のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【結局、人は顔がすべて】&【わたしは、ダニエル・ブレイク】

<<   作成日時 : 2017/05/13 03:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

BS日テレで放送された「夜の本の虫 久米書店」
2月に放送された「結局、人は顔がすべて」を観て、ようやく読んでみました。
その前には「人は見た目が9割」を読んでいたので、更に突っ込んで何か得られるかな?という期待を抱いて。
画像

竹内一郎さんは劇作家、演出家、大学教授であるので、まずは、俳優を取り上げ
美男美女について語っているのですが、誰もが納得している「美人の女優」は誰もが
チヤホヤするので、性格の良い人、努力する人はいない、と。
私は、自分は顔も、身長もコンプレックスの塊りなのですが、だからこうしたタイトルの新書にはついつい
魔が差して(?)手に取ってみるのでしょう。
結論は結局、詰まらないということ。何も得るものは無い!
書店に行くと、新書コーナーが文庫コーナーに負けないくらいに多く陳列されていますね。
新書、エッセイは当たり外れが大きくて、外れを読んでしまった後は後味が悪い!

図書館等出かける用があったので、空き時間に映画を観てきました。
わたしは、ダニエル・ブレイク
わたしは、ダニエル・ブレイク
内容はサイトを見れば分かると思いますが、後半は涙がジ〜〜ンと滲みました。
先日観た「ティエリー・トグルドーの憂鬱」にも、静かで、深い想いが残ったのですが、
個人、一人一人の事情は、行政の枠に嵌められるとがんじがらめにさせられてしまう現状が描き出されている。
心臓発作で倒れて仕事に就くことを禁止されたので、手当てを申請に行くと、簡単な検査を受けて「就労可能」なので、支援は受けられないと言われる。新しい仕事に就く為の就職活動の実績が無いと「就労までの支援」も受けられないと言う。永年の大工の実績を履歴書で見た事業所から是非、来てくれと言われても、実際は心臓の病を抱えているので就職する訳には行かない。
こうした深刻な内容の映画は日本での製作だと、後半のアット驚く展開は有り得ないでしょうね!
ダニエル役のデイヴ・ジョーンズは派手さはないけど、やはり上手い俳優です。

突然気付くと、庭に植えた覚えのない花が・・・
何処かから飛んできたのか?鳥が落としたのか?
いわゆる雑草なのか?
画像

雑草と言う名の花は無いでしょうが、ともあれ、見た目には白くて綺麗です。
抜いても抜いてもしつこくスズランも咲いています。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


結局、人は顔がすべて (朝日新書)
朝日新聞出版
2016-12-13
竹内一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 結局、人は顔がすべて (朝日新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【結局、人は顔がすべて】&【わたしは、ダニエル・ブレイク】 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる