のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【こうすけ君と行く筑波山】

<<   作成日時 : 2016/04/09 23:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

4月9日には川口へ来て、こうすけを見て欲しいと、一ヶ月以上前に娘から頼まれていました。

じゃぁ、山へ連れて行っても良いかな?

どうぞ、お好きなように。

とのことで9日、朝4時半頃に自宅を出ました。

ママは前夜の金曜の夜から観劇の為に大阪へ。
パパは9日 午後から会社の人の結婚式。

「今日行く山はケーブルカーとロープウェイ」と二つ乗る山だよ。」
「やったぁ〜〜!!」
とこんな調子です。

圏央道へ入り、谷田部ICで下りるようにナビが言うので、従っております。
土浦北の方が近いような気もするのですが・・・

神社前の駐車場の少し下がった駐車場がまだ空いていました。

4月9日(土) 晴れ こうすけと二人

画像


まずは、神社にお参りしてからね。
牛が居ました。
こうすけも私も「丑年」です。
画像

そうそう筑波と言えば「ガマの油売り」
今でも、居るのですね。

画像


画像

神社への階段を上がると酷い人・人・人!

私が始めて「筑波山」に来たのは平成14年1月で下から歩いて登りました。
例によってうろ覚えの記憶しかありませんが。

お参りもご朱印も後にしてとりあえず、ケーブルカーへ
画像


ケーブルカーの次に好きなのが望遠鏡です。
でも、生憎遠望は春霞の為ぼんやりです。
画像


まずは男体山へ向かいます。
あっと言う間に男体山到着。
画像


とにかく、人が多くて・・・
新宿の雑踏が全て、此処に集結したようです。

男体山の神社の後ろに程良い岩があり、それを椅子兼テーブル代わりにして持ってきた昼食を食べます。

旧い観測所の前で、その横からは自然研究路になっていて、人がドンドンと通りますが、我々は少し横にいるので、
邪魔にはなりません。
が、蝶がフワフワと飛んでいます。
それを彼は必死の形相で捕まえようと必死です。
「僕はトンボを捕まえたことがあるんだ」と言いますが・・・
二羽で飛んだり、止まっては、又、飛びで、春のうららを楽しんでいるようです。
「何て言う蝶?」なのでしょう!
通りかかった男の人が「ヒオドシチョウ 牛若丸の鎧」と教えてくれました。

ヒオドシチョウ(緋縅蝶)
止まった処を
画像


画像

画像


何回も何回もおにぎり片手に、蝶に挑戦しています。
遂に!!
画像


この前にも1回捕まえたのですが、写真は撮らずにすぐに離したので、再度挑戦。
表は綺麗な模様をしている蝶ですが、羽を畳むと、その辺の枯葉、と同じ色になるのですね。
大満足です。
周辺に居た人たちが「ぼく、凄いね〜〜」と言うものだから、本人も大満足です。

自然研究路は一部通られない崩落した箇所があり、脇道があります。
ドンドン下り、そしてドンドン登るとケーブルの乗り場へ出ます。

此処でアイスクリームを食べ、次には「女体山」へ向かいます。

これを見るとまだ、他にも蝶や虫など居ますね。
画像

やはり「男の子」って言うべきか、虫など好きですね〜〜

山の上にもアイスがあって良かったね!
画像


今、丁度「カタクリ祭り」と言う幟がそこかしこに立っていて、カタクリロードもありましたが、
新潟の山で充分にカタクリを満喫しているので・・・
少し、小ぶりだし、色も薄いですね。

画像


通常の道の脇に一寸大きな岩があると、すぐによじ登りたがり、場所によっては危ないので、
停めますが・・・
これも大きな岩の上です。

こんな岩、あったっけ?
ガマ石です。
口の処に上手く石が納まれば良いのですが。
画像


お揃いの「tsukuba exppress」の白と緑の帽子を被った団体は100名位、
大学1年生と思しき男女の団体が30名くらい。その他家族連れ多数!

女体山到着
画像

画像


さて、下りはロープウェイです。
画像


女体山山麓駅から迎場コースを≒1時間 下りなので、歩く予定でしたが、シャトルバスが動いていると
言うことでアナウンスがあり、それに乗る事に。

でも、最後に「今度はケーブルカーもロープウェイも無い山でも行くんだよと」
「うん、良いよ」
とは言いましたが・・・

筑波は、学園都市だなぁ〜〜と改めて実感。
国土地理院の地図研究所がありました。

車に乗るとまたもや爆睡です。

川口に着き、イオンへ寄り、1時間15分「さかな釣りスピリッツ」のゲームに興じて
フードコートでラーメンを食べ帰宅。

お風呂に入り、パパの帰宅はその後でした。

こうすけ君、君は「晴れ男」だね!

※ヒオドシチョウは千葉県と東京都では絶滅寸前または絶滅危惧種と書かれていました。
  茨城県には多くいましたね。


にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【こうすけ君と行く筑波山】 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる