のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 甲武信岳1

<<   作成日時 : 2015/07/02 05:24   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 4

6月13日(土)〜14日(日) 甲武信岳  晴れ

同行者3名

甲武信岳は昨年5月に行きました。

今回の時期を選んでの三度目の甲武信岳の主目的は@=信濃川・千曲川の源流を見ること。
A=十文字峠、十文字小屋に泊まること。B=石楠花を見ること。


奥秩父、甲武信岳へ行く時には、昨年購入して読んだ「奥秩父 山、谷、峠そして人」を手にし、ざっと眼を通しておきたくなります。
山田哲哉氏はNHK BS「日本百名山」で、甲武信岳や雲取山のガイドとして出演されています。
画像

今回は初めて、十文字小屋に泊まるので、山田氏の書かれた「十文字峠」の道に関しての文章と概念図を観て、毛木平にあった五里観音の意味が良く判りました。
十文字小屋を出て、大山・甲武信岳方面との分岐から栃本分岐があり、その先にも同じ名前の大山があり、四里観音から一里観音と順にあって川又の栃本関所へと繋がっている道なのです。甲武信岳の武州へと繋がる道。

                             
13日(土)
新潟西IC=佐久南IC=毛木平P手前(11:15-12:10)・・・毛木平P(12:10-12:20)・・・十文字小屋(14:10)
13日歩いた軌跡
画像

毛木平駐車場手前の紅花一薬草の大群生                              
画像

画像


毛木平に向かって右側斜面一帯が広い範囲で群生している様は見事、圧巻でした。
お花だけを目的に来るのであれば、この時期、毛木平から十文字小屋まで来て、石楠花を見て帰るというハイキングも有りだと思いました。
お昼も食べ、花も楽しんだので歩いて毛木平の駐車場へ行きますと此処には蓮華躑躅が咲いていました。
東屋あり、トイレ有りで、車中泊も出来そうです。
すると一台空きスペースがありましたので、Fさんに車を取りに行って頂きました。
画像

画像

気持ちの良い白樺の林道歩き
画像

甲武信岳への分岐
画像


千曲川に掛かる千曲源流狭霧橋(さぎりはし)
画像

画像

一里観音菩薩とありますが、先ほどの山田氏の著書にある概念図によると栃本の関所から入った処に一里観音があり、二里観音は白泰山避難小屋の場所にあり、赤沢山を過ぎた場所に三里観音、栃本分岐手前に四里観音、狭霧橋手前に五里観音とあります。
十文字小屋のHPにも五里観音とありますので、五の字の上が欠けた、消えたのでしょうか?
画像


十文字小屋到着です。
小屋前の石楠花は既に花は無し〜〜〜
でも探すとありました!
画像

大群落は無くとも、咲き残っていた5株ほどの花で満足です。
小屋前のベンチでまずは缶ビールで乾杯!!

夕食時には女将さんに「配膳手伝って!」と言われ、一生懸命お運びをしていましたら、ツァーのお客さんに小屋の人と間違われてしまいました。

事前に甲武信小屋に問い合わせたところ、布団一枚に2人とも3人とも言われ、十文字小屋にしたのですが、こちらはツァーが23名程入っていますが、全体で26名程で、ベッド一人分一人で余裕でした。
女将さんとツーショットで。
画像


夕食はポトフ風・煮物など。美味しかったでした!
画像

女将さんは新潟県の出身なので、置いてあるお酒は新潟県の銘酒「八海山」「久保田」「〆張鶴」などなど。
三杯も呑んでしまいました。

ランプの灯りもそろそろ消灯で。まずは本日は無事終了です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
山田哲哉さんの本は2010年の岳人誌に連載されたものが一冊にまとめられたものですね。
内容がとても濃くて、最近の秩父本では出色だと思います。
毛木平先の「一里観音」はお説の通り「五」の下の「一」だけが残っているのでしょうね。
私は「十文字小屋」に泊ったことはないのですが、奥秩父の山小屋で越後の名だたる銘酒にありつけるなんて世の中変わりましたね。
風花爺さん
2015/07/02 16:41
色からすると吾妻シャクナゲかな?山上で八海山に久保田に〆張りとは豪勢ですね。
しゃくなげいろ
2015/07/02 21:26
風花爺さん様
訪問・コメント感謝です。
仰せの通り2009年1月から2011年12月まで岳人で掲載された単行本化ですね。
奥秩父は地味なエリアなので、こうした詳細な本は有り難いです。
奥秩父ロングトレイルもありますが、私は小刻みに小屋泊まりをして歩きたいと思っています。そんな折に取り出しては読み、帰ってきてから読み、そんな本ですね。
十文字小屋と甲武信岳の小屋では雰囲気が異なり、甲武信岳を巡り、二つの山小屋に泊まることが出来て良かったでした。
一の上の部分に間が空いていますので、今度行く機会があったら、太いマジックペンを持っていって書き足してきましょう(笑)
私は新潟県人なので、判りますが、お酒に興味の無い人などは銘柄には興味ないかもしれませんね。
甲武信小屋にあったお酒は「秩父錦」でした。
noritan
2015/07/03 05:46
しゃくなげいろ様
訪問・コメント感謝です。
こちらの石楠花は吾妻石楠花ですね。
常温の久保田は優しい味で、瀬戸の大きなマグカップ一杯600円でした。
居酒屋「十文字」って感じですね。
noritan
2015/07/03 05:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
甲武信岳1 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる