のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【櫛形山脈縦走】

<<   作成日時 : 2017/04/28 13:41   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

4月22日(土) 晴れ 【櫛形山脈縦走】  会山行

日本一小さな山脈として有名な「櫛形山脈縦走」は、私が山の会に入った時からの人気山行でした。
縦走はなかなか個人では実施し難いので、入会時からよく参加していました。
実施時期が桜の開花に照準を合わせているので、「桜公園」に下山すると、見事な桜に疲れも
飛んでしまうのです。ここ数十年は参加していなかったのですが久しぶりに参加しました。

ここ数ヶ月の山行は「晴れ」で、本日も晴れです。
参加人数は驚くほどの人数で大型バスで56名でした。

胎内観音登山口…鳥坂山…飯角分岐…櫛形山…大峰山…願文山…桜公園
私が参加していた頃はマイカーで現地集合で、下山口にマイカーを数台置いて縦走してものでした。
昨今は参加者も50名を越す大所帯で、大型バスでの移動となりました。
会山行ですと、前を歩く人との間を空ける訳にはいけないので、自然とカメラのスイッチは
差し控えてしまいます。無事歩き通すことが一番です。
山の縦走は何度も体験していてもまともに「越後胎内観音像」はまともに拝んだことが無いので、
いつか個人で櫛形山を訪れた機会に拝顔しましょう。
出発前に見上げて
画像

歩きながら撮ったタムシバ(田虫葉)
画像
コブシとタムシバの違いはコブシは花のすぐ下に黄緑色の1枚葉が付いているそうで、これはタムシバです。
下赤谷城址・板額峰
グルリと廻ってみましたが、標識らしきものが分からず石積みだけ撮りました。
画像

鳥坂山(とっさかやま)到着です。
画像

画像画像
胎内市・新発田市が発行している「櫛形山脈」地図を見ると縦走路には随所に登山口があり、
その分岐の標識が出てきます。
画像
山は新緑が始まっています。
画像
ツツジと新緑
画像
飯角口と書いてありますが「飯角分岐」で昼食
稜線から望む飯豊連峰方面
画像

櫛形山までは稜線の景色を眺めながらの歩きで、程なく「櫛形山 568m」到着です。
画像
中条町のままの標識
此処からは飯豊連峰、二王子岳方面の山々が望めます。
画像

画像

関沢登山口へ下りると直に櫛形山へ辿り着けるのです。
画像

山頂からの展望
画像

橅林の中を一直線に歩く
画像

櫛形山まで来ると中間地点を越えて、後半部分になります。
「法印漠分岐」があったのですが、標識撮り忘れです。
この分岐からも道はあるようですが、登山口にはPのマークが無いので駐車スペースは無いのでしょうか?
一ノ沢川に沿っての道で、法印漠と言う滝があるようです。
ぐっと標高が下がって大峰山に到着です。
画像

山頂から10分程で小屋のある分岐へ着きます。
画像

画像

此処から大峰山登山口を経て、寺沢林道を経て桜公園へ行く道と願文山を経て桜公園へ
行く道とに分かれます。各人の疲れ具合で進みます。
願文山へは疲れた体にはアップダウンが堪えますが歩いてみるとそれ程でもありません。
林道歩きよりは早く桜公園に着きました。
桜公園の桜たち
画像
八重紅虎の尾
画像
紅豊
画像
関山
出逢えた花の一部
ナガハシスミレ(長嘴菫)
画像

オオバキスミレ(大葉黄菫)
画像

イワウチワ(岩団扇)
画像

カタクリ(片栗)
画像


久しぶりの「櫛形山脈縦走」でした。
晴天に恵まれて良かった!!


にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【櫛形山脈縦走】 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる