のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【信越トレイル5、6】

<<   作成日時 : 2014/11/30 10:41   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

今年は会山行として、信越トレイル セクション5と6を計画しました。

2年続けて実施したのですが、生憎、5だけが残ってしまったとか、6が残ってしまったとか・・・
そんな話も耳に入り、それになんと言っても、全セクションの中では、このコースが個人的に圧倒的に好きなのです。

9月に下見を兼ねて行った時は、まだ、木々の紅葉には早かったのですが、今頃は見ごろとなりました。

10月19日(日) 天気 晴れ

信越トレイル5,6はアクセス道路が狭く、マイクロバスでないと入れない。
マイクロバスは荷物を入れるスペースが狭いので、正座席全部埋める訳にもいかない。

信越トレイルを初めて会山行に取り入れた時には、有名なピークを求める山歩きと違うので、参加する人は少数だろうなぁ〜〜懸念していたのですが、想定外に多くの参加者が居て、バス2台、或いは、二日に分散して実施しました。

が、もう多くの方が歩かれたので、今回は丁度マイクロバス1台でこじんまりと行くことが出来ました。

上越ICからグリーンパル光原荘へ。
此処で、トイレを借り、登山靴を履いて、関田峠へ。

関田峠は信越トレイルコース上で、一番標高が高い峠です。1,100mあります。
古来より、正に信越の要として、人、物が行き来した峠です。

画像


信越トレイルはコース上の標高差を見ると大したアップダウンはなさそうで、大したことはないと思いきや、いやいや、結構の急な登り、そうしたと思ったら急な下りと何回も小刻みに繰り返すので、以外と難儀な歩きなのです。

木々も葉を落としているもの、まだまだ最後の色づきを見せているものいろいろです。

登山道を横切って横に這うように幹を伸ばしている「ど根性ブナ」=私が命名

画像


見上げると雲ひとつない空に橅が天を突くように伸びています。
「秋天を 突くがごとくに 橅の枝」=駄句です。

画像


画像


遠くには刈羽の黒姫山とか八石山とか米山方面、その左には日本海が。

牧峠、宇津ノ俣峠を過ぎると左前方には上越菱ケ岳のひしゃげた姿が見えてきます。

画像


画像


画像


木漏れ日をうけながら晩秋の森歩きは伏野峠(ぶすのとうげ)でセクション5は終了です。

一に天気、二に天気、三、四が無くて五に天気!
天気良ければ統べて良し!!

1週間後の10月25日(土) 天気晴れ

引き続き伏野峠からスタートです。

峠からスタートなので、いきなりの急な登りになります。

画像


見える景色はセクション5の続きって感じです。

菱ケ岳と刈羽方面の山です。
少し進んでいる分、見える範囲が多少違っていますが。

霧ケ岳とか菱ケ岳とかから関田山脈(信越トレイル)がよく見えると思うので、是非、今年内には行ってみたいと、この時には思っていたのですが・・・

実際には私自身が風邪を引いてしまったり、忙しかったり、そして長野北部地震が起きたりと、想定外の出来事で叶っていません。

やはり「ど根性橅の枝」を撮りました。
画像


画像


もうすっかり木々は葉を落としています。
先週に引き続き今日も抜けるような秋空が広がっています。
気持ち良い歩きです。

画像


野々海峠でお昼です。
林道が交差する脇で、背中にお日様を浴びて一列ならびでランチタイムです。

画像


信越トレイルの数多くある峠の中で深坂峠のこの石碑は立派です。

越後から信州へ、甲州へあるいは関東への重要な交通の要所だった峠も今は中高年ハイカーがトレイル歩きを楽しんでいるのです。
画像

画像


画像


三方岳を過ぎ、天水山への道です。

画像


天水山到着です。
信越トレイル新潟県側最終地点です。

実際には此処から三方向への下山口がありますが。

ゆっくり周辺を眺め、記念写真を撮り、私達は大好きなブナ美人林が広がる松之山口へ下山します。

画像


木の左横の平に広がっている山が苗場山です。

画像

画像


一時期薬草「黄蓮(オウレン)」の栽培の為に下草を刈ったとかで、ブナがスックと立ち並んでいる様は正しく「美人林」と言いたい。
オウレンが咲いている時期には来たことはないのですが、果たして今も咲くのかどうかは?ですが、トレイルのセクションに拘らずに松之山口から少し往復してみたい気がします。

画像


2年間遠ざかっている間にバイオの綺麗なトイレが設置されていました。

松之山温泉「ナステビュウ湯の山」でゆっくり浸かり、今年の信越トレイル山行は終わりました。

次回には春に来たいな!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
このセッションが、信越トレイルの一番いいコースなんですね。
行きたいと思いつつ、ついに今年も叶いませんでした。来年こそ挑戦してみようと思います。
この日は天気も良くて、皆さんも喜んだことでしょう。ブログも読みやすくまとまって、なかなか味わいがあります。(^_^)
山いろいろ
2014/12/01 11:46
山いろいろ様
昨日は大役、お疲れ様でした。
お世話になりました。
山様のまとめ記事アップ、参考にさせて頂きました。
早くリアルタイムへ追い付きたいと思います。
が、もう山記事は大したことはなくて、気も萎えますが・・・
冬場は映画、本ネタですね!
noritan
2014/12/01 12:54
待ちに待ったアップおめでとうございます。秋の青空が素敵な山ですね。菱ケ岳って菱の形が明快ですね。天水山は出るのですよね。キノコが。
しゃくなげいろ
2014/12/01 20:39
しゃくなげいろ様
本当に忘れてしまう位久しぶりです。
仰せの通り、セクション6では、うまい具合にきのこにうんと詳しい方がラストリーダーで、歩きながら、収穫されて、下山地ではおすそ分けを頂いて帰りました。
「クリタケ」って言ったでしょうか?
翌日には美味しいきのこ汁で頂きました。
noritan
2014/12/02 03:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
【信越トレイル5、6】 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる