のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【鍵のない夢を見る】

<<   作成日時 : 2017/04/29 00:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

「鍵のない夢を見る」  辻村深月 

先日読み終えた「ツナグ」の読書会が19日ありました。

この図書館での読書会は課題図書によって参加人数が変わる。
固定の参加者は60代以上の人が多い。
辻村深月は若い人には人気があるとみえて、若い女性が始めての参加で3人ほどいました。

辻村深月は 2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞してから
2011年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞受賞
何回かの候補の後に2012年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞受賞。
なので、せっかくだからその「鍵のない夢を見る」を読んでみようと図書館から借りました。
画像


昨年『ツナグ』で吉川英治文学新人賞を受賞、また、著作が相次いで映像作品化されるなど、最注目の若手作家・辻村深月さん(32)が最新短篇集『鍵のない夢を見る』を上梓した。
「新聞やテレビのニュースで大きく取り上げられることのない“町の事件”を扱う短篇集にしようと、はじめに決めました」
たとえば、「美弥谷団地の逃亡者」。処女を卒業したいばかりに出会い系サイトを使うようになった浅沼美衣(みえ)は、やがてそこで、相田みつを好きの陽次と知り合い、付き合い始める。だが、陽次はDV男だった。それでも、「幸せは自分の心が決める」と、交際を止めない美衣。エスカレートする行為についに警察に駆け込んだ時には、引き返すにはすでに遅く、美衣には大きな悲劇が訪れる。
その他にも、盗みを繰り返してしまう主婦(「仁志野町の泥棒」)、放火に手を染める消防団員(「石蕗(つわぶき)南地区の放火」)など、本書に収録された五篇に登場するのは、平凡な人々の起こすありふれた事件と、それに翻弄されてしまう5人の女性主人公たちだ。
「ごく普通の人に、魔が差す瞬間、踏み外す瞬間が訪れて、事件を起こしてしまう。掲載順に沿って深刻度は増していきますが、どの事件も、私たちから遠いことではないと思います。読者の誰にだって、同じような場面に立たされる可能性がある」
男性にちやほやされたい、昔の恋人にもう一度会いたい、大変な育児から解放されたい――誰にもあるささやかな望み。主人公たちの心を囚え、転落へ導く欲望の肥大の動きを作家はじっくりと描く。その筆致が日常に潜む恐怖を際立たせる。各篇のラストシーンの不穏さも相まって、本書は辻村深月の新境地といって過言ではない。

                                                    週刊文春WEBより

個人的には最後の短編「君本家の誘拐」が一番面白かった。
ショッピングモールでヘヤゴムを買おうとして、でも棚に戻した時にふと脇を見ると
いつもいつも一緒に自分の脇にあるベビーカーが10ヶ月の咲良(さくら)を乗せたまま無い。
あわてて、モール内の担当者に連絡をして探してもらう。
こんな時に限って、携帯を入れたバッグを自宅に忘れてしまっている。
君本良枝は結婚して妊娠、産休を取り、何より咲良が可愛いと思っていることが実は
重荷になっているのだろうか?
良枝は自分で認めたくないストレスに縛られているのではないのか?
自宅に急いで戻り携帯の入っているバッグを取ろうとすると、何とベビーベッドに咲良はすやすや眠っている。
そうだ、私は財布だけ抱えて咲良を置いて出かけたのだ。
急いでベビーカーに乗せ、ショッピングモールに戻ると、男子便所の前にベビーカーを置き、
探している担当者がいる処へ戻る。すぐに、トイレ前に置かれたベビーカーは発見される。

若い女性に作品が支持される理由は納得出来るような気がする。
湊かなえのような復讐や殺人がこれでもか!これでもか!と書く「イヤミス」作家とは
異なり、犯罪等が書かれても登場人物に寄り添った気持ちが伝わってくる。
でも、もっと読みたい作家、作品が手に取れずにいた時期が長くありました。
読書会の課題図書もそろそろ・・・かな?

図書館の1階の自習室の角にあった「消しカス専用ゴミ箱」
ふくろうの後には小さいホーキとチリトリがセットになっているのが置かれている。
画像



にほんブログ村

鍵のない夢を見る
文藝春秋
辻村 深月

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 鍵のない夢を見る の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【鍵のない夢を見る】 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる