のりこの山と本の記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 【霧ヶ峰・美ヶ原 分水嶺トレイル Aコース】

<<   作成日時 : 2013/06/03 23:10   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 12

6月2日(日) 晴れ

一夜明けて、朝食も静かなピアノ曲が流れる食堂で朝食です。
う〜〜ん、美味しかったでした!

画像


蔦の這う窓辺
画像


ジャズ喫茶のようなレコードのジャケット。
画像


本当なら、本日は御泉水自然園を見学したり、蓼科山を登る予定でした。

が、昨年、初めて参加した「霧ヶ峰・美ヶ原 分水嶺トレイル」が2013年の踏破予定がなかなか決定しなくて、第1回は2日からスタートでした。

なので、蓼科山は後日と言うことで、集合場所の長門牧場は、此処からは30分以内で着けるので、慌てて行くこともないのです。

大智さんのジャズマガジンをプリントしたものを頂き、橋詰ご夫妻にさようならです。

画像


女神湖
画像


湖から出る処、蓼科山が頭を出しています。

今日は、様々な場所から蓼科山を眺めることが出来ました。
蓼科山の周辺をウロウロしていたのでしたね。
画像


女神湖の女神像
画像


蓼科山は優しい山容から「諏訪富士」とか「女の神山」とか称せられているのです。

時間はまだたっぷりあるので、御泉水自然園への道を進んでみます。
勿論まだ開演前です。
画像


画像


深山苧環が玄関前のプランターに咲いていました。
画像


此処を更に進んだ処が蓼科山7合目登山口です。
が、そこまで確認しないで、本日の集合場所「長門牧場」へ向かいます。

身支度を整え、ザックを出して・・・
そう此処でようやく、昨日の麦草ヒュッテでの失態に気づくのです。
ストックを小屋に忘れてきたのです。
私はストックには住所と名前を張り付けてあるので、電話をしますと、預かってありますとの返事。
帰りには寄らねばなりません。

長門牧場からはマイクロバスで大門峠まで移動です。
Aコースは本来なら長門牧場から大門峠なのですが、今日はルート整備の道の関係(?)からか逆コースでの歩きとなります。
参加者23名、ガイド、スタッフ3名でバスは補助椅子も使っての満席です。

長門牧場(8:30)―大門峠(9:15〜9:25)・・・本沢(9:47)・・・姫木平・・・用水路(11:31)・・・女神湖(12:30〜13:10)
・・・牛首(14:10)・・・長門牧場(15:20)

大門峠の登山道への取り付けの空き地にて、ガイドの説明、ストレッチをします。
画像


画像


やはり女性が多いです。
画像


トレイルに入るとこのようなトレイルを示す標識が随所に取り付けられています。
画像


「分水嶺トレイル」と言う名が付けられているように、長和町のこの界隈は長野県の真ん中、日本の真ん中でもあります。
何でも、【Goole】が日本の真ん中目指したら、この界隈に当たったとか。

ガイドが指示して、説明しているのは、流れた雨が、日本海と太平洋に分かれて流れる説明です。

先日、自分の会山行で「善知鳥峠」の水の別れのモニュメントを見てきたばかりですが、長野県にはこうした日本海と太平洋の分水が随所であるのでしょう。
画像


蝉の抜け殻です。
画像


何スミレでしょうか?
画像


落葉松の綺麗な林です。
画像


写真は余り良くありませんが
一人静
画像


分水嶺トレイルには各セクション毎にサブルートもありますので、分岐が幾つも出てきます。
画像


昨今何処の山でも見られます熊の爪痕です。
画像


小梅尅
群落しています。
画像

画像


この用水路は管理していた集落の人の管理小屋跡が「牛首」という地名の処にあり、当時は大切な用水路であったことを伺わせます。

画像


女神湖を目指します。
画像


このスミレも今は??です。
【実は後日「信州のスミレ】なる本を買いました。
ロッヂ・グランシャルモで見せて頂き、少しでもスミレが分かればと・・・
画像


女神湖に近づきました。
お昼を食べる為に、女神湖のトイレのある広場まで行きます。
又、蓼科山は見えてきました。
画像


女神湖の畔に咲いていました。
画像

画像

画像


主催者からのお弁当。
手作りと言うことで大きなおにぎりの脇には「おやき」が。
これは残して、家へ帰ってから温めて食べました(美味しかった!)
画像


広場でそれぞれで散らばって食べました。
私が一緒だったのは同じ班の男性お一人(地元の方)
東京からの単独女性(先日、新潟県の糸魚川の明星山に登りましたと。凄い!そんなマイナーな山へ)
千曲市からの単独女性(非常に明るくて、山菜採りの名人)
大町からの単独女性(大町市なんて羨ましい!いつでも素泊まり民宿引き受けますと!)

そんなこんなのグループで一期一会の山での出会い。

コースも後半となります。
画像


小梨(ズミ)です。
画像


写真以上に見事で、暫し見とれています。
画像

画像


画像


先ほどの用水路管理小屋跡です。
管理小屋は村の偉い人用、仕事人たち用、賄の女用などなど、一つや二つでは無かったと言うことです。
画像


画像

画像


ウワァ〜〜!!
九輪草が出てきました。私は初めて見るような感じです。
画像


マタマタ。抜け殻
撮っても撮らなくても良いようなものですが・・・
エュ!生きているのかな?
画像


少し登りに入りました。
画像


画像

コース終盤です。
牧場上部です。
画像


又、蓼科山
画像


美ヶ原です。
鉄塔が見えます。
画像


牧場到着です。
画像


歩いた後のストレッチをして解散式です。

さて、忘れ物の麦草ヒュッテに戻らなければなりません。

此処を通ると立ち止まらないではいられない展望台です。
画像


右端は西岳です。
画像


画像


麦草ヒュッテも日曜日の夕刻は車も停まっていません。
画像


プチケーキと珈琲を頂きました。
画像


地元で作った佃煮など買ったら、おまけを頂きました。
一晩泊めて頂いたストックを受け取り、メルヘン街道を佐久南IC目指して、一路新潟へ。

長野は縦に長く、その長い長野の真ん中をウロウロした二日間でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
 分水嶺トレイル・・・なかなか味のあるネーミング、コースも歩きやすそうだし見所一杯!、楽しそうなハイクでしたね。
 今考えると、15年ぐらい前だけど娘と女房とテント2泊でウロウロした事のあるような場所もあります。
山いろいろ
2013/06/15 14:25
山いろいろ様
コメント早ッ!
感謝。
一晩後の事を書くのに、一週間掛かってます。
まぁ、いつも言っていることですが、自分の記録の為に。
会山行としてどうかな??
今年11月までに検討します。
有名なエリアを繋いでいるので・・・
奥様とお譲さんとテント泊2泊!
そんな時代もあったのですね。良いなあ〜〜
明日は会山行、取り敢えず晴れマークになったので、ラッキーです。
今年、まだ、雨具来ていません!
会山行も個人も仲間も!
noritan
2013/06/15 15:43
花の名前 こ難しい漢字で表記してるけど何か拘ってるの?  
赤鬼
2013/06/16 07:06
LPの紙ジャケみんなレアものですね。MJQの「ピラミッド」山の一軒屋でじっくり聴くにはいいかもですね。
しゃくなげいろ
2013/06/16 19:38
こんばんは。
真空管アンプによるジャズですか。こだわりの宿ですね。
私が昔泊まったペンションのオーナーは、私がチェックアウトと同時にモンブラン登山にでかけました。
カスミッシモ
2013/06/16 23:48
赤鬼様
仰せの通りですが、これには理由があります。
最近、Kさん指導の下、下手の横好きで「俳句」に興味を抱き、山へ出かけた折の印象を俳句に作る時に、花の名前の表記に「日本古来(或いは旧く中国等からの伝来など)」「外国(主に西洋」と二つには違いがあって、「クリンソウ」は「九輪草」と漢字があり、カーネーションはたとえ俳句でも「カーネーション」であり、「俳句の花図鑑」=花の別称、和名もわかる=を句作の時に参考にしたり、wikipediaで花名で検索すると和名が書かれてあり、そんなのを参考にして表記しています。
確かに自分は「変換」して分かっても難しい漢字はカッコにカタカナを表記する方が良いですね。
noritan
2013/06/17 10:23
しゃくなげいろ様
ジャズ好き「しゃくなげいろ様」にはピッタリの宿かと思います。
私は掛かっているジャズを聴いているだけでしたが、リオクエストされれば応じて下さると思います。
宿泊されなくても、昼間は「ジャズ喫茶(レストラン?」になるようですし。
まぁ「山の一軒宿」ではないですが・・・
立科銀座(とまでは行きませんがいろいろな観光施設がある場所です。
noritan
2013/06/17 10:28
カスミッシモ様
コメント感謝です。
カスミッシモ様はそのお名前の通り、音楽には憧憬が深いとお察し致します。
チェックアウトと同時に、モンブラン登山へ出かけるなんて、チェックアウトを待っていたのですね(笑)
noritan
2013/06/17 10:31
今晩は!
急遽変更しての「霧ヶ峰・美ヶ原 分水嶺トレイル」参加でしたか、変わり身の早さはさすがです。
それにしても盛り沢山の2日間でしたね。本番は昨日でしたね、晴れて良かったです。私は、15日の山行でしたので、雨にたたられました。
甘納豆
2013/06/17 22:04
甘納豆様
コメント感謝です。
返信が遅くなりました。
本当に、忙しく過ごしております(笑)
16日は雨には当たりませんでしたが、雨後の登山道泥濘、渡渉の水の多さ等々、ちょっと大変な山行になりました。
結果は近い内に。
これからは万に一つの「梅雨の晴れ間」を祈るしかないですね。
noritan
2013/06/19 09:30
noritanさま
多忙なのによく出かけるわ!そのスタミナに敬意を表します。
秋の集中登山、湯の丸山の広場の茶店の屋根にも分水嶺のマークが点けられているよ。
輝ジィ~ジ
2013/06/19 20:49
輝様
コメント感謝です。
湯の丸高原にある「分水嶺」は某ロッヂに掲げてあるものでしょうか?
長野は縦に長いので、丁度南信辺りは「分水嶺」が多いのですね。
善知鳥峠もそうでしょうし。
「霧ヶ峰・美ヶ原 分水嶺トレイル」は長門牧場から美ヶ原を結ぶUの字の分水嶺のトレイルです。
noritan
2013/06/20 09:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
【霧ヶ峰・美ヶ原 分水嶺トレイル Aコース】 のりこの山と本の記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる