のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 雛と映画

<<   作成日時 : 2017/03/05 03:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

24日 友人から飾ってある雛を見にきませんか?と誘いがあり仲間のTさんも少しの時間を
融通してIさん宅へ。

まず出迎えてくれたのは
画像

羽子板はお手製。着物は作ってもらったとか。
画像


お花を活けて、手作りのお雛様に古布の縮緬を着せて・・・
こうした趣味は私には皆無だ。
こうした趣味を楽しむ、余裕と風流には欠けている。

一旦、彼女の家を辞し、午後から映画館へ。
読書会の人からお薦めのあったもう1本の映画「スノーデン」を観ました。
24日、本日が最終日です。
画像

画像
画像

難しいことは、例によって知りませんが、これが実話であって、世界を震撼させた事実と思うと感極まります。
画像

図書館から「スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実」を借りてきました。

衝撃的なノンフィクション作品だ。「事実は小説より奇なり」ということわざが、そのままあてはまる。同時に、人間を描いた作品としても優れている。
              ──佐藤優氏(作家・元外務省主任分析官)
全世界のメール、SNS、通話は米国NSA(国家安全保障局)の監視下にあった──。
エドワード・スノーデンは、歴史上類を見ない内部告発者である。世界最強ともいえる情報組織NSA(米国国家安全保障局)のトップシークレットを大量に持ち出し、メディアを通じて世間に公表した。
スノーデンが情報リーク先に選んだ『ガーディアン』紙が、本書でその一部始終を明らかにする。スノーデンが明らかにした衝撃の事実の数々と、リーク情報の公表を阻むためにさまざまな圧力をかける米英の政府・情報機関とメディアとの凄まじい攻防も読みどころ。
スノーデンから得た情報をもとにした米国政府の情報収集に関する報道で、『ガーディアン』は『ワシントン・ポスト』とともに、2014年のピュリッツァー賞(公益部門)を獲得した。
ルーク・ハーディング Luke Harding
ジャーナリスト、作家、『ガーディアン』海外特派員。デリー、ベルリン、モスクワに勤務し、アフガニスタン、イラク、リビア、シリアの紛争も取材。2007年から2011年まで『ガーディアン』モスクワ支局長。冷戦後初となる国外追放処分をロシア政府から受けた。
ノンフィクションの著書が3冊ある。The Liar: The Fall of Jonathan Aitken(オーウェル賞候補作)とWikiLeaks: Inside Julian Assange’s War on Secrecy(邦題『ウィキリークス アサンジの戦争』)は、いずれもデヴィッド・リーとの共著。
Mafia State: How One Reporter Became an Enemy of the BrutalNew Russia は2011年に刊行された。著書は13カ国語に翻訳されている。
妻のフィービー・タプリン(フリージャーナリスト)、2 人の子どもとハートフォードシャーに住む。
三木 俊哉 Toshiya Miki
1961年、兵庫県生まれ。京都大学法学部卒業。企業勤務をへて、主に産業翻訳に従事。訳書に、『世界はひとつの教室』(ダイヤモンド社)、『ヘッジファンド−投資家たちの野望と興亡』(楽工社)、『完全網羅 起業成功マニュアル』(海と月社)などがある。
【日経BP書店より】
スノーデンが書いたものと思いましたら、違っていました。
本には本物のスノーデンの写真がありましたが、映画のスノーデンとそっくりでした!!
似た人を選んだのでしょうね。
読み始めましたが、映画を観た後と言うこともあり、本の内容は難しくて、途中挫折で返却しました。
「読みたい本」「読まねばならない本」が10本の指では足りずに、時間の使い方も下手糞で、下らないTV等で
時間を潰すこともあり、おまけに遅読なので、ジレンマとの闘いの日々です。

日を改めて観た映画「幸せなひとりぼっち」はIさんお薦めの映画でした。
画像

画像

この猫が良いのです。
いまスウェーデン映画が熱い!
スウェーデン作家による大ベストセラー小説の映画化『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』(09)の成功を受けて、ハリウッドでのリメイク『ドラゴン・タトゥーの女』(11)が製作され世界的ヒットを飛ばした。同国の女優のアリシア・ヴィキャンデルが『リリーのすべて』(16)で第88回アカデミー賞®助演女優賞を受賞するなど、世界的に注目される存在となったスウェーデン映画界。
そんな中、スウェーデンの人気小説家フレドリック・バックマンによるデビュー作の映画化が、この『幸せなひとりぼっち』。12年に発表後、瞬く間に30ヶ国以上で翻訳され、200万部以上も出版されており、日本でも10月に発売が決定。希望を見出せなくなった頑固な老人が、新しい隣人を迎えいれることで再び生きる希望に恵まれ、自分の人生を見つめ直していく姿をユーモラスかつ詩情たっぷりに描くヒューマンドラマだ。

偏屈、頑固おじさんの描き方はハリウッドや日本では出せない味ですね。
痛快、スカッと、文句なしに面白かったでした!
原作もベストセラーだそうですが・・・
以前に観た「ハッピーエンドの終わり方」昨年の2月はイスラエル映画でした。
やはり、これもアメリカや日本では有り得ない話でしょうね。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実
日経BP社
ルーク・ハーディング Luke Harding

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



幸せなひとりぼっち (ハヤカワ文庫NV)
早川書房
フレドリック バックマン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 幸せなひとりぼっち (ハヤカワ文庫NV) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雛と映画 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる