のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【俳句とお茶を楽しむ会】

<<   作成日時 : 2013/09/06 16:47   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 6

「山に行けなかった週末」
8月25日(日)

昨日に引き続きなのですが、一夜明けるまでに本当に日にちの掛かることです!

本来なら「山」優先で毎月(今年の4月から市の施設利用場所が変わり、それに伴って、毎月第4日曜日となったのです)の「俳句とお茶を楽しむ会」は此処のところ欠席が多かったのです。

会のHPでも、俳句寄稿でお馴染みのKさんが主宰で、東区のご近所の方8〜9名でやっています。
そんな内輪の会にKさんからお声かけて頂き、西区から馳せ参じて参加させて頂いているのです。

俳句は、始めてみると、確かに楽しくて、山へ行けば、行きっぱなし、写真は撮りっぱなしの私でも、何か一句をひねり出したくなるものです。

で、急遽、天候悪化の為、山を中止したので、俳句会に参加してきました。

お花の当番もお菓子の当番もいつも免除させてもらっています。

画像


皆さんのお庭で咲いている花なのでしょうか?
名前は聞いたのですが、今はメモが見当たらずに???です。

画像


お菓子は珍しいと言うか、初めて見ました、聴きました「彦根の名菓」一重菓舗「友禅流し」と言うお菓子です。
和菓子は本当に繊細で、お菓子の中に歴史も物語も詰め込まれている感じです。
普通は新潟の老舗和菓子屋さんのお菓子を調達されるのですが、私はラッキーな日に参加出来ました!

画像


このお茶碗は「夏茶碗」で、素敵なお茶碗です。
Kさんともうお一人の方は夏茶碗を持参して下さって、それに点てたところです。
自分が持参したお茶碗との違いは確かに感じます。
暑い季節に少しでもお茶が早く冷めますように。

順番が逆になりました。
句会を先にやって、後でお茶の会でした。

句会は

3句ずつ提出して(これは投句用紙と言って、短冊状の紙)誰の句か分からないようにして全部回して書き写します。これを「清記」と言います。
本日は8名なので、24句が揃う訳です。

各自が選んだ3句を披講の人が読み上げ、その後で、作者が名乗ります。

この句会があるから、山に行った時の事を思い出しながら、無い脳みそを一生懸命練りだして作ります。

私が選句した句は
「霧晴れて 剱の岩の 迫り来る」
これは先日、剱岳へ行ってきたT子さんです。

「雨止むを 待ちて木立に 蝉時雨」
これはSさん

「夫(つま)逝きし 年越えし子と 盆参り」
これは主宰のKさん

私が選句された句は
「双子山 南へ続く 処暑の雲」
「黒百合の 花重たげに 俯きぬ」

他に作ってきてKさんから見て頂き、○を頂いた句です。
「双子山 双子池へと 秋日和」
「蓼科を 背負うかのごと 松虫草」
「風の秋 湖水にたゆたう 蒼き木々」

まぁ、初心者の思ったままの句ですが・・・

画像


夜ご飯は具沢山の豚汁(私の豚汁は酒粕が味噌より多く入っているのです)
そして、先日の山行で頂いてきた手作りの「えご」は酢味噌で。

山へ行くだけが週末の過ごし方では無い、それなりに、のんびりとした二日間でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
 そうそう、時には山を忘れて、趣のある週末とするのがいいですね。
 なかなかの秀作、天才だ!。ヨイショ(笑い)
・・・でもやはり、ネタ元は山になるんですね。
山いろいろ
2013/09/06 20:17
山いろいろ様
俳句仲間の中でも、我が山仲間の句はすぐに分かります。
題材が殆ど「山」
私はもろ100%山です。
日常生活の中では俳句は浮かばず、溜息のみです(笑)
昨日は
「蓼科は 霧に包まれ 眠りをり」
でした。
noritan
2013/09/08 08:52
こんばんわー。>山へ行くだけが週末の過ごし方では無い、オイラもソウ思います。吟行に一度は出てみたいと思っているのです。>「黒百合の 花重たげに 俯きぬ」いい句ですね。推薦したいです。
しゃくなげいろ
2013/09/08 21:12
noritanさま
outdoor indoorともに充実の時を過ごされている様子で
何よりです。
輝ジィ~ジ
2013/09/09 08:00
しゃくなげいろ様
コメント恐れ入ります。
素直な気持ちで見たままを作っています。
写真を撮るだけでない花や山の味方が出来るようになりました。
私どもも、一年一回くらいは吟行をしますが、吟行は難しいです。
でも、その後のランチが楽しみなのです!
noritan
2013/09/09 08:38
輝様
輝様のブログもご無沙汰ですみません。
山の仲間が⇒俳句の仲間になっているって、皆さんのおかげです。才能のある方に接しているだけで幸せです。
noritan
2013/09/09 08:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
【俳句とお茶を楽しむ会】 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる