のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【四阿屋山】&【節分草】

<<   作成日時 : 2016/03/07 04:05   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 6

先日、長瀞へ行った折に、「四阿屋山」=「節分草」と言う等式が頭に浮かび
今年は是非行きたいと思っていました。

ずっと大昔にツァーで「節分草&福寿草」を見るのに参加したことがありますが
その時には四阿屋山は登ってませんでした。

先日一緒に飲んだ友人も行きたいと言うので、一緒に行って来ました。

5日(土) 晴れ  埼玉県小鹿野町

新潟西IC=本庄児玉IC=道の駅 両神温泉「薬師の湯」=節分草自生地(9:55)・・・「節分草園 散策
=道の駅 両神温泉「薬師の湯」(10:35)・・・薬師堂・・・鳥居山コース(10:47)・・・両神神社 奥社((12:18)
・・・四阿屋山 山頂(12:48-13:30)・・・薬師堂コース・・・道の駅 両神温泉「薬師の湯」(15:14-16:12)
=蕎麦屋「しのうち」=花園IC=新潟西IC=自宅

ここ2ヶ月は軽い山歩きすらしていない。同行の友人もお姉さんが癌の闘病中で何かと
お世話にかまけて、山歩きは今年初とのこと。

まぁ、軟弱女子2人、トコトコゆっくり歩きです。

まずは道の駅 両神温泉 に立ち寄り、節分草自生地の場所を確認して車で向かいました。
画像


山に登る前にまずは節分草を見ます。
入園料300円  これは下山後に入る温泉の割引券でもあります。

眼の前の駐車場も辛うじて1台空きがありました。

太陽は薄雲の中で、花は半開きです。
ビニールシートで這い蹲って一眼レンズを向けている人も多く見られます。
「思ったより小さい!可憐!」とネットで書かれていますが、その通り!と実感。
翁草と同じキンポウゲ科なので葉が似ています。

遠く一望すると花なのか?葉なのか?
画像


次第に開いている花も出てきました。

画像


画像


画像


画像



画像


花を堪能した後は、車で道の駅まで戻り、登山開始です。
つつじ新道から登る場合は此処に駐車して歩いて行けるのですが、破線道の危険な鎖場コース故、
私達は楽々コースを選びます。

道の駅から国道を進みまずは日本三大薬師と言われている薬師堂にお参りをします。
画像


画像


道路を挟んで右側から鳥居山コースがスタートです。
画像


通行止めのゲートの脇を通っていくと、中国風の東屋があります。
画像


分岐、分岐にこの様な案内板が立ってますが「山道」って??
画像


鉄塔の向こうには両神山始め秩父の山並
画像


両神神社奥社です。
此処からは岩場で危険なので、注意喚起の看板が立っています。
画像


鎖を伝って登るのではなく岩場の補助に鎖が付いているので、岩を掴んだり、鎖に
頼らなくても大丈夫です。
画像


20分ほど難所(?)を登ると山頂です。
画像


方位盤があります。
画像


両神山方面
画像


山頂は狭いと聞いていましたが、少し下がった場所に少し朽ち果てたベンチがありそこで遅めのお昼に。
久しぶりにガス持参です。
暖かい湯を沸かし珈琲や甘酒を。
画像


下りは薬師堂コースを選んで進みます。
山頂直下にはまず、つつじ新道との分岐。
画像


女性2人がそちらへ進んだので、そちらから下山ですか!と声掛けすると「いえ、一寸見るだけ〜〜」と。
地図を見ても分かりますが、薬師堂コースは途中に公園管理道路がグルグル走っていて、その途中に
駐車場があり、安直に山頂へ行くことも出来ます。

すっくと伸びた杉林
画像


まだ咲いていた福寿草
画像

画像


三角屋根の東屋
画像


紅梅・黄梅
画像

画像


薬師堂コースから最初に通ってきた観景亭へ出る周遊コースもあるのですが、途中から道の駅の後ろ側に
出るコースを選びます。

大好きな可愛いふくろうが出迎えてくれる薬師の湯は思ったよりも空いていて良い湯でした。
600円が割引券利用で540円でした。
画像


併設の食堂でお蕎麦を食べて行こうと思ったのですが残念ながら「薬師蕎麦」は売り切れで、売店の
方に蕎麦屋を聞いて美味しい蕎麦を頂きました。

仕度中(4時45分)に入れて頂き5時まで待ちました。
画像


薬師蕎麦は二八蕎麦だそうですが細くて、ツルンとして
天麩羅は衣が薄くて美味しかった!!
画像


体力度初級コースの山ですが、なかなか侮れないコースでした。
ようやく春の兆しと共に、私の山開始です。

満足感に満たされて帰路に就きました。
群馬県に入り小雨が降ってきました。
すると何としたことか、突然ワイパーが縦2本立ったまま、固まって動かなくなりました!
こんなこと永い運転生活で初めての体験です。
スピードを落として赤城高原SAでフロントガラスを拭いて関越道を通過すると
雨は降っていませんでした。
通常は関東は晴れていて、トンネルを越えると雨だったり雪だったりするのですが今回は逆でラッキーでした。

※追伸
本日(6日)にディーラーへ。雪の重みで、ワイパーアームが悪くなったとのことで部品交換の為
車を置いて来ました。

駄句
「節分草 秩父の里を 埋め尽くし」
「黄梅や 下山の道で 待てりかな」

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもながらの遠征お疲れさまでした。
例年なら関東の山にも雪が残っているのですが、今年はまるで寡雪です。
セツブンソウは本当に小さいので、確かに地べたに這いつくばらないといい写真が撮れませんね。
その点、のりこさんは頑張ってみましたね。
私はセツブンソウの自生地に近い大堤に駐車し、ツツジ新道から登りました。
昭文社地図では赤破線になっていますが、特段に難コースという印象はなかったですね。
ただ、一ヶ所足場の乏しい岩場があり、ここだけは難易度が高かった記憶があります。
風花爺さん
2016/03/07 11:53
風花爺さん様
今回のカメラマン達は三脚は不必要で、シートを敷き、自分が這い蹲っていますね。
破線道といえど、道があるから表示されているのでしょうが、初心者はくれぐれも行かないようにとの注意喚起の看板があるそうです。
私も同行者も長い、一直線の鎖は避けたいです(笑)
のりこ
2016/03/08 00:01
のりこさん、お早うございます。
のりこさんは新潟県在住なのですか?秩父までとは遠征ですね。嘗ては私も節分草といえばこの秩父に行っていました。最近は山梨県で見ていますが。
秩父に行っていた時は先に四阿屋山やその周辺の山に登り、二時頃に節分草を見に行っていまし。とても懐かしく拝見させて戴きました。写真もお上手ですね。

新潟県の山も大好きな私ですので時折出かけますが、今年は佐渡の山に登りたいと思っています。
フクシア
2016/03/10 09:33
フクシア様
山梨県在住の方のブログで、やはり節分草が咲いたと見ました。
私(たち)は山梨は冬に多く出かけて花の時期には行かないのですが・・
遠いので(笑)富士を見に行くのです。
佐渡は、本当に花が豊富で特に雪割草(ミスミソウ)の時期には毎年でも行きたいくらいです。
新潟県人でありながら、まだ、新潟県内の山には今年まだ行っていません。
ようやく今週末から新潟デビューです(笑)
のりこ
2016/03/11 06:05
のりこさん、こんにちは
秩父にも四阿屋山があるのですね! 
長野には百名山の四阿山の他に、四阿屋山があります。山頂にはブナ林があり、アルプスの展望が素晴らしいので、毎年の様に早春に登っています。こちらにもセツブンソウや雪割草の群生地があります。

2016/03/12 13:25
岳様
そうですか!
長野にも百名山の四阿山だけでなく四阿屋山もあるましたか!
さすが長野ですね。
筑北三山の一つなのですね。
昨年「聖山」は孫と行き、その後に会のトレッキング山行で実施しました。
今年は是非、四阿屋山と冠着山と行ってみたいです。
のりこ
2016/03/13 04:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
【四阿屋山】&【節分草】 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる