のりこの日暮し日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【姫小百合に会いたくて1  粟ケ岳 2014年6月8日】

<<   作成日時 : 2014/07/18 16:58   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2014年6月8日(日) 曇り後雨

「そろそろかしら・・・」
「そうね、大丈夫かもね」

と、そんなメールのやり取りの末、女子2名で久し振りの「粟ケ岳」中央登山道コースを目指しました。

本日はガスに山用のフライパン。
私の分担は肉と焼きそば(生)
もう一人女子は野菜たっぷり。

で、そろそろ咲いているであろう「姫 様」に会いに行きました。

どれくらい久し振りかと言われてもう〜〜ん?と言う程です。
2009年年6月15日でした。

≒8:00
画像


山開きのしめ縄が残っています。
前を歩く男性は無関係の方です。
画像


8:02 いきなり1合目からスタート=と言う気分ですね。
画像


「ゆっくりね!!」「ゆっくりね!!」と後ろの彼女の声を聴きつつ、後ろを確認しつつ・・・
8:22
画像


いよいよ出てきました。最初のロープ、梯子
画像画像
















8:49
画像


この辺から後ろを見ても彼女の姿が見えません。
「私は小屋までで良いワ」と言っていたし、私も姫様に会えれば、小屋でゆっくり焼きそば作って・・・
などと思っていました。

弥彦・角田方面だと思うのですが・・・
画像


9:25
画像


守門岳かな?
画像



山法師(ヤマボウシ)
画像

画像


9:50
画像


裏白瓔珞(ウラジロヨウラク)
画像


山躑躅
画像


白・ピンク・赤の木々の花を眺めている内に又も工事現場のような梯子が出て来ました。
画像


10:23
画像


10:27
本年初の姫様です。
画像


私のカメラと腕は確かに良くは無いのですが・・・
でも、何だか、今年の姫様は色が少し薄いような気がします。


衝羽根空木(ツクバネウツギ)
画像


10:54
7合目の小屋にようやく到着です。
画像

画像


此処で焼きそば!!
と想像して彼女を待つことに。

が、が、現れません。
外に出て時折、着信があるのですが、返信しようとすると電波は断絶。

ご夫婦の方でご主人だけ山頂へ行き、奥さんが小屋で留守番のようなので、私も図々しくザックを置いて、彼女が来たらの伝言をお願いして向かいました。

見えるは山頂!と思いきや、実は違うのでしたが・・・
画像


小岩鏡
小さいから勝手に”小”を付けました。
画像


先ほどの姫様より色が少し濃くなりました。
標高の所為??
画像


11:33
画像


11:47
画像


あそこに聳えるは紛うことなき山頂、10合目
あと10分位でしょうか!
画像


が、が、此処で天からの欲しくないものが垂れてきたではありませんか!
雨具は焼きそばと一緒に小屋に置いてきたし・・・
お腹も空いたし・・・
彼女がガスと焼きそばと肉を待っているでしょう!

11:56
ここで、山頂は見上げただけで即、引き換えしました。

12:40
小屋に戻っても彼女はいなくて、後から登ってきた人が伝言を預かってきました。
ベンチで待っているとのこと。
さて、お昼はパスして、下りねばならない。

雨は次第に量を増しています。
ベンチで待っていた彼女から行動食とホットコーヒーを頂き、ひと心地つきました。
雨の中、外で焼きそば作っても何ですから、ともかく下山。
何でも無い道でも濡れると下りは滑る!滑る、尻餅も付きました。
お腹の足しにならない”餅”ですが・・・

中央登山口
15:15

本当は100円のお風呂に入る予定だったのですが、「美人の湯」に着く頃には土砂降りになりました。

温泉入浴後はラーメンを食べたのですが、お腹が空き過ぎて、半分も食べられませんでした。

帰りには彼女持参の「たっぷり野菜」を頂いて帰り、夕食に「家焼きそば」をしました。

ようやく、お腹の本当に空いてきて、ビールと焼きそばの美味しかった!美味しかった!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
noritanさま
またまたお邪魔してあいすみません。
小生、歩ける内は定例として粟ヶ岳の姫さまに逢いたく過去、10年以上は継続しています。
折角の粟ヶ岳だったようですが、お天気もイマイチだったようで・・・
小生、ヒメサユリは下田高城城址程沢山見られるのは個人的には過ぎたるは・・の感がします。
そう言う意味で飯豊山塊や浅草、そして粟ヶ岳で見られる程度の数に惹かれます。
其々の山は年により、積雪量、雪消え時期の問題で開花期間が若干ずれますが、均せば粟ヶ岳のヒメサユリは13,4日頃から遅くて24,5日頃までの間が見頃かと存じます。
雪消えが遅い魚沼山塊とか飯豊はもう少し全体的に遅いようです。
因みに小生、今年も粟ヶ岳へ行ってきましたがマズマズそれなりだったかな・・と。



輝ジィ~ジ
2014/07/19 19:35
輝ジィ~ジ様
コメント感謝です。
この後、浅草岳に行こうとしましたが、天気の関係でパスでした。
一日、違っても花の様子が変わりますね。
出来れば、時期を狙って、毎年行きたいところです。
でも、年々、難儀になります。
noritan
2014/07/20 13:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
【姫小百合に会いたくて1  粟ケ岳 2014年6月8日】 のりこの日暮し日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる