のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【富士を見に 「三ツ峠山」 「金時山」】

<<   作成日時 : 2014/12/16 06:37   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 8

12月6日(土)〜7日(日) 会山行 「三ツ峠山」「金時山」

三ツ峠山も金時山も過去に数回は登っていますが、土日に計画があり、予定がダブっていないと、富士が見たい〜〜と参加しました。

過去には単独、或いは、仲間、或いは会山行、或いは自身が計画した会山行と行っていますが、今回はFリーダーの会山行に参加です。

シンシンと冷え込んだ夜半、4時頃目覚めると何と、庭には雪がスッポリ積もっています。
風の音もせず、雨音もしない夜半、雪は静かに降り積もり、起きて驚き!

まず、越後線は動いていないかもしれない。とっさにそう判断してしまったので、タクシー会社へ電話しても、毎度のことながら、予約でいっぱいと断られ、後は、自力で除雪して自分の車で行くしかありません。

シャッター付きの車庫なのですが、市道へ出るまでは角地を除雪しなければなりません。
ふんわりした雪は柔らかいので、スノーダンプで除雪すること30分。ようやく車は出られそうです。

早めに家を出たつもりなのですが、新潟駅南口の安いパーキングへ入れようととして、雪に嵌り、スコップを取り出して、除雪して入れるのを諦め、屋根付きの駐車場へ入ろうと思うけど、出口が車の通った跡があるものの、入口はまだ、車の通った跡が無い!

そこへ駐車場のおじさんが来たので、一緒に除雪して、ようやく車を納めることが出来ました。

その間には参加する山仲間4人くらいから連絡が入り、遅くなるとの連絡です。

今回、Fリーダーは栄パーキングからの乗車なので、名簿に携帯番号が載っていたのは私だけだったので、連絡が入りました。
そういう私も少々送れて、着きましたが。

そんな、こんなの今冬一番の積雪を乗り越えて、無事バスは出発。

前置きが長くなりましたが、県境を越えれば青空が広がっているのは確信がありましたので、皆さん、雪と戦って(オーバー?)新潟駅へ来たのです。

ところが、私の早合点で、越後線は動いていたようでした。

6日(土)
新潟駅南口(6:50)=談合坂SA(11:50)(昼食)=三ツ峠山登山口(13:20)・・・山頂・・・P(16:20)=宿(17:50)

新潟バイパス、高速へ入ってからも雪道での事故等あり、渋滞でした。
が、新潟県を抜け、次第に予定通りの時間に追いついてきました。

三ツ峠登山口でバスを折り、車道を少し歩き、トイレのある場所からキャタピラ車も通る登山道を歩きます。

昨年11月には御坂黒岳・釈迦ケ岳と組み合わせて会山行で行ったばかりです。

画像


少し雪はありますが登りなので、大丈夫です。

富士方面には生憎雲が掛かっていますが・・・
画像


バスに乗り込むとすぐに暗くなりました。

まぁ、やれやれと言った感じで宿へ向かいます。
宿はかつても泊まったことがあります、山中湖畔「崇岳荘」です。

素敵な名前の宿だと思いましたら、文豪徳富蘇峰先生命名とありました。

到着時間が遅かったので、入浴は食後と言うことでまずは楽しみな宴会です。

画像


食後、部屋に移り、またまた、持参の酒でFリーダー等とお喋り、お酒で明日の富士との対面を念じてお休みなさい。

さて、朝起きると朝食後に、湖の辺へ。
6:40
画像


白鳥が近づいてきて
画像


顔を湖面へ付けていたりすると、顔上げて!と声掛けると、上げてくれるのです。
彼ら(彼女)はカメラに慣れているのでしょうね!

7日(日)
宿出発(7:00)=乙女峠入口(7:50)・・・乙女峠(8:40)・・・金時山(10:00-10:30)・・・金時神社(12:10)
=御殿場温泉会館(12:40-14:00)=新潟駅南口(20:20)

今日の登りは乙女峠経由の道です。
画像


画像


長尾山を過ぎると神山、仙石原、芦ノ湖方面が見えてきました。
画像


画像


長尾山を越えると金時山のこんもりした山頂が見えてきます。

画像


静岡県小山町(おやままち)のこのでか過ぎる看板はちょっと頂けないと思うのですが・・・
実際は金時山は小山町の他に箱根町、足柄市も入っているのだから。
でも、この天下の秀峰というでかい看板も考えようによっては愛嬌があるかもしれないですね。

画像

画像


下りは金時神社へ下ります。

明神岳の会山行時には矢倉沢峠から金時神社へ下りました。
懐かしい金時神社です。

画像画像














御殿場温泉会館で入浴&ビール&カレーでお腹を満たして、一路新潟へ。

たぶん、私にとっては靴洗い山行になることでしょう。
今年の初めは丹沢から富士を見て、最後は箱根から富士を見て、良かった!良かったです。
これからの新潟は灰色の暗い、寒い日々が続くのですから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
怒涛のアップおめでとうございます。赤富士と白鳥と旅館の膳。オイラも一緒に旅気分を楽しませてもらいました。
しゃくなげいろ
2014/12/16 08:54
天候の悪い中を大きく遅れることも無くよくぞ完結!、良かった良かった!。
山中湖からの富士も、金時富士もよく見られてなにより、苦労した甲斐があったですね。
山いろいろ
2014/12/16 15:51
こんばんは。
遥々遠征、お疲れ様でした。
家から除雪して出るまで大変なご苦労ですね。我々はその時点でめげて中止です。(笑)
山中湖の白鳥と富士はナイスショットです!早朝は良い写真が撮れますね。
カスミッシモ
2014/12/16 20:26
しゃくなげいろ様
かつて3回、崇岳荘に泊まりましたが、いつでも朝には富士が見えました。
いろいろな写真家が泊まる訳ですね。
富士は朝に限る!ですね。
noritan
2014/12/17 06:17
山いろいろ様
その節は「中止?」との連絡にバス車内では、「とんでもない!」との声が。
我々は、雪をこざいても、関東の晴れた空を見る為に行くのです。
それだけの成果はありました!
noritan
2014/12/17 06:19
カスミッシモ様
訪問、コメント感謝です。
これからの季節、新潟の山は厚い、高い雪に阻まれて、近づけません。
我々は「関東出稼ぎ登山」と称して、抜けるような青空を求めて参ります。
noritan
2014/12/17 06:21
noritanさんコメント有難うございます。こちらこそ宜しく。
ここ2年ばかり山行がままならぬ状態ですので、皆さんのブログで山を楽しんでいます。
シルバータビー
2014/12/21 17:23
この時期は空気が澄んで
周辺からの富士山を眺めるハイクは最高ですね
日頃の精進が良く見事に晴れましたね
山中湖の逆さ富士も最高!
清兵衛
2014/12/21 21:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
【富士を見に 「三ツ峠山」 「金時山」】 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる