のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 四季の森星野&出流山満願寺

<<   作成日時 : 2017/03/06 01:40   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2月27日(月) 晴れ 栃木県四季の里星野&出流山満願寺 会山行

昨年3月節分草が見たくて、埼玉県小鹿野市へ行きました。
節分草はその名の通り、節分の時期に咲くので、その名が付き、雪割草の前に楽しめる花です。
画像
昨年撮影
好きで、あちこちでこの花を使っています。

可憐な花は人気が高く、現在は、乱獲や自生地の環境破壊によって希少植物になっている。節分草の自生地として有名な場所は、埼玉県小鹿野町、栃木県栃木市(星野の里)、広島県庄原市(総領地域)などがある。 関東地方以西に分布し、石灰岩地域に多く見られる。【Wikipedia】

小鹿野市へは今年も又行きたいと思っていたのですが、平日にトレッキング山行があり参加して来ました。
関東以西でしか見られなく、北限が栃木県の星野と言うことです。
「気品」「ほほえみ」「光輝」「人間嫌い」が花言葉だそうで、最後に「人間嫌い」とあるのは、
生き永らえる為に、人間を排除したい節分草のかすかな叫びのようです。
准絶滅危惧種に指定され、自生地では乱獲等で数が減っていくのでしょうね。

ロープで自生地を守り、保護しなければならず、この星野では私有地と言うこともあり、
個人で管理・保護されているようです。

画像
画像
蝋梅
画像
満作     
画像
ミツマタ蕾                    
画像
画像
画像

山野で自然に咲いていて、花に出会えたという体験が昨今は無理で、それは人間による乱獲、動物による食害
等々で、やはり群生地、自生地として保護されていないと無理なのですね。
節分草を撮るには同じ視線になるため、こちらも這い蹲って取ります。

画像
赤紫は変種と言うことで、管理しているおばさんが撮った方が良いと教えてくれました。
画像
画像
福寿草も春の陽を受けて輝いています

画像
 紫陽花や帷子どきのうす浅黄    「野ざらし紀行」に出かける前に詠んだ句 
充分に花や木々を眺めた後は歩いて星野遺跡公園へ行きお昼を食べます。
3軒の遺跡がありました。
画像
画像
画像

バスで移動して出流山満願寺へ向かいます。
パワースポットと言う言葉、言い方、考え方には深い興味はなく、観光地化した寺院などがケバケバしく旗が
立てられたり、みやげ物屋が軒を連ねるのは好きではありません。

まぁ、そんな気持ちは表面には出さずに本堂、そして奥之院へと向かいます。
画像

大悲の滝までは緩やかな杉林の道を歩きます。
画像

滝行はレンタルの行衣もあり、一般の人でも体験できるそうです。
雪が少ない所為でしょうか?水量は多くないので、やる気になれば出来るのでしょう。
着替え、休憩の小屋もありました。

奥之院は高さ四米余りで、天平の住古、下野の国司、若田氏高卿の奥方が、子宝に恵まれなかったのを嘆かれて、この奥之院に籠り折念して授かった一子が後の勝道上人です。上人は当山を開山されるとともに、彼の日光山の開祖と仰がれる大徳で、この因縁から、奥之院の十一面観世音は子授け、子育ての観音として信仰されています。
 奥之院へは、大悲の滝から石段を登ること百余段で奥之院の拝殿に入ります。この拝殿が鍾乳洞の入口になっており、中に鍾乳石で自然に出来た十一面観世音菩薩の後ろ姿のご尊像が拝されています。
 大悲の滝には、満願寺の本堂の奥にある山道より約1km歩いたところにあります。山道はとても緑豊かで、まわりには秋海棠が咲いてます。御詠歌が山道の数メートルおきに立っていたりと、飽きさせない山道となっています。

画像
画像

最上階の赤い場所の奥に鍾乳石で自然に出来た十一面観世音菩薩の後ろ姿のご尊像があると言うのです。
画像

頭を低くして一歩だけ中に入ることができます。

もし個人で節分草を見ることが目的で来るのなら、満願寺はパスして「三峰山」を登ってみたい。
「栃木百名山」でもある。「御嶽山信仰」の山でもあるようです。
今回はトレッキング山行だったし、グレードも一番低いクラスだったので、たとえ605mでも山歩きは
無理だったので省いたのでしょう。

花を見るには良い日よりでした。

にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
セツブンソウは上品ですね。一度本物をじっくり見て見たいです。
しゃくなげいろ
2017/03/07 11:03
本日はお世話様でした。
セツブンソウはどの花よりも早く咲くので、毎年でも見たくなりますね。
守られて、保護されている処にしか咲いていないようですね。
是非、機会を得て、逢いに行って下さい。
のりこ
2017/03/07 19:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
四季の森星野&出流山満願寺 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる