のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【赤岳鉱泉&赤岳 その1】

<<   作成日時 : 2016/11/27 01:39   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

今頃になって記事を書くのは如何にも新鮮さを失っていますが、いろいろありまして・・・
ブログにまで気持ちと時間が向きませんでした。
自己の備忘録の為に書きます。

10月9日(日)〜10日(体育の日) 両日共晴れ 単独

画像
                    本日歩いたコース

画像


美濃戸からやまのこ村への道の悪さはどうにか改善されないのでしょうか?

やまのこ村Pから北沢コースへ歩きます。
赤岳鉱泉は過去に3回泊まったことがありますが、今までステーキに有り付いたことがなく予約した時には、さもしくも「ステーキですか?」と聞いてしまいました。で、運良くステーキでした。

この3連休は、本当は2泊で行ける山を計画したのですが8日は野暮用があり、お天気もイマイチだったので、諦めて、主たる目的は赤岳鉱泉。
画像
               オッ!好きなサルオガセが出てきた。
見つけると写真を撮らずにはいられません。サルオガセが何故夏の季語なのかは??です。

画像画像

渓流に沿ってゆっくり歩いて行くと前方には色づいた木が見えます。
画像

画像画像

氷の滝への骨組が出てきて赤岳鉱泉到着です。

それほど混雑はしていなくて、一番奥の部屋、トイレの向かいの8人部屋に、女性2人連れと私の3人だけでした。
まずはお疲れ様
画像


画像画像

夕闇に包まれる前の山の姿
画像
             白ワインハーフボトルと待望のステーキ
正に「山と食欲と私」で〜〜す。
言い忘れましたが、着いてすぐに、熱めのお風呂に入っております。

画像画像

画像画像
     好きな堀江敏幸の本が2冊もありました。談話室はあまり人も居なくて、静かな読書が出来ました。
お腹は一杯、ワインでほろ酔いで、読書もそこそこで切り上げて今夜はこれで就寝です。


にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
さるおがせが好きとはびっくり。やわらか肉厚のステーキにありつけて良かったですね。
しゃくなげいろ
2016/11/29 09:01
しゃくなげいろ様
賞味期限切れの記事へのコメントありがとうございます。
サルオガセは山のガイドブックで知り、初めて山中で出会った時には、何故だか感激しました。霧藻とも言われ、霧の中の水分で光合成をするということに惹かれました。その一方では、分厚い真っ赤なステーキにもかぶりつきます!
のりこ
2016/11/29 11:32
のりこさま
単独行で八ヶ岳 やりますねぇ〜
へタレ非力な爺には只 羨ましいだけ。
赤岳鉱泉は先代(太平氏)が現役の数年前までは
毎年1月恒例で10年程続けていたのですが・・・
待望のステーキで良かったですね。
昔はサイコロが多かったような記憶が有ります。
夏場は女性だけの場合、2階のチロリアンベットの
部屋で泊まれるサービスも有りました。
もう八ヶ岳は無理かもしれない爺です。
通りすがりのジィ〜ジです。
2016/12/02 12:44
通りすがりのジィ〜ジ様の赤岳鉱泉の記事は何度も読ませて頂きました。
私は、天気、その日の体調で、行けるところ迄で良し!
小屋に泊まることが最大の目的なのです。
早めに小屋に着いて、お風呂入って、ジョッキで飲んで、ステーキ食べて、食後は本を読み、丸で温泉旅館に来たような気分です。
のりこ
2016/12/05 00:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
【赤岳鉱泉&赤岳 その1】 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる