のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 上越菱ケ岳

<<   作成日時 : 2015/12/07 05:37   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 4

10月12日(月・体育の日) 晴れ 単独
10月18日(日)        晴れ 会山行 18名

信越トレイルの新潟県に入ったセクション5や6では左手にひしゃげた台形の特徴のある菱ケ岳が常に見えます。

もう18年くらい前に当時の安塚町出身の山仲間が居まして、彼から連れて行ってもらいました。
その後、数年前に女子4人で忘年会も兼ねて「久比岐野」に泊まり、翌日行きました。
ゴンドラ山頂駅から登山道に入ると、新雪の上に熊の足跡がずっと続いていました。
他に歩いている人は居ません。か弱き(?)女子4人は恐れをなしてすごすご下山しました。

で、眺めてばかりいるのではなく、久しぶりに行きました。

12日はとても良い山日和で、山頂からの展望も得られたので、万一当日良い写真が得られなくても大丈夫とまずは安心です。

柿崎ICから旧安塚町を目指します。
安塚八景展望地より
画像


雪だるま物産館の道の駅で、野菜やお昼のお寿司を買って。
帰る頃には閉まっているとのことで。物産館内部は開いていますが、表で出品している食べ物や野菜は午後2時頃には売り切れるとのことです。

目印の大きな雪だるま君
画像画像













キューピットバレイの少し手前に「菱ケ岳登山道」の案内があり、其処からグングン車で上がると、グリーンパークキャンプ場に着き、ゲレンデを登ります。
菱ケ岳コースの中では、このゲレンデ歩きが一番きついでしょう。
ゲレンデ登りの最初に
画像


ゲレンデを登ると今は閉鎖している山頂駅
画像


此処は広い広場になっており、信越トレイルへのアプローチ道もあります。
須川峠へ繋がる道も。
画像画像












これから入って行く山を見上げると色づき始めています。
画像


紫色の可愛い実は「沢蓋木」の実とのことです。
画像


樹林帯へ入り、小さな沢を越え、ようやく山の中へ入って来たという感じです。
沢蓋木の紫の実はしばらく登山道の両側に続き、鮮やかな色が目立ちます。

山頂方面を見る
画像


大文字草
画像


この花は7月くらいから咲き、10月まで咲き、花期が長いのですね。

再び須川峠への分岐が出て来るともう山頂です。
山頂には、不動滝からのコースから来た地元単独男性と長野市から来たご夫婦がいました。
不動滝からのコースはグリーンパークを過ぎ、更に道路を上がり須川峠や伏野峠の手前まで上がるので、標高差はゲレンデ登りがない分、楽そうですが、その分急だとも話していました。

信越トレイルのコースからこの菱ケ岳が外れたのは不味かったですね〜〜〜と地元男性は残念しきりだとのことです。
セクション5はコースが長いので、菱ケ岳を歩くコースにすると余計長丁場になるので、サブルートとしたのでしょうね。
と、私は思います。

山頂には一等三角点と薬師如来を祀った小屋があります。
此処もかつては女人禁制だったとか。
画像画像













眼下の遠くにはなだらかな米山が見えます。
画像


真ん中より下に見えるのはグリーンパークの駐車場です。
刈羽黒姫などもそれと分かりますね。
画像


遠くに眼を凝らすと日本海が。直江津の火力発電所の煙突も肉眼ではそれと見えます。
画像


簡単にお昼を食べて、下山です。
この後には妙高高原笹ヶ峰へ下見に向かいました。

18日は最初眼下、周辺はガスっていたのですが、参加費の余りをお賽銭に上げたら\(^o^)/
ガスが晴れてきて、妙高山・火打山が見えました。

その記事はこちら

妙高山・火打山
画像


1週間で紅葉が進み、青空の中に映えていますね。
画像

画像


6月第一日曜日は山開きで、その日だけはゲレンデ登りから解放され、ゴンドラが動くそうです。
そしてトン汁サービスもあるそうです。
水芭蕉や岩鏡など満開になっていることでしょう。
時期を替えて、又来てみたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
まずは下見も会山行当日も、天気が良くてなによりでした。この山の売りは展望、天気が悪いとガッカリですからね。
以前、県山協の行事で登りました。たしかにゲレンデ歩きが感じ悪かったことを思い出しましたね。
山いろいろ
2015/12/07 11:02
確かに、展望が「売り」ですね。
ゲレンデ歩きは確かにきついですが、振り返りつつ、高度を上げているのだと我慢、我慢ですね(笑)
関田山脈からよく見えるので、行きたくなってくるのです。
noritan
2015/12/07 23:39
菱ヶ岳には、今シーズンはもう雪がくるでしょうからムリとして、来年には是非訪れたいと、リストアップしています。
米山がこんな風に見えるのですか。
土地勘が働かないエリアなので、なかなか頭の中で位置関係が描けないものですから・・・
日本で三ヶ所しか確認されていない「原三角点」の一つが米山にあるので確かめに登ったことがあります。
あとの2ヶ所は雲取山と群馬県・下仁田の「白髪岩」です。
風花爺さん
2015/12/08 06:57
上越菱ケ岳は信越トレイルのセクション5や6と組んであるくと良いと思います。
関田山脈からは良く見えるのに、菱ケ岳からは関田山脈は余り良く見えないのが不思議です。
群馬の山の会で「源三角点」の山を目指しているのを聞いたことがあります。
私は三角点は行ってみたら在った!くらいな感じです(笑)
でも群馬県下仁田「白髪岩」は興味あります!
noritan
2015/12/09 08:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
上越菱ケ岳 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる