句や紋切り型の科白ばかりが流れる街で、不器用な言葉を交わして行く慎二と美香。
慎二たちは言う。東京オリンピックが終われば仕事は無くなるサ!


にほんブログ村


夜空はいつでも最高密度の青色だ
リトル・モア
最果 タヒ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夜空はいつでも最高密度の青色だ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【夜空はいつでも最高密度の青色だ】を観る のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる