のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【多宝山 2014年1月19日】

<<   作成日時 : 2014/01/23 13:29   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

1月19日(日)  曇り、時々晴れ間、時々小雪
会山行「多宝山」 参加23名 

今年初の会山行参加です。
それも「ワカン」必携の雪山です。

もう10年以上、ワカン必携の山には行っていません。
14日、役員会終了後の飲み会の席上で、この山行に参加申込を出している方が多くいらして、ベテラン甘納豆様も参加、おまけに同乗させて頂くとあって、急遽参加をしました。

登山口Pは石瀬神社P
下山口Pは弥彦神社P

それぞれに分かれて駐車して、石瀬神社Pに集結して出発です。

画像


画像


岩室温泉コースの案内を通り越し、林道の案内の無い右側、杉林の中をヒョイと取り付きます。

多宝山はかつては弥彦山と同じ標高634mと表記してあったと思うのですが、今は633.8mと表記してあります(旧い案内板は634m)
弥彦山に敬意を表しているのでしょうか?

NHK「天地人」で一躍注目された「天神山城跡」で、岩室からのコースが案内等整備されています。

多宝山は、私の仕事場から自宅への西大通りでは、真っ直ぐ正面に聳え、電波塔の乱立する弥彦山と違って、スッと綺麗な三角の山姿は「西蒲富士」とも言えるほどです。

さて、そんな多宝山も今回のコースは結局はワカンは履くほどではありませんでしたが、藪っぽい道を先導者が付けた踏み跡を辿って、足を上げていくのですが、ナンセ、短足の身で、なかなか難儀でした。

画像


風も無く、歩いている分には快適な山歩きです。
雲間からは時々青空も見えます。

個人山行と違って、好きなようにシャッターを押せないのが心残りです。

画像


岩室温泉からのコースの案内に出ました。

多宝山山頂です。

画像


会の仲間で若手のN夫妻が居まして、シャッターを押して頂きました。

歩いていると寒さは感じないのですが、立ち止まると、やはり、寒い!!

此処で、お昼の予定でしたが、先へ進めます。

弥彦山方面目指して

画像


画像


展望レストランは先週来た時には営業していましたが、それは登山者を当てにした訳ではなく、ロープウェイで初詣客を狙っての営業なので、成人の日を境に閉店していました。

此処でお昼!と思いきや、少々待って、奥宮まで行ってくるとのことです。

私は此処で待つことに(何と軟弱!)
そんな軟弱者は私だけかと思いましたら、屈強男性リーダー氏4名も此処で待機組でした。

歩いていると丁度良いのですが、手袋取って、食事をすると、その両の手が時期に冷たくなってくるのです。

そうこう寒さに耐えていると奥宮に行った皆さんも戻り、昼食を済ますと、表参道コースから下山です。

途中から???
いつもと雰囲気が違う??
何やらお墓が出て来ました!

俗に「お墓コース」?と言うそうです。

小さな川を渡渉して、正にお墓軍の脇を通ります。
画像


多宝山、弥彦山、いつものお馴染みの山のはずですが、今日は何やら初めての山を体験したような感じでした。

時間が一寸取れたら「弥彦山&多宝山&角田山」の日々が続きますね。

弥彦山の山頂 奥宮はいつかリベンジします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
なんだかすごい勢いでアップしていますね。
どうしたの?、なんかあったの?(笑い)、まぁ結構なことなのでこの後もがんばって!
墓場コースね、3合目?辺りから横に入る道がありますね、あれかな?
山いろいろ
2014/01/23 17:20
山いろいろ様
本日は日直(6時まで残り戸締りをする)会社です。
実際は男性諸氏は残っているのですが。
そう、つまり、公私共に暇なのです。
どうして、こう仕事が早く捗るのかなぁ〜〜と思うに
パソコンの所為ですね。
山記事も、本記事もやはりブログって旬なのですね。
昨年も良い山いっぱい行ったけど、もうそれは諦めます(笑)
ガソリンも高速も高くなれば、地元の里山歩きが多くなりますね。
墓場コースでも何でも歩きます(大笑)
noritan
2014/01/23 17:41
noritanさま
過って春の集中登山で旧 大滝小屋を通る“石瀬コース”も有ったのです。

弥彦駐車場が一杯の時は、明訓の碑のあるⓅから墓場を通って茶屋へでるか、または墓場と別れ堰堤経由(野鳥のさえずりコース)で1.5合目へ取りつきます。
輝ジィ~ジ
2014/01/23 17:45
輝様
歩きながら、輝様と同じ事を旧い会員の方が仰っていました。
春の集中登山で「石瀬コース」がありましたがかの有名なSさんがリーダーをされた時に参加した覚えがあるような・・・
時間の掛かるコースだったような思いがあります。
杉林を抜けて、今は木々は裸木になっていますが、このコースは葉が茂れば日陰になるので、花は余り咲かないのではなかったかなぁ〜〜と仰っている人も居ました。
表参道コースと言えども、こうしたサブコースがあるなんて、初めて知りました。
弥彦も角田も国上も縦横無尽にコースがあるのですね。
奥が深いですね!
noritan
2014/01/23 17:53
こんばんは。連日アップ素晴らしい!エンジン懸かって来ましたね。多宝山お世話になりました。ランチタイムで、指先がびりびり痛むほど寒かったのには参りました。
しゃくなげいろ
2014/01/24 18:14
山頂ではおじゃまいたしました。
noritanさまが、正直申しますと、実は私はよくわからない・・・。
申し訳ありません。
多宝山山頂で皆様にお声をかけていただきましたが、正直申しますと・・・皆様、顔を隠されていて(帽子サングラス等々)実は誰が誰だかよくわからない状況でした。
また山行でお会い出来る日を楽しみにしております。
わら
2014/01/25 00:09
しゃくなげいろ様
こちらこそお世話になりました。
確かに、歩いている時には冬用のグローブで手も暖かかったのに、外しておにぎりを食べたりしていると、途端に冷えてきましたね〜〜
手が凍傷になりかけたかと思うほど、赤紫色になりました。
ホッカイロで暖めながら食べないといけないですね。
noritan
2014/01/25 20:36
わら様
ようこそ!コメント感謝です。
そうですよね!私も最初、わら様達とは気づかずにいて「じゃぁ〜〜ね」と皆さんにさよならし掛けた時に、慌てて、何か発したのです。
帽子は被ってましたが、サングラスは掛けてはいませんでしたが(笑)
ではでは、又、どこぞの山での偶然の出会いを期待して。
noritan
2014/01/25 20:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
【多宝山 2014年1月19日】 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる