のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 当間山(新潟県十日町市)

<<   作成日時 : 2015/06/18 18:57   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

5月31日(日) 曇り後晴れ
会山行 「当間山」 十日町市 三角点標高1017m 山頂標高1029m

当間山は名前は知っていましたが、行く機会がなかなかありませんでした。

新潟県内と言っても、十日町は、長野や群馬よりも行く機会が少なかったのですが、今年からは県内の山にも多く行くようにしようと思っているので、参加しました。

当間高原リゾートホテル ベルナティオ では当間山のトレッキングを実施しているので、参加費1000円で参加出来るので、そうしたホテル実施のトレッキングに参加する方法もありますね。

当間山は新潟日報事業社発行「新潟 日帰り ファミリー登山」に掲載されていました。

新緑のブナ林を求めて!!

まずはゲート前から舗装路を20分ほど歩きます。
画像


まだまだ咲いていた谷空木の花
画像


天文台
画像


18分で、登山口到着です。
画像

画像


歩き始めからブナ林が見事です。新緑から次第に深い色に移りつつありますね。
画像


この当間山は山頂を求めるだけでは無しに、ブナをいろいろ学んだり、ブナの木を直に触ったり、小学生などの遠足にも適していて様々な知識を与えてくれます。

画像

なかなか勉強になります。
が、本日はゆっくり、ゆっくりと言う訳にもいかないので、先に進みます。

画像画像












本日は往きは山頂を目指して、帰りにブナ回廊コースを歩く予定です。

残雪が出て来ました。
画像

リーダーは昨年は秋に実施されたそうで、きっと新緑の頃も素晴らしいだろうとのことだったそうです。
その気持ちは良く理解出来ます。
信越トレイルや里山など秋に歩けば、新緑の頃に想いを馳せ、新緑の頃に来れば秋に期待をします。

一本杉と命名されるだけあってとても高さを一枚に収めることは出来ません。
画像

画像


これは「山親父」です。
画像

少し傾いているけど、まだまだ威厳はあるぞ!!って感じでしょうか。

見晴台は周辺霧に包まれているので、ひとまず三角点のある場所へ着きました。

画像

雪の重みでしょうか、傾いています。

此処から、当初の予定にはなかった、山頂と言われている三角点よりも標高の高い処へ行きましょう、とのリーダーの判断で進みます。

が、案内が無く、残雪に覆われた場所に出て、どっち?あっちかな?
画像


私は自分のスマホで地図を表示していましたので、現在地は判ります。
往きつ、戻りつした時に、Nさんは赤布を出して木に縛りました。

この辺りは魚沼スカイラインへの道も通じていて、やはりガスっていて夏道が残雪で覆われている時には道を見失う可能性もありますね。

山頂は諦めて、三角点のある場所まで戻ってそこでお昼にしようとした時に「山頂」に着きました。
画像


本来は見晴台まで戻ってお昼の予定でしたが、三角点の場所まで戻りお昼としました。

見晴台に戻って来ました。
画像


画像

画像

見えればの案内と見えた山との関連付けが良く分かりませんでした。

帰りは先ほど分岐がありました「ブナ回廊コース」へ回ります。

確かにブナ、橅、ぶな・・・です。
登ります。
画像

下ります。
画像


クマは木登り上手!
画像


ブナに付けられた熊が引っ掻いて登った跡
画像


ブナの回廊コースは小学生などが遠足で来るそうで、いろいろな質問(答も)や説明が付いています。
画像画像















本日歩きながら出会えた花の一部です。
                               イワウチワ(岩団扇)           
画像

                                 タムシバ(田虫葉)
画像
 

                                 ユキツバキ(雪椿)
画像
                        

                                  アカモノ(赤物)
画像
 
  
                                  ウラジロヨウラク(裏白瓔珞)              
画像


                                   ユキグニミツバツツジ(雪国三葉躑躅)
画像


本日の締めくくりは静かな湖面の「雪つばきの池」
画像


直ぐ近くにバスが待機していました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
連日怒涛のアップとは素晴らしい。当間山はスカイライン側からキノコ採りに入ったことがありました。ブナの二次林がステキでした。
しゃくなげいろ
2015/06/18 21:24
しゃくなげいろ様
訪問、コメント感謝です。
怒涛のようにしても(笑)まだ追い付かないです。
魚沼スカイラインからの道もあるようですね。
きのこ採りは深みに入り込むと、一寸注意が必要かもしれませんね。
二次林はきっと素直に育っていることでしょうね。
noritan
2015/06/19 08:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
当間山(新潟県十日町市) のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる