のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【戸神山・高王山(群馬県)】

<<   作成日時 : 2015/03/18 06:47   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 10

登山口の下見で終わった消化不良を解消すべく、またもや群馬県へ行って来ました。

14日(土) 晴れ
新潟西IC=沼田IC=虚空蔵尊P・・・戸神山・・・高王山・・・観音寺・・・
発知ふれあい広場・・・虚空蔵尊P=沼田IC=新潟西IC

戸神山 772m
高王山 766m

Mapion



沼田ICを下りて進むと、やはり何度来ても車を止めて三角山を撮りたくなります。

画像


左隣の三峰山(1123m)と一緒に
画像


三峰山も群馬百名山なので、眺めてばかりでなく、いつか行ってみたい!

さて、近づいて来ました。
虚空蔵尊の登山口は三角の一番高い真ん中から登るので、標高の割りには急登なのです。
画像


11:30 虚空蔵尊
画像


2月7日には雪で埋まっていたねずみも陽を浴びていました。
画像


一応動物の写真も撮りながら・・・
先回は撮り忘れた「鎖場?」を上から撮りました。
画像


すると後ろから7日に甘酒をご馳走になった加藤さんが登ってきました。
何も担がず、何も持たず、さっさと登って行きます。
お先にと言いながら、すぐさま下って行きます。

12:30 山頂到着
画像


単独男性が一人、そのすぐ後にご夫婦が一組。

風は少し冷たいので、少し下ったくぼ地でお昼です。

スマホには地図ロイドもあるのですが、まだ使い方が良く判らないので、とりあえず「山カメラ」を起動して周辺かざして見るとさすが展望の山、グルリ、山名が表示されます。

子持山・赤城山方面・上州武尊山方面などなど、2月に見えた様子とほぼ同じです。

子持山
画像


赤城山方面
画像


上州武尊山方面
画像


13:10 今日は観音寺へ下山します。
画像


13:20 高王山への分岐
此処で、高王山方面から若い女性2名、若くない(?)男性1名がやって来たので、話を伺うと虚空蔵尊から登り、観音寺へ下り、登り返して、今高王山へ行って、虚空蔵尊へ戻るのだそうです。

そうか!そういう手もあるなとは思い、行かないと気になってしまう高王山へ進んでみました。

しばらくは緩やかな下りが続きます。
画像

画像


13:40 いきなり広場へ出ました。
画像


画像


画像


沼田市の観光情報によると、此処から林道が延び石墨町へ、下発知へと行けるのです。

林道高王山線の終点駐車場から高王山、戸神山頂上へ延びるルートのほか、発知新田町のニュースポーツ広場や石墨町とを結ぶコースなど、整備延長が約5キロメートルとなります。この遊歩道を散策すると、小鳥たちのさえずりが聞こえてきます。
 高王山は戦国時代の山城の面影が残り、三角山の名で親しまれる戸神山からは360度のパノラマ、市街地、関越自動車道、赤城山や武尊の山々が望まれます。


13:50 高王山
画像


画像


発知ふれあい広場に駐車して高王山〜戸神山と登るという方法もあるのです。

私は又、分岐まで戻り、観音寺へ向かいます。
14:20 分岐
画像


2月に来た時には、観音寺への道は雪が凍っているから危ないよ、とアドバイスを受けた通り、日当りが悪いのか道に中心はまだ凍っているのです。
画像


分岐が現れる度に周辺の様子が変わります。
画像

画像


13:37 観音寺 裏側に到着。ぐんましゃんが出迎えていました。
画像


画像


画像


画像


画像


地蔵、仏様は数限りなく設置されていますが
東日本大震災で傷付いた童心観音が逆光で。

画像

画像


此処にも参拝者・登山者用の駐車スペースがあるので、マイカーなら駐車出来ます。
バスでも小さいバスなら入りそうですが。
画像


14:56 発知ふれあい広場
画像


トイレを利用して延々と県道舗装道路を虚空蔵尊まで歩きました。
(会山行では此処でバスが待っています)

15:45 虚空蔵尊P 到着。

風呂も入らずに沼田ICから自宅へ。

標高772mの里山にしては、動物彫り物を楽しみ、岩場、鎖場を味わい、山頂からの展望の後はまったりした遊歩道を歩き、高王城址を偲び、樹林帯をジグザグに下りれば、其処には信仰の地蔵群が待っている。
変化に富んだ里山歩きの一日でした。

後は、本番の4月19日が空の神様に守られますように祈るだけ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
たびたび群馬にお運びいただきありがとうございます。
私の山荘はお写真の中に「赤城山」がありますが、その中腹の右端にある白い横長の部分あたりにあります。
したがって外神山(〜沼田のマッターホルンなどと笑い話にする向きもあります)はご近所の山になります。
なのに一度も登っていません。
三峰山(〜こちらは沼田のテーブルマウンテン)は一度だけ歩いています。
わざわざ新潟から遠征していただいているのに、地元としてこれでは面目ありませんので、私も登っておきましょう。
風花爺さん
2015/03/19 06:28
風花爺さん様
赤城山、中腹に山荘をお持ちだなんて、羨ましい限りです。
最近は秋の会の集中登山で、赤城一帯の各山を登っていますが、秋ではない季節にも個人的に行きたいと思っています。
「沼田のマッタ―ホルン」「沼田のテーブルマウンテン」とは良いネーミングですね。
群馬も新潟から近い処は楽に日帰り登山圏内なので、ついいろいろ調べて足が向きます。
新潟の山は結構キツイ山が多くて、そんな時に「群馬百名山」など参考にして登ります。
私も他県の山は訪れても、以外と地元県内の山はご無沙汰していることが多いです(笑)
noritan
2015/03/19 12:45
 なかなかバリエーションに富んだ、面白そうな山域ですね。それにしても、何度も足を運ぶ熱心な下見にはただただ頭が下がります。
 山の神様は、この熱心さにきっと温かなご褒美をくれますね。当日はきっと最高の天気に恵まれることでしょう。
山いろいろ
2015/03/20 19:41
山いろいろ様
頭は下げないで下さい(笑)
下見と言う意識ではなく、自分が一人で行ってみたい!
と言うのは本音ですね。
会山行の本番では大勢でワイワイなので・・
この前行きました桐生市の里山群なんかも里山とあなどれない変化が楽しめましたから、歴史と地元の人達の里山を守る、愛する気持ちが篭っていますね。
noritan
2015/03/21 06:30
後閑駅を出て三峰山の右隣のトンガリ山が戸神山だったのですね。登高意欲を掻き立てる山ですね。
しゃくなげいろ
2015/03/21 08:36
しゃくなげいろ様
土日と出かけていまして、昨日は久しぶりの筋肉痛でした。
里山も良い魅力はあるのですが、筋肉痛になる山も良かったでした(笑)
後閑駅って、ぱっと出てこないです。
駅を利用することが殆どない所為ですね。
三峰山と戸神山はトンガリとまっ平で良いコンビの山二つですね。
noritan
2015/03/24 10:15
noritanさん こんにちは
 初めてコメントさせて頂きます。高速から降りて、写真を撮りたくなった町に住んでいます。
 4月19日に皆様で戸神山に来て頂ける様ですが、私は埼玉の方に行く為お逢い出来ず残念ですが、彫刻家の山本さんや山田の山歩きさんがご案内できると話していましたので宜しくお願いします。
まきまき
2015/04/04 14:32
まきまき様
訪問、コメント感謝です。
山本氏にはいろいろ資料を頂いたりして、お世話になりました。
来週も群馬県の山へ下見に参ります。
まきまき様も新潟の山へいらして下さいませ。
noritan
2015/04/04 19:39
いつもコメントをありがとうございます。
戸神山は小さな山ですが、変化に富み眺望もよいので人気の山です。
皆さんに楽しんでもらいたいので、機会があれば、新聞やラジオを通じてPRをしています。
19日は天気が良いよいいですね。
山田の山歩き
2015/04/11 09:52
山田の山歩き様
初めて登った時に皆様に親切に迎えられて、本当に嬉しかったでした。
地元の方々が愛して、守っている山って良いですね。
19日は今の処晴れマークでひとまずホットしています。
noreitan
2015/04/11 18:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
【戸神山・高王山(群馬県)】 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる