のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【鷲ヶ峰・八島湿原・美ヶ原 その3】

<<   作成日時 : 2014/09/25 13:24   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 8

朝食を食べて、辞する前に一寸気になる本がありました。
それは閲覧用と言うよりも販売用と言う感じだったので、あまり、中身をパラパラ見るのも悪いかなと思いました。

高峰さんに「オオカミですか?!」と尋ねましたら、それを肯定される意味でこの図書を並べているのだと納得しました。

白水社から出版されている「オオカミ」復活に関する本三冊です。

画像

この本の他にも二冊出版されています。

「日本オオカミ協会」のサイトの中に「霧ヶ峰でオオカミを語る会」が催された記事も載っています。

私にとっては「日本鹿害」は全国どこでも困った問題として浮上していることは山を歩かせてもらっている身としては知っていましたが、その対策(鹿だけに限らないようですが)として、外国からオオカミを連れてくるということが賛否を問うているのだと初めて知りました。

オオカミという名前を現実的には初めて聞いたような気すらします。

分厚い図書ですし、私の頭では理解できないのでは?と思い、購入はしませんでしたが、今後もこうした意見、記事を眼にすることはあるかもしれません。

オオカミが日本から姿を消して、もう何年経つのでしょうか?
すぐ様、鹿害が発生した訳ではなく、果たして、鹿害の理由は他にもあるのでしょうけど。

オオカミはさて置きまして、雨なので、予定を変更して上田市から入る「美ヶ原公園沖線」を進み、美ヶ原を目指します。

上田市から県道62号美ヶ原公園沖線をジグザグに走る頃には青空さえ姿を現し、雨は上がりました。

「朝の雨〇〇要らず」の言葉そのものでした。

画像


広い駐車場で、車はポツポツしか停まっていません。
此処へ向かったものの、再度、三城牧場登山口へ戻りたい気持ち・・・

長野県自然保護センターは自由に入れるのですが、中は誰もいません。

画像画像












画像画像













画像画像











画像画像








画像画像

















熊や鹿や蝶、花などなどでした。

美ヶ原に上がってみると長和町・松本市方面はガスがまだ掛かっています。

まずは「天狗の路地」から車道を避けて、王ケ頭を目指します。
画像
電波塔はまだガスの中

画像画像
















近づいてみるとはっきりしてきたのか、ガスが少しずつ晴れてもきているみたいです。

画像

王ケ頭ホテルです。懐かしいです。もう、何年前でしょうか、娘と此処に泊まり、王ケ頭や美しの塔などなど散策したことを思い出します。
これは外来の食堂やトイレ、売店などの利用者用の玄関です。
此処の脇に石仏があり、その脇に「王ケ頭」の石碑があります。
画像画像













御嶽教の石仏は、やはり御嶽山に向かって鎮座しているのでしょう。
よく見ると、愛らしいお顔です。

画像


画像

鉄平石と言うのです。

鉄平石(てっぺいせき)は、長野県の諏訪地方・佐久地方に広く分布する輝石安山岩の板状節理がよく発達したもの。およそ2,500万年前の火山活動によって形成されていると推測されている。板状に剥がれやすい性質を持ち、2〜3cm内外の厚さに剥離(はくり)された鉄平石は、建築用の内装外装用石材として広く利用されている。                 Wikipediaより

画像

コロボックルヒュッテにも使われていました。

画像

王ケ鼻の石仏たちも鉄平石に埋もれています。

画像


王ケ鼻の石碑(標柱)は真新しいのですが、こちらの方が風雨が酷いのでしょうか?

画像


本来登る予定だった三城牧場からの分岐点。
牛伏山も今回はパスしたので、次回の楽しみに。

王ケ頭ホテルへ行きランチを頂きます。

画像


電波塔周辺もすっかりガスは晴れました。

画像


王ケ頭ホテル前から美しの塔、山本小屋、山本小屋ふる里館などが見えます。

画像
              少しズームで。

画像

美しの塔と牛たち

8月に来た時には、あちらからこちらを見ていたのでした。

画像


ランチを楽しんでいるひとたち。

さて、駐車場へ戻ると長和町方面のガスも晴れて、佐久方面の山でしょうか?
画像


帰りも「美ヶ原公園沖線」で東部湯の丸ICから高速にあがる予定でした。
下っていくと自転車レース大会が行われているらしく、自転車が走ってきます。
最近、山ではトレイルランとか、自転車レースとか・・・
登ってくる人に下る人、同じ登る人たちでも右側を入っている人、左を走っている人、
ジグザグのカーブの連続の道なので、危ないです!

心配した通り、車と自転車がぶつかって、自転車の選手が足をさすったり、血も見えます。

そして分岐で、大会関係者の車があったので、事故のことを伝えると、まだ、誰も伝えてないとみえ知らないようでした。
そんな分岐で指示されるままに下りて行くと、どうも変???
美鈴湖へ下りてしまい、安曇野ICから新潟へ帰りました。

時間は早かったのですが、ぐいぐい登った訳でもなく、涼やかな秋の涼風も吹いて、予定のコースではないので、日帰り温泉を探すこともできずに、そのまま高速乗って帰りました。

1年に三度も訪れた霧ヶ峰。
何度でも、訪れたい処です、私にとっては。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
オオカミかぁ、もとより生存力の弱いものが絶えるのが野生の掟。シカが繁殖するのは保護の行き過ぎ、高齢化による猟師の減少も原因かと。
いずれにしても、野生界のバランスが崩れてなんとしないとイカン段階かと思われますね。
美ヶ原、好きですね。別荘でも買いますか?(笑)
山いろいろ
2014/09/25 19:26
山いろいろ 様
訪問、コメント感謝です。
日本の自然を守る為に、外国からオオカミを呼ぶ必要が絶対案かどうかは賛否両論でしょうね。
霧ケ峰や美ヶ原で、別荘は無理なので、駐車場の番人にでもなりたいよ(笑)
noritan
2014/09/26 06:41
忙しい身でありながら、よくもまぁ体が回ってご活躍ですね。長野県の山に滅法お詳しい。
しゃくなげいろ
2014/09/26 08:28
しゃくなげいろ様
訪問、コメント感謝です。
長野贔屓がたたり、新潟の山はサッパリわかりません(笑)
長野は「山の観光県」なので、情報がたくさんあるのですね。
noritan
2014/09/26 08:54
noritann様頑張っておられていまので、すごく憧れております。
久しぶりですので覚えておられますか?ようやく念願がかなった
みたいです。写真の方もまかせて下さい。これを機会によろしく
お願いします。

えこ〜
2014/09/26 17:22
えこ〜様
訪問、コメント感謝です。
えこ〜様、久しぶりなので、ごめんなさいお名前は??です。
後で、こっそりメール下さいますか!
noritan
2014/09/27 04:29
noritan さま
この界隈過去2回だけしか経験がないのです。
以前、現在藤沢市に住んでいるT夫妻と真冬に行こうと話をしたことが
有りましたが、結構費用も掛るので取りやめ。
この本 読んではいないけど知っていました。
日本家屋建築の外構(塀など)に使われる鉄平石、とても高価なのですよ。

輝ジィ~ジ
2014/09/28 10:52
輝ジィ~ジ様
輝様は博識でらっしゃるからいろいろご存知ですね。
私はこうしたオオカミに関しての著書などがあることは始めて知りました。
尚、鉄平石に関しても。
販売、施工する会社もあるようで、実際の家や外壁材に用いられているのですね。
でも、山から勝手も持ってきてはいけないのでしょうね?
鉄平石は重いので、それを瓦に用いている家は土台がしっかりしている証拠なので、金持ちの証だとか・・・
noritan
2014/09/29 07:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
【鷲ヶ峰・八島湿原・美ヶ原 その3】 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる