のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【菩提寺山⇒高立山⇒護摩堂山 2014年4月29日】

<<   作成日時 : 2014/05/31 14:50   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

4月29日(昭和の日) 晴れ

この日は胎内市主催の大峰山の山開き
五泉市主催高立山 山開き

で、高立山の山開きの山頂トン汁に惹かれて行って来ました。

私のカメラは「PowerShot G15」なのですが、どうも、花を撮るにも、遠方の風景を撮るにも、雪道を撮るにも、カメラの機能を上手く生かし切れていないのです。

要するにプログラムモードがいろいろあるのに、つい何でもオートで撮るか、単に「接写」モードで撮るかしか能が無いのです。
カメラに関してはベテラン中のベテランのKさんと一緒で、歩きながら、シーンにあったカメラ指南をして頂きました。

が、結果は、その時には分かったつもりでも、時間が経つと綺麗さっぱり忘れてしまい、本当に情けない!!

先日、会の登山研修で行った「大沢公園」からまずは菩提寺山を目指します。

公園を横切らない後ろ側から登り始めます。
画像


花と緑の小須戸町
でも、今は新潟市に合併、秋葉区小須戸になっているのですが、どうも「小須戸町」の方がしっくりしますが・・・
画像


今日はコースタイムは記録無しです。

春蘭(葉を撮らないと後で??です。花の名前は間違っているかもしれません)
画像


稚児百合
画像


キブシ(木五倍子)
画像


仏路峠
やさしい峠らしくない峠です。
画像


名前に因んで仏様が鎮座していますが、良く見ると単なる石を乗せたものなのです。
赤い前垂れに帽子を被せるとそれらしく見えますね。

画像


右だけは本当の地蔵様

画像画像














花を見て、お地蔵様を眺めている内に菩提寺山頂です。
画像


画像画像

















河内山塊はボンヤリしていて、山座同定は難しいです。

次に「高立山」へ。

画像


スミレサイシン(菫細辛)
画像


シロバナイカリソウ(白花錨草)・・・違っているかもしれません
画像


画像


高立山山頂です。
画像


神事は終わった後でした。
画像


小屋脇では大きな鍋にトン汁が・・・
美味しそう!! お変わりどうぞ!との声に二杯も頂きました。
画像


画像

画像

見えるピークがどの山なのかは??です。
少しボンヤリしているので。

さて、お腹もいっぱいになり、トン汁班も後片付けをして下山したようです。
大鍋等々担いで下りているのでしょうか?

と、思ったらゆっくり、ゆっくりこうした便利な乗り物で下りていました。
画像画像














ガマズミ(莢蒾)
画像


林道へ出ました。
画像


林道へ出てからしばらく林道歩きがあるのですが、私は高立山から護摩堂へ向かうのは初めてです。
途中、左へヒョイと入り、Kさんがこの道では?と進んで行きますと、何と会の仲間が山菜採りをしていて、この道は間違いと言うことで引き返し、もう少し林道を進んだ処に
画像


画像画像

画像画像























護摩堂山城址。此処が山頂なのでしょうか?
画像


名前は??
画像


護摩堂山が賑わうのはやはり紫陽花が咲いてからなのでしょうね。
チラホラしか人は居ませんでした。

今度は違う回り方で来るのも良いですね。
この三山は、新潟市秋葉区、五泉市、田上町と三市町にまたがっていて「西山三山」と言うのだそうです。
画像


又、大沢公園に戻り「花の湯館」で汗を流して終わりです。
画像

カメラの腕は???ですが、トン汁と晩春の花を楽しめて、良かった、良かったでした。

この同じ日には護摩堂山も山開きだったようです。
私達が護摩堂山に辿り着いた時には山開きも終わり、人々が退けた後だったので閑散としていたのでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
noritanさま
こんばんは〜西山三山お疲れさまでした。
豚汁旨かったことでしょう。
カメラの腕前もセンスも宜しいと思いますよ。
小生にも教えて頂きたいもの。
輝ジィ~ジ
2014/06/02 22:00
輝様
毎度賞味期限切れの記事への暖かいコメント感謝です。
カメラ自体は性能は良いと思うのですが、使い熟していないのです、
「絞り優先」ってどうなるの??って感じで初歩の初歩も知らないのですから・・・
教えるなんて、とんでもありません!!
同じ花を3枚くらいは撮ります。
その内1枚でもまともでありますように!と。
noritan
2014/06/03 08:35
身近な山でも書き手が変わると、視点が違って知らない山を見るようで、面白く読ませてもらいました。
しゃくなげいろ
2014/06/03 22:20
しゃくなげいろ様
コメントありがとうございます。
豚汁に引かれて山に行くなど、本当に私は食いしんぼです!
真夏を除けば、冬、春、秋と手ごろに楽しめる山ですね。
noritan
2014/06/05 05:30
西山三山、近いこともあって良く登りますが山開にあったことはなく、今度山開を気にかけて登ってみたいと思います♪
低山ながらその気なって見ると、花や山菜、キノコ等も豊富で それぞれの山頂に小屋もあって、いろいろ楽しめる有難い山ですよね。 (*^_^*)
FUKU
2014/06/05 20:17
FUKU様
コメント感謝です。
山開きもいろいろあって、トン汁が出る山開きなら行きたい!
と言うことで、この日は胎内市の櫛形山脈縦走もあり、どちらにしようか迷った挙句、トン汁に惹かれて参加でした。
noritan
2014/06/06 12:47
今のカメラはオートで充分いい写真が撮れるように、設計されています。昼間の画像であれば、オートでもSCN選択でも大差ないはずです。
そちらに神経を使うよりも、構図に工夫した画像の方がいいと・・・自分は思うのだけど。
山いろいろ
2014/06/06 20:37
山いろいろ様
コメント感謝です。
カメラは何に重きを置くか?
人それぞれですね。
有る昨日は使った方が良いとアドバイスする人や、下手に使うよりもオートの方が良いとか・・・
何れも、難しいです。
特に、構図って言われると尚難しい!!
noritan
2014/06/08 01:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
【菩提寺山⇒高立山⇒護摩堂山 2014年4月29日】 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる