のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 福地山・天蓋山 その1

<<   作成日時 : 2015/10/22 16:56   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

「天蓋山」「福地山」は岐阜県の山です。

山と渓谷社「分県登山ガイド」の1番と2番に載っている山です。

「北アルプスの眺望が広がる山之村の名峰」=天蓋山
「槍ヶ岳、穂高連峰、焼岳など北アの好展望台」=福地山

グレードは初心者向け、歩行時間はどちらも≒4時間

宿は奥飛騨温泉郷「福地温泉」
民宿「粋泉荘」に予約しました。

さて、下見は9月5日〜6日
松本ICから上高地へ向かう道から中の湯方面へ入り、安房峠トンネルを通って、福地温泉へと入りました。

が、後で色々聞くと、遠回り、時間が掛かる、お金も高いコースだったようで、新潟からだと福地温泉へも富山で下りて真っ直ぐ下る方が早かったのでした。

まずは初日は福地温泉の朝市裏の登山者用駐車場に停めて、道路を挟んだ向かいから登山道が始まります。

この奥が登山者用駐車場
画像

昭和の儘のお店。朝市で、今は閉まっていました。
画像

道路を挟んで、登山コース入口
画像


画像


何でも、この登山道はブルトーザーで切り開いたと何処かで書かれていましたが、広い登山道が小刻みにジグザグと付けられています。
画像画像












尾根コース、谷コースとなっていますが、谷コースとは言っても下方を歩くと言うだけで、谷沿いを歩く訳ではありません。
分岐に「こちらは道が悪い」とか「こちらは近道」だとか書いてあるので、それに従って歩きました。

所々で展望がありましたが、それは後で纏めます。

尾根コースと谷コースも交わる無然平と書かれてある場所に篠原無然の石像と氏に関しての説明が書かれてあります。
篠原憮然(しのはらぶぜん)は全く今まで一度も耳にしたことの無い人でした。
山中にいきなり、石像があり、少々驚きましたが・・・
画像


画像


山頂です。
画像

富山から来た男性2人と地元の男女2人が居ました。

新潟から松本経由で来たと言いますと、富山の男性が、なんで、そんなルートで来るの?
富山から来た方が近いし、混んでないし、安いのに、と。
民宿のご主人も同じ事を言いました。
何で、カーナビは松本経由なのでしょう?

途中と山頂で見えた謳い文句通りの展望です。

乗鞍岳
画像


焼岳
画像


槍ヶ岳・穂高岳
画像


笠ケ岳
画像


笠と槍・穂
画像


焼岳と福地温泉
画像


来た道を忠実に戻り、車で2分の民宿「粋泉荘」へ。
ご主人は細やかな心配りの方で、お話好きの方です。
画像


この夜は、家族連れ、カップルの中に一人、ビール、地酒でお料理は完食でした。
画像画像












画像画像













早朝目覚めて、熱い温泉に浸かりました。

さて、今日はR471を北上して飛越国境に近い神岡町の天蓋山を目指します。
新潟県にも天蓋山と言う名前の山があるのですが、こちらは行ったことはありません。

朝食です。こちらも完食でした。
画像














昨日は閉まっていた朝市に朝食前に出掛けます。
画像

昭和の風情そのままです。
トマトや野菜など買い求めました。




新・分県登山ガイド 改訂版20 岐阜県の山
山と渓谷社
島田 靖/堀井 啓介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新・分県登山ガイド 改訂版20 岐阜県の山 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
穂高連峰を西側から見ることができる「福地山」には以前から行きたい、と思いながら未だに果たせていません。
ロングドライブになることがためらいの理由なんです。
レポ拝見して、これは何が何でも登らなければならない、という気になりました。
風花爺さん
2015/10/23 06:52
なかなか見晴らしのいい山、見どころもあって楽しげな山ですね。
やはり世間は富山周りが近いと周知ですね、空いているし道路は広いし。
国道41号、富山〜神岡間の神通峡はモミジの名所、そしてノーベル街道でもあります。
山いろいろ
2015/10/23 11:51
風花爺さん様
確かに福地山の方向から北アルプスを眺める機会は無いですね。
展望が良いので、ブルトーザーで登山道を作ったのでしょうか(笑)
笠ケ岳が笠ケ岳らしくなく尖って見えました。
此処は展望を求めるには雪がアルプスに冠雪した頃がお奨めですね。
登山道は迷うことなく、危険個所も少ないので。
福地温泉は一体に料金設定が高めなのだそうですが、民宿「粋泉荘」はとても、待遇、料理、施設共々とても良かったでした。
是非訪れて下さい。
西駒のロープウェイはまだ乗ったことがないので、それを登るのと掛けて再訪したいと思っています。
noritan
2015/10/23 12:51
山いろいろ様
天蓋山まで行くと富山が近いと思うのですが、カーナビやパソコンのルートナビでも松本ICから入る道を示すのです。
一つ利口になりました(笑)
松本から沢度、そして中の湯へ行く道はクネクネ道で車は多いし、時間が掛かりました。
本番では富山から下りて、道の駅 神岡で休憩しましたが小柴さんの記事がありました。
「ノーベル街道」と言うのですか!
将来のノーベル賞候補者、お互いの「こうすけ君」を連れてこなくては!
noritan
2015/10/23 12:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
福地山・天蓋山 その1 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる