のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【花見山〜鹿返し】

<<   作成日時 : 2017/04/13 23:31   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

4月10日(月) 晴れ 会山行 「花見山〜鹿返し」

「花見山」で検索すると福島県の花見山がヒットします。
新潟県五泉市の花見山は??
五泉市のHPには「小山田彼岸桜」が紹介されていて、此処から登り「大谷山」…「鹿返し道」と歩くコースを花見山と言っているようです。
画像

馬下保養センターでトイレを借りて行きました。
駐車場には
画像
画像

画像
画像
小山田彼岸桜はまだ咲いていません。
少し登ると最初の休憩地 東屋があります。
トレッキングとしての「小山田彼岸桜コース」はこの東屋を周回して歩くコースなのですが、実は14日に又来ます。
事前のリーダーの下見では残雪があり、泥濘もあるので、長靴でも良いかもしれませんとメールが入ったので、
私も長靴にしました。
思いのほか急坂で、鉄塔に辿り着く度に休憩となりました。
画像

後を振り返ると五泉市の田園地帯と緩やかに蛇行して流れる阿賀野川が見えます。
画像

菱ケ岳の麓で、土が露わになっているのは砂・土の採取の跡だそうです。
安田瓦の材料にしたとのことですが・・・
画像

雪が出てきました。
見上げるとまだまだ雪に覆われた飯豊連峰が菱ケ岳の後に聳えています。
画像
画像

此処が大谷山のピーク、地図で丸印が付いている処です。
画像

鹿返の峰・鹿返道  此処でお昼です。
画像
画像

飯豊連峰を横目で眺めながら緩やかに雪道の下山です。
画像

次第に雪が少なくなってくると急坂は泥濘、滑りやすくなり、ステ〜〜ンと尻餅を付いた声も聞こえます。
残雪期、春の里山はこの泥濘は付き物で、要注意ですが・・・
最後の鉄塔で、ホット一安心の休憩をします。
画像

画像

里へ着くと少しですが桜が咲いていました。
磐越線の線路を越えて待っていると電車がトンネルを抜けて走ってきました。
画像
画像
画像

電車に乗っている人がよく見ると手を振っていました。
本日出逢った花たち
画像画像

画像画像

画像画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【花見山〜鹿返し】 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる