のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【六度目の七面山】その1

<<   作成日時 : 2016/03/26 17:02   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

以下は過去5回行った日です。

2004年3月20日〜21日(単独)

2005年3月20日〜21日(山仲間と)

2008年12月13日〜14日(会山行)

2014年3月8日〜9日(山仲間と)

2015年3月21日〜22日(単独)

そして六度目は自身がリーダーを務めての初山行です。

※実は山行実施日4日前に突然「中毒疹」という全身に湿疹が出る病気に罹りました。
顔も下半分は赤い湿疹が出て、手の甲にも出ているので、マスクに指先を切った手袋で
の歩きとなりました。

3月20日(春分の日)

新潟駅南口(5:20)=中部横断自動車道 増穂IC(10:25)=羽衣P(11:10-11:20)
…途中肝心坊(昼食)…敬慎院(15:35) 宿泊

21日(振替休日)

敬慎院(7:00)…七面山山頂(8:10-8:30)…敬慎院(9:05-9:30)…肝心坊(昼食)…羽衣…
白糸の滝(12:55-13:10)…羽衣P(13:20)=本栖湖=精進湖=西湖=河口湖IC=新潟駅南口(21:30)

画像

このルート軌跡は21日に記録です

まずは、上りの八ヶ岳PAから見えた八ヶ岳連峰
画像


両日共に、天気予報は晴れマークなので、期待を抱いて、湿疹もなんのその!

増穂ICを下りて、何度も通った見慣れた道国道52号静岡へ繋がるみのぶ道を南下して下部温泉との
分岐から春木川に沿って羽衣に入る。
表参道登山口にある大きな案内板
画像


向かいに赤い欄干の橋があり、滝が見えます。
これは白糸の滝で、徳川家康の側室が女人禁制の掟を破り、滝に打たれて七面山に登ったと
言い伝えられている滝です。
これは明日下山後にゆっくり見学します。

敬慎院本堂前が50丁目で、まずは元丁目からスタートです。
画像


神力坊(2丁目)・肝心坊(13丁目)・中適坊(23丁目)・晴雲坊(36丁目)と丁度疲れた頃に休憩出来、トイレもある「坊」があります。
肝心坊でお昼を食べて、さぁ、これからがまだまだ永い道のりです。
画像


坊の他にも、丁目との間、丁目の灯篭の傍等にはベンチもあり、休憩出来るようになっている。
30丁目を越えた頃、お昼に飲んだ薬で胸がムカムカして、後方に移った足が攣った人など2人が
いるので、私も20秒の立ち休憩と言った感じでゆっくり歩かせてもらいました。

画像

和光門は既に46丁目で、着いたも同然です。

和光門を潜ると、いかにもお寺の参道って感じです。

春分の日にしては、今年は今までで一番雪が少ない年ではないでしょうか!
画像


吉祥門を潜ると鐘楼があります。鐘楼の左を回ると遥拝台への近道となります。
画像


画像画像












本堂前、50丁目到着です。

はい、いらっしゃいませ!!
画像


昨年はポンプ故障でお風呂は入れませんでしたが、今年はOK
まずは、順次お風呂に入ってもらいます。
私は、全身湿疹だらけなので、パスですが。
入浴後は夕方のご開帳、夕食、夕のお勤めとありますが、まずはその前に、我が会だけの部屋で、
軽く喉潤しミーティングです。
画像画像













夕食はこんな感じです。
精進料理で、素朴です。

画像


本堂でのご開帳、夕勤は撮影禁止なので、一切写真はありません。

夕食後の薬を飲むと、又も胸がムカムカして19時からの夕勤は何度も参加しているので、今回はパスして部屋で
休んでいました。かなり強い薬なのでしょう!

さて、明日の朝のご来光に祈りを込めて、21時就寝で一日目は終了です。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【六度目の七面山】その1 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる