のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 以東岳 その2

<<   作成日時 : 2015/08/28 15:09   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

二日目も良いお天気です。

本日は長丁場なので、早めに出立です。

タキタロウ山荘(4:30)…以東岳(8:45-9:00)…以東岳避難小屋(9:10-9:20)…タキタロウ山荘(13:00)
お昼…泡滝ダムP(15:55)

この時期を選んで、大正解でした。

最初はキツイ登りでしたが、稜線に出る頃には百花繚乱の言葉通り、幾種類もの花に出会えました。

小屋を出るとすぐにヒメサユリが咲いていましたので、撮っていると、もっと上に行くとたくさん咲いているよ、と言われましたが、まずは咲いていて感謝!
画像


以東岳の避難小屋は現在は使えませんという表示と、其処からの直答コースは登山道の補修をしていますと表示された看板がありました。

オツボ峰経由のコースで行きます。
登山道に大きな木が倒れ横たわり道を塞いでいて、脇の藪に取り付いて登る箇所や、ブナ林の急な登りが続きます。ガイドブックにもこの箇所はブナ林の急坂とありますが、その通りで写真を撮る元気もなく、ジッと我慢で少しずつ高度を上げて行きます。

丁度真向かいに以東岳と避難小屋が見えます。
あそこまでマダマダです!
画像


眼下に大鳥池とタキタロウ山荘が俯瞰出来ます。
画像


オツボ峰に至る前、オツボ峰周辺はいろいろな花の百花繚乱と言う風情です。

ヒメサユリ・ニッコウキスゲ、チングルマ、ハクサンイチゲ、ハクサンシャクナゲ、などなど・・・
難儀な思いをして急坂を登った甲斐があったというものです。

順不動に出会えた花たち
画像画像













画像画像














画像画像












画像画像













画像画像













画像画像












画像


山頂から大朝日岳方面
画像


遠く雪を被っている連峰は月山でしょうか?
画像

日にちが経過したら分からなくなりました・・・

下にも立てかけてあった看板が避難小屋前にもありました。
避難小屋が使えないのは、作業員さん達の現場事務所兼宿泊所になっているからでした。
お願いしてトイレを貸して頂きました。
画像

画像


さて眼下に見える大鳥池目指して、あとはひたすら下り、下りです。
それもかなり急です。
画像


かなり下がった場所で抉れた登山道に木々を置き修復、盛土をしていました。
画像


池に沿った道は平坦かと思いきや、そうでは無い箇所もあり池に落ちそうなトラバース道もありました。

小屋に着き、お昼を食べて、車の待っている泡滝ダム駐車場へ。

入浴もせずに一路新潟へ。

もう何年前か、障子ヶ岳&天狗角力山に天狗角力小屋泊まりで秋に行った時の素晴らしい紅葉を又味わいたいものだと思います。
朝日連峰は飯豊に比べると心なしか、やさしい顔をしているような気がします。

タキタロウ山荘のおじさんは感じがよく、又、来年訪れたいなぁ〜〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
”エッ、まだヒメサユリが咲いている?”
これは私の早やトチリで7月の山行だったのですね。
私は未訪のエリアなので展望が新鮮です。
大鳥池には幻の巨大魚「タキタロウ」が棲んでいる(らいい)ということで知ってはいました。
効用が抜群らしいので散策でもいいから訪ねてみたいものです。
風花爺さん
2015/08/29 07:05
 登山道整備、かなり大々的にやっている感じですね。あまり人工の階段など造ってほしくない、でも楽に登れるような整備は歓迎!(我ながら勝手だねぇ)
 このコースは小屋泊まりすれば楽な周回、来年あたりまた出かけようかな?
山いろいろ
2015/08/29 10:07
怒涛のアップおめでとうございます。いやーそれにしてもアプローチ長いのに上下かけて活躍されていますね。脱帽です。
しゃくなげいろ
2015/08/29 10:39
風花爺さん様
すみません。時期遅れの記事で。
来年自分の記事を見直した時に自分で参考にするために、遅れ遅れでも日にち順に書いて行こうと思っていますので。
大鳥池に向けて竿を投げている方が居ましたので、聞くと、何も釣れないとのことでした。山は登らずに此処まで来ているそうです。
そうした楽しみ方もあるのですね。
確かに仰せの通り、秋も素晴らしいのです。
是非、此処まででも良いので訪れて下さい。
noritan
2015/08/29 12:50
山いろいろ様
登山道整備はいわゆる丸太で仕切った階段を作るのではなく、えぐれている登山道に細い木を敷き、その上に藁で包んだ石(?)を置き、盛り土するような感じです。
忙しそうに作業していて登山者が来ると手を止めるので、訪ねるのも気が引けましたのであまり聞き出すことは出来ませんでした。
山様にとっては「楽な周回」でしょうが、私にとっては小屋からの急坂は応えました。でも小屋に大きなザック(荷物)デポ出来るので、まぁまぁ楽ですね。
noritan
2015/08/29 13:04
しゃくなげいろ様
怒涛と言う訳には行きませんが、ポチポチ現時点に追い付いて行きます。
これからは凌ぎ易いので、パソコンにも向かい易いですね。
noritan
2015/08/29 13:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
以東岳 その2 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる